ニュース
» 2021年08月25日 11時00分 公開

11.1kWの電力に対応したワイヤレス充電用シート型コイルを開発組み込み開発ニュース

大日本印刷は、11.1kWの電力に対応したワイヤレス充電用シート型コイルを開発した。薄型かつ軽量で、コストも低減できる。EVやPHEV、AGVなどでの用途を見込む。

[MONOist]

 大日本印刷は2021年8月4日、11.1kWの電力に対応したワイヤレス充電用シート型コイルを開発したと発表した。EV(電気自動車)やPHEV(プラグインハイブリッド車)、AGV(無人搬送車)などでの用途を見込み、早期の製品化を進める。2025年までに年間50億円の売り上げを目指す。

キャプション 11.1kW対応ワイヤレス充電用シート型コイル 出典:大日本印刷
キャプション 充電イメージ 出典:大日本印刷

 今回開発したコイルは、コイルの外側に生じる漏えい磁界を軽減しており、11.1kWの電力を伝送できる。フェライトとコイルシートを用いた構造となっており、使用する材料が少ないことからコスト削減にも寄与する。

 薄型かつ軽量で、SAE Internationalが規定する「J2954 WPT3/Z2」対応のコイルの場合、電動車向けのフェライトを含めたコイルの厚さが約3mm、重量が約1kgとなっている。

キャプション 従来品との比較 出典:大日本印刷
キャプション シート型コイルの適用範囲 出典:大日本印刷

 送電側と受電側双方のワイヤレス充電システムに対応。IH家電用のコイルとしても使用できる。将来的には走行中充電への展開も図る計画だ。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.