ニュース
» 2021年08月04日 08時00分 公開

ホンダと楽天が自動配送ロボットの走行実証実験、全長約500mを自動走行ロボット開発ニュース

本田技術研究所と楽天グループは、自動配送ロボットの走行実証実験を開始した。自動配送機能を内蔵しており、筑波大学構内の宿舎周辺や一部公道の全長約500mを自動走行する。

[MONOist]

 本田技術研究所(以下、ホンダ)は2021年7月19日、楽天グループと共同で、自動配送ロボットの走行実証実験を開始した。筑波大学構内および一部公道において、同年8月31日まで実施する予定だ。

キャプション Hondaのプラットフォーム型ロボティクスデバイスを活用した自動配送ロボット(クリックで拡大) 出典:Honda

 実証実験では、筑波大学構内の宿舎周辺や一部公道の全長約500mを自動配送ロボットが自動走行する。このロボットは、ホンダが開発した自動配送機能内蔵の車台に、楽天が開発した商品配送用ボックスを搭載している。

 電力源として、Hondaの交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」を採用。取り外して交換が可能で、充電を待たずに配送を継続できる。ロボットの動きは、楽天モバイルの通信回線を使用して遠隔で監視する。

キャプション 自動配送ロボットの走行イメージ(クリックで拡大) 出典:Honda

 今回の実証実験により、楽天グループでは、安全面の対策およびサービス実用化に向けた検討を進める。

⇒その他の「ロボット開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.