ニュース
» 2021年08月18日 07時00分 公開

新棟建設で需要拡大に対応、電子管光源の生産能力を約2倍の10億円に増強工場ニュース

浜松ホトニクスの生産子会社である光素が、電子管光源の生産能力増強のため、第2棟を建設する。生産能力を売上高換算で約2倍の約10億円まで増強することで、今後の需要拡大に対応していく。

[MONOist]

 浜松ホトニクスは2021年7月27日、静岡県磐田市にある生産子会社の光素が、電子管光源の生産能力増強のため、第2棟を建設すると発表した。新棟は鉄骨造の地上4階建てで、建築面積が2476m2、延床面積が9325m2。総工費は約37億円になる。起工式を同年8月2日に行い、竣工は2022年7月、稼働開始は2023年4月の予定だ。

キャプション 第2棟の完成予想図(クリックで拡大) 出典:浜松ホトニクス

 浜松ホトニクスは、1987年に電子管光源、光電変換素子、電子機器の製造を行う光素を設立し、2010年に現在の工場を新設。分散していた生産機能を集約することで供給体制を強化、市場の拡大に対応してきた。現在、光素が生産する重水素ランプやキセノンフラッシュランプ、キセノンランプなどは、浜松ホトニクスが販売する電子管光源の9割以上を担っている。

 近年、食品や薬品の成分分析装置向けの重水素ランプや、環境分析装置向けのキセノンフラッシュランプ、半導体の検査装置向けキセノンランプなどの需要が拡大している。新棟の建設により、生産能力を売上高換算で約2倍の約10億円まで増強することで、今後の需要拡大に対応していく。

 また、工場全体の生産工程の最適化を図るとともに、生産体制の強化に向けた人員の増強、新製品の生産に対応するためのスペースの確保も進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.