ニュース
» 2021年08月04日 09時00分 公開

AIと数理最適化技術を活用、販売店巡回計画の自動立案システムを花王が導入製造IT導入事例

日立製作所と花王は、AIおよび数理最適化技術を活用し、販売店巡回計画を自動立案するシステムを構築した。

[MONOist]

 日立製作所(日立)は2021年7月19日、花王と共同で、日立のAI(人工知能)および数理最適化技術を活用し、販売店巡回計画を自動立案するシステムを構築したと発表した。花王フィールドマーケティング(花王FM)で本格運用を開始した。

 花王FMでは、売場提案などを目的に、約2000人の担当者が全国約60のエリア内の販売店をそれぞれ巡回している。巡回に際してはこれまで、エリアごとに販売店の要望や担当者の勤務予定、技術、適正、また自宅や訪問先店舗間の移動時間など多くの条件を考慮し、計画担当者が巡回計画を手作業で作成する必要があった。

 今回、巡回計画作成業務のプロセス統一とデジタル化による作業時間の短縮やコスト削減、業務平準化を目的に、日立のLumadaソリューション「Hitachi AI Technology/計画最適化サービス」を導入した。これによって、従来は長時間かかっていた最適な巡回計画の導出を、高速かつ自動的に行えるようになった。

 また、業務要件の変化に応じた追加学習や、過去の計画履歴を基にした学習によって、さらに効率的な計画の立案が期待できる。

 花王FMでは、同システムの活用によって年間数万時間要していた計画業務の作業時間が半減できると見込んでいる。

キャプション 計画立案業務の本システム導入前後比較(クリックで拡大) 出典:日立製作所

⇒その他の「製造IT導入事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.