ニュース
» 2021年07月28日 14時00分 公開

“沖縄そば”などの製造報告をモバイルアプリ作成ツールで効率化製造IT導入事例

アステリアは2021年7月27日、沖縄そば麺などの製造、小売りなどを手掛けるおきなわ物産センターが、モバイルアプリ作成ツールの「Platio」を導入したと発表した。「製造日報アプリ」の作成で、製造報告の効率化とペーパーレス化などを達成した。

[池谷翼,MONOist]

 アステリアは2021年7月27日、沖縄そば麺など沖縄商材の製造、小売りなどを手掛けるおきなわ物産センターが、モバイルアプリ作成ツールの「Platio」を導入したと発表した。同ツールで「製造日報アプリ」を作成することで、製造報告の効率化とペーパーレス化などを達成した。

スマートフォンを活用して生産量を報告するイメージ※出典:アステリア[クリックして拡大]

 おきなわ物産センターは、沖縄そば麺やサータアンダギーなどを自社工場で製造している。その管理過程では、製造に使用した原材料の量や製造時間、工数などの情報を紙に記録して週毎にExcelに転記、集計処理を施す作業を行う。こうして収集したデータを、製造計画策定の判断材料としていた。

 ただ、従来の業務フローでは、紙に記録した情報を工場から事務所に持ち帰る機会が週1日しかなく、アナログデータをPCに取り込むまでに最大1週間のタイムラグが発生すること、また、紙とExcel両方への入力が必要なことなどが課題だった。

 そこでPlatioを活用して「製造日報アプリ」を作成、現場に導入した。アプリケーションの作成にかかった日数は3日間だという。導入によって、工場にいるスタッフのスマートフォンから製造報告の入力が行えるようになった。製造報告の即時性が向上して報告作業の工数を1人当たり月約4時間削減、ペーパーレス化も実現できたという。

 また、Platioの標準機能を活用することで、集計データから1時間毎の製造量の平均値を算出して、製造量の推移をグラフで見える化した。これによって、最適な人員配置によるコスト削減や売上拡大に向けた製造計画の策定などを機動的に実施可能な体制を構築した。

 おきなわ物産センターは今後、製造工場に加えて店舗の売上報告や改善レポートにもPlatioを活用して、現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する計画だという。

Platioの導入前後の作業フローイメージ※出典:アステリア[クリックして拡大]

⇒その他の「製造IT導入事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.