「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2021年08月20日 08時30分 公開

「○○まで所要時間××分」を一般道にも自由に設置、ホンダが渋滞解消を提案モビリティサービス

ホンダは2021年8月19日、渋滞路や迂回(うかい)路の通過にかかる時間を路上で表示する「旅行時間表示サービス」の有償提供を開始したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]
渋滞路や迂回(うかい)路の通過にかかる時間を路上で表示する「旅行時間表示サービス」(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 ホンダは2021年8月19日、渋滞路や迂回(うかい)路の通過にかかる時間を路上で表示する「旅行時間表示サービス」の有償提供を開始したと発表した。

 同サービスは、ホンダ車からリアルタイムに集まる走行データを基に算出した過去30分間の所要時間を、路上に設置した表示機で示す。渋滞路と迂回路に分岐する手前に表示器を設置し、精度の高い所要時間を表示することで、迂回を促して渋滞解消につなげる。

 高速道路にもある同様の仕組みと比較すると、道路側へのセンサー設置が不要であるためコストを抑制でき、表示機を設置するだけなので一般道でも導入しやすい。また、同サービスは半月程度の短期間でも利用できるため、工事やイベントなどに伴う渋滞対策にも利用できる。

 栃木県内の国道で実証実験を実施したところ、最長の所要時間が2019年は171分だったのに対し、実証実験では同等の交通量でも85分まで短縮できた。また、同じ地点の渋滞の長さは2019年に最大3.7kmだったが、実証実験では最大2.3kmまで縮小。渋滞が解消する時刻は平均で2時間以上早まったとしている。こうした効果分析もサービスの一環で行う。

栃木県内の渋滞路と迂回路で実証実験を実施した(クリックして拡大) 出典:ホンダ
実証実験前後の交通状況の変化(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 旅行時間表示サービスは既に複数の企業や自治体から導入希望があり、2021年秋から道路での活用がスタートする。

収益はユーザーの費用負担軽減に

 ホンダは走行データなどを活用したデータサービス事業「ホンダドライブデータサービス」を2017年から開始。急ブレーキが発生しやすい地点を基にした交通安全対策、道路の劣化の分析、災害時の通行実績の把握、渋滞解消など都市計画向けに車両から得られるデータの活用を提案している。

 スマートフォンなどからも位置や移動の情報を得られるが、ホンダドライブデータサービスは、車両から得られるデータのみに特化している。急ブレーキや横滑りの他、車両の振動によって路面の穴(ポットホール)を検知するなど、自動車だからこそ得られる情報を強みとする。GPSや電波状況に依存しない点や、2010年以降の過去データも提供できる点を特徴としている。データ活用の目的にもよるが、ホンダ車(2021年7月末時点で370万台)で十分なデータ量を得られているという。

所要時間を算出する仕組み(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 ホンダドライブデータサービスの売上高などの目標については非公表としたが、将来的には事業の収益をユーザーの費用負担軽減につなげたい考えだ。

→その他の「モビリティサービス」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.