ニュース
» 2021年07月30日 09時00分 公開

不適切検査受け国際規格認証に一時停止措置、三菱電機の長崎製作所品質不正問題

三菱電機は2021年7月29日、同社の長崎製作所(長崎県西彼杵郡)による鉄道車両用空調装置などの不適切検査が判明したことを受けて、「ISO 9001認証」および「IRIS(国際鉄道産業標準)認証」が一時停止されると発表した。

[池谷翼,MONOist]

 三菱電機は2021年7月29日、同社の長崎製作所(長崎県西彼杵郡)による鉄道車両用空調装置などの不適切検査が判明したことを受けて、「ISO 9001認証」および「IRIS(国際鉄道産業標準)認証」が一時停止されると発表した。認証機関であるロイドレジスタークオリティアシュアランスリミテッドから措置に関する通知を受けた。

 三菱電機は2021年6月30日に、長崎製作所で製造する鉄道車両用空調装置の一部において、不適切な検査がなされていたことを発表した。購入仕様書の記載と異なる内容の検査を実施した他、一部検査の不実施や、顧客に提出した検査製作所への不適切な数値記載などを行っていたことが判明している。

 今回一時停止の対象になったISO 9001認証は、品質マネジメントシステムに関する国際規格であり、「一貫した製品・サービスの提供」および「顧客満足の向上」を実現する上で必要な要求事項で構成されている。また、IRIS認証はISO 9001認証をベースとした国際規格で、特に鉄道業界の品質マネジメントに特化した内容となっている。

 三菱電機は今後、一時停止措置の早期解除に向けて全力で取り組むとコメントしている。

⇒その他の「品質不正問題」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.