ニュース
» 2021年08月06日 13時00分 公開

クラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」が旋削加工をサポートメカ設計ニュース

カブクは、クラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」の対応工法に“旋削加工”を追加し、丸物の加工原価見積もりの算出が可能になったことを発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 カブクは2021年7月29日、クラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO(コストプロ)」の対応工法に“旋削加工”を追加し、丸物の加工原価見積もりの算出が可能になったことを発表した。

旋削加工に対応したクラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」 旋削加工に対応したクラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」 ※出典:カブク [クリックで拡大]

 Cost PROは、同サービスにアップロードした図面内の加工内容を選択、指示することで、加工工程の設計、使用工具の選定、段取りを含めた加工時間の計算を自動で行い、加工原価を算出するサービスである。加工パラメーターや各種チャージ/賃率などはユーザー側で調整できるため、実際の加工に沿った加工原価算出が可能だとする。

 今回、従来対応していた切削加工に加えて、新たに旋削加工をサポート。旋削加工においても簡単な操作で、パラメータの設定や見積もりの取得が可能になった。また、旋削加工を行う上で必要な外内径の段付き形状や溝形状(外径溝、内径溝、端面溝)などの加工要素を選択できる他、寸法公差や幾何公差(平面度、平行度、直角度、同軸度)にも対応。さらに、NC旋盤を想定した丸物のミーリング加工もサポートする。

 旋削加工対応範囲については、製品対応サイズが外径Φ10〜250、長さ10〜200mm。対応材質が軟鋼・炭素鋼(SS400/S45C)、ステンレス鋼(SUS303/SUS304)、アルミ合金(A2017/A5056/A7075)である。

 指定可能なパラメーター例とチャージ例は以下の通りである。

指定可能なパラメーター例とチャージ例 指定可能なパラメーター例とチャージ例 ※出典:カブク

⇒ その他の「メカ設計」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.