ニュース
» 2021年08月05日 13時00分 公開

オンライン部品調達「meviy」、板金部品の板厚を最大16mmまで拡大メカ設計ニュース

ミスミグループ本社は、3D CADデータをアップロードするだけで、即時見積もりおよび最短1日出荷を実現するオンライン機械部品調達サービス「meviy」のFA板金部品における板厚バリエーションを拡大したことを発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 ミスミグループ本社は2021年8月2日、3D CADデータをアップロードするだけで、即時見積もりおよび最短1日出荷を実現するオンライン機械部品調達サービス「meviy(メヴィー)」のFA板金部品における板厚バリエーションを拡大したことを発表した。

 板金部品の板厚を最大16mmまで拡大し、フレームや装置の土台など、強度を必要とする部品の需要に応える。

(左上から時計回りに)SUS304(NO.1) 12mm、SS400 16mm、SUS304(NO.1) 9mm、SS400 10mm (左上から時計回りに)SUS304(NO.1) 12mm、SS400 16mm、SUS304(NO.1) 9mm、SS400 10mm ※出典:ミスミグループ本社 [クリックで拡大]

板厚バリエーションの拡充、数量スライド価格の大幅な見直しも

 従来、板金部品の板厚バリエーションは0.05mmの薄板から最大9mmまでの提供だったが、新たにステンレス材(SUS304)で9mm、10mm、12mm、鉄材(SS400)で10mm、12mm、16mmに対応した。加工には最新のレーザー加工機を用い、厚板でも滑らかな切断面を実現。曲げ加工の他、サイズも1200mmまで対応し、幅広い用途で使用可能だとする。

 また、従来の切削プレートで製作する場合と比較し、最大50%のコストダウンが可能となり、最短1日出荷にも対応する(短納期サービス利用時)。さらに、同一部品を複数購入する際、数量に応じて割引を実施する「数量スライド価格」の価格を見直し、値引き率をアップした。数量によっては最大40%オフでの購入が可能となるという。

 同社は今後もmeviyの対応素材やサイズを拡充し、一品一様の部品から量産部品まで、多様な部品を一括発注できるサービスとして利便性のさらなる向上を図るとともに、顧客企業の部品調達業務の効率化に貢献するとしている。

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.