ニュース
» 2021年08月13日 08時00分 公開

混迷深まる東芝の経営体制、2021年内をめどに再構築へ製造マネジメントニュース(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

2021年度第1四半期はコロナ禍の影響から脱して増収増益

 東芝の2021年度第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比21%増の7279億円、営業利益が同271億円増の145億円、税引前利益が同328億円増の292億円、当期純利益が同293億円増の180億円となった。前年度同期の業績を大幅に引き下げたコロナ禍の影響から脱し、ほぼ全てのセグメントで増収増益となった。

東芝の2021年度第1四半期連結業績の概要 東芝の2021年度第1四半期連結業績の概要(クリックで拡大) 出典:東芝

 特に、半導体とHDDを扱うデバイス&ストレージソリューションが好調で、売上高が前年同期比60%増の2009億円、営業利益が同149億円改善の103億円となった。ビルソリューションのうち空調も好調だった。なお、インフラシステムソリューションが前年同期比で減収減益となったが、これは計上タイミングの影響によるものだという。

2021年度第1四半期のセグメント別業績 2021年度第1四半期のセグメント別業績(クリックで拡大) 出典:東芝
東芝の平田政善氏 東芝の平田政善氏

 通期業績予想は2021年5月の発表内容から変更はなく、売上高が前年度比6%増の3兆2500億円、営業利益が同62%増の1700億円、税引前利益が同4%増の1600億円、当期純利益が同3%減の1100億円で据え置いた。新たに東芝 代表執行役専務 CFOに就任した平田政善氏は「国内外における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染再拡大、半導体不足や素材、輸送費の高騰などのリスク要因によって先行きが不透明な状況にある」と述べている。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.