ニュース
» 2021年08月02日 08時00分 公開

AIを活用した射出成形機向け自動補正システムの構築を支援組み込み採用事例

富士ソフトは、AIを活用して、豊田自動織機の自動補正システム構築を支援した。AIが射出成形機の最適な設定値を提示するため、熟練工の経験や勘に依存せず、生産の安定化や製品の品質向上につながる。

[MONOist]

 富士ソフトは2021年7月21日、豊田自動織機のAI(人工知能)自動補正システム構築を支援したと発表した。自動車のバンパー製造に使用する射出成形機向けに、プロジェクト全般をトータルに支援する「AIインテグレーションサービス」を提供した。

キャプション AI自動補正システムの仕組み 出典:富士ソフト

 今回構築した自動補正システムは、熟練工の代わりにAIが射出成形機の最適な設定値を予測する。この設定値で生産することで、情報分析基盤の波形を理想的なものに補正する仕組みだ。

 不具合が生じる前に、AIがその傾向を検出して最適な設定値を提示し、射出成形機にフィードバックできる。これにより熟練工の経験や勘に依存せず、生産の安定化や製品の品質向上が可能となる。

 豊田自動織機は今後、このシステムを基盤とし、他の工程や他の事業部にも展開する予定だ。富士ソフトは引き続き、豊田自動織機の取り組みをサポートする。

⇒その他の「組み込み採用事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.