ニュース
» 2021年08月17日 11時00分 公開

小型かつ薄型の金型レスパワーモジュールを開発、プラットフォーム立ち上げへ組み込み開発ニュース

FLOSFIAは、金型レスのパワーモジュールを開発した。パワーデバイスをプリント基板に内蔵する埋め込み型となっており、小型かつ薄型だ。また、他社と連携して「パワーモジュールプラットフォーム」も立ち上げる。

[MONOist]

 FLOSFIAは2021年8月4日、金型レスのパワーモジュールを開発したと発表した。パワーデバイスをプリント基板に内蔵する埋め込み型で、小型かつ薄型。従来型のパワーデバイスと比較して、100分の1以下の体積に抑えられる。

キャプション 金型レスのパワーモジュール 出典:FLOSFIA

 また、パワーデバイス素子や受動部品、材料、基板、3Dプリンタといったさまざまな製品を取り扱うメーカーと連携し、「パワーモジュールプラットフォーム」を立ち上げる。既に、三菱重工業をはじめとした複数のパートナー企業が参加している。さらに今後、モジュールの提案受領と発注をWeb上で完結できるユーザーインタフェースを開発する。

キャプション パワーモジュールプラットフォームのイメージ 出典:FLOSFIA

 同プラットフォームによるサンプル提供を2022年前半に開始し、量産プロジェクト向けのサービス提供も2022年中に開始する予定だ。

 まずは小ロット品のフルカスタム対応を開始し、次いでロングテール市場全般向け、特定用途向けへと事業を拡大する。将来的には、Web発注から1週間でフルカスタマイズ製品が届くシャトルサービスの構築を目指す。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.