ニュース
» 2021年07月30日 06時00分 公開

“空飛ぶクルマ”の最新機「Mk-5」を米国で初公開、予約販売も開始車両デザイン

テトラ・アビエーションは、米国の航空ショー「EAA AirVenture Oshkosh 2021」に出展し、日本で開発した“空飛ぶクルマ”、eVTOL(電動垂直離着陸機)の最新機「Mk-5」を一般向けに初公開し、予約販売を開始した。

[八木沢篤,MONOist]

 テトラ・アビエーションは2021年7月28日、米国で開催されている航空ショー「EAA AirVenture Oshkosh 2021」(会期:現地時間・同年7月26日〜8月1日)に出展し、日本で開発した“空飛ぶクルマ”、eVTOL(電動垂直離着陸機)の最新機「Mk-5(マークファイブ)」を一般向けに初公開し、予約販売を開始したと発表した。

テトラ・アビエーションが開発したeVTOLの最新機「Mk-5」 テトラ・アビエーションが開発したeVTOLの最新機「Mk-5」 ※出典:テトラ・アビエーション [クリックで拡大]

 今後、個人顧客向けに約40機の予約を獲得し、1年後のデリバリー(2022年度中の引き渡し)を実現するとしている。

32個のローターのうち、4個が故障しても安定飛行を実現

 Mk-5は、固定翼に搭載した合計32個のローターによって垂直方向へ飛行し、尾翼のプロペラによって水平方向への飛行を行うeVTOL。32個のローターのうち、4個が故障しても安定した飛行を実現できるという。

固定翼に搭載した32個のローターのうち、4個が故障しても安定した飛行を実現 固定翼に搭載した32個のローターのうち、4個が故障しても安定した飛行を実現 ※出典:テトラ・アビエーション [クリックで拡大]

 同社は、2020年2月にBoeing(ボーイング)がメインスポンサーを務める1人乗りエアモビリティの開発コンテスト「GoFly」でDisruptor Awardを受賞(賞金10万米ドル)した後、約1年かけてMk-5を開発してきた。同年8月には米国カリフォルニア州で認証取得に向けた飛行試験を開始する。

 同社は、プライベートパイロットライセンスを持つ米国の富裕層向けにMk-5を販売することで、顧客コミュニティーを形成し、ユーザーとともに次世代のeVTOL開発および量産につなげたい考えだ。開発は、今後も日米の開発拠点を行き来し、資金調達をしながら進めていくとしている。

米国の航空ショー「EAA AirVenture Oshkosh 2021」に出展したテトラ・アビエーション 米国の航空ショー「EAA AirVenture Oshkosh 2021」に出展したテトラ・アビエーション ※出典:テトラ・アビエーション [クリックで拡大]
Mk-5のコンセプトと製品仕様について

→その他の「車両デザイン」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.