特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
コラム
» 2021年08月06日 12時30分 公開

製造現場で急拡大する「使えるAI」FAメルマガ 編集後記

「気付けば使っている」というフェーズに入りつつあります。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2021年8月6日発行の「FAメールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

≫FAメルマガ編集後記のバックナンバー

 製造現場でのAI(人工知能)活用が加速しています。従来はAI開発に大きな負担がかかり、成果が生まれる前に挫折してしまうようなケースが多く見られましたが、ここ最近ではこれらの負担を小さくするため、用途を限定して既存の機器やツールに組み込む形で使えるようにしたAIの存在が目立っています。利用者となる製造現場側では特別にAIの知識や、新たな負担を感じることなく、従来の機器やツールと同様の使用感でAIの恩恵を享受できる「使えるAI」が増えてきています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.