ニュース
» 2021年08月19日 06時00分 公開

新型フェアレディZは米国で2022年春発売へ、240台の限定生産モデルも車両デザイン

日産自動車は2021年8月18日、米国市場で2022年春に発売する「Z」(日本名フェアレディZ)を披露した。これまで、プロトタイプを通して内外装のデザインやエンジン、車両サイズ、タイヤサイズについてのみ公表されていたが、グレードやトランスミッションなどの詳細についても発表した。日本市場向けの新型フェアレディZは2021年冬に発表を予定している。

[齊藤由希,MONOist]

 日産自動車は2021年8月18日、米国市場で2022年春に発売する「Z」(日本名フェアレディZ)を披露した。これまで、プロトタイプを通して内外装のデザインやエンジン、車両サイズ、タイヤサイズについてのみ公表されていたが、グレードやトランスミッションなどの詳細についても発表した。日本市場向けの新型フェアレディZは2021年冬に発表を予定している。

「セイランブルー」(写真手前)と「イカズチイエロー」の新型Z(クリックして拡大) 出典:日産自動車

 米国市場向けの新型Zには、「Sport」「Performance」の2グレードの他、240台の限定生産となる「Proto Spec」を設定する。限定生産モデルは、ブレーキキャリパーや本革シート、インテリアで歴代のフェアレディZを意識したイエローをアクセントカラーに取り入れた。ブロンズカラーのアルミホイールも限定生産モデルに採用する。米国向けの新型Z発表イベントでは、ボディーカラーに「セイランブルー」と「イカズチイエロー」を採用した2台を披露した。

 限定生産モデルを含む全てのグレードに、排気量3l(リットル)のV型6気筒ツインターボエンジンを搭載する。最高出力は400hp、最大トルクは475Nm/5600rpmとなる。出力を大幅に向上しながら、シャープでスムーズなレスポンスを実現したとしている。

 トランスミッションは、6速MTと9速ATから選択できる。6速MTは大トルクのエンジンに対応してクラッチディスクとギアトレーンを強化。また、新設計のシンクロナイザーシステムやシフトプロファイルの変更によって、ドライバーの意のままのスムーズなシフトチェンジを可能にしたとしている。9速ATは、幅広いギアレンジによって、ダイレクトで素早いレスポンスを実現したという。通勤や高速道路でのロングドライブに適したスタンダードモードと、スポーツモードを選択できる。スポーツモードではステアリングやVDC(ビークルダイナミクスコントロール、横滑り防止装置)に専用制御を採用し、ワインディングロード向きの設定とした。

新型Zのインテリア(クリックして拡大) 出典:日産自動車

 AT車とPerformanceグレードのMT車は、クラッチ操作でエンジン回転数を保持し、停止状態からの加速性能のポテンシャルを最大限発揮させるアドバンストローンチアシストコントロールシステムを搭載している。日産のFR(後輪駆動)車としては初めて採用する。

 高速走行やコーナリングでのハンドリング性能のレスポンスを高めるため、ボディー剛性を向上するとともに、ラックアシストタイプの電動パワーステアリングや、ワイドフロントタイヤを採用。コーナリング性能を最大で13%向上させるとしている。

 前後のダンパーには、新設計の大径モノチューブダンパーを採用した。減衰力を現行モデルより20%低減させることで、路面の突起を乗り越えた時のショックを低減するとともに、モノチューブ式の強みである高応答性を生かして路面追従性を高めた。アルミ製のダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションは、キャスター角を増やすなどしてジオメトリーを変更し、直進安定性を向上している。

 タイヤサイズは、Sportグレードのフロントが245/45R18 9J、リアが245/45R18 9J。Performanceグレードと限定生産モデルがフロント255/40R19 9.5J、リア 275/35R19 10Jとなる。

新型Zのエクステリア(クリックして拡大) 出典:日産自動車

→その他の「車両デザイン」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.