ニュース
» 2021年08月25日 12時00分 公開

AI拡張型ソフトウェアエンジニアリングなどが“過度な期待のピーク”へ製造マネジメントニュース

米国の調査会社Gartnerは「先進技術におけるハイプ・サイクル2021年版」を発表した。「過度な期待のピーク期」では「分散型アイデンティティー」「データファブリック」「非代替性トークン」「AI拡張型ソフトウェアエンジニアリング」「従業員コミュニケーションアプリケーション」「コンポーザルアプリケーション」などが挙がった。

[三島一孝,MONOist]

 米国の調査会社Gartner(以下、ガートナー)は2021年8月23日(現地時間)、「先進技術におけるハイプ・サイクル2021年版」を公開した。

 ガートナーのハイプ・サイクルは2000を超える技術をグループ化し、その成熟度、企業にもたらすメリット、今後の方向性に関する分析情報を図で表したもの。先進的な技術が「大きな期待」「幻滅」「最終的な安定普及」といった共通のパターンを経て定着することから、それぞれの技術がこのハイプ・サイクルのどこに位置するのかを示した調査資料だ。「先進技術のハイプ・サイクル」は1500を超える技術を分析した上で、今後5〜10年にわたって高度な競争優位性をもたらす可能性が高い、押さえておくべき先進的な技術やトレンドをまとめたものだ。

photo ガートナーのハイプ・サイクルの見方 出典:ガートナージャパン

「過度な期待のピーク」は

 今回の「先進技術におけるハイプ・サイクル2021年版」では、2020年版に引き続き、「幻滅期」や「啓発期」「生産性の安定期」にプロットされた技術が少なかった。一方で、黎明期とした新たな技術が数多く紹介されている。

 「過度な期待のピーク期」に位置付けられた技術としては「分散型アイデンティティー」「データファブリック」「非代替性トークン」「AI拡張型ソフトウェアエンジニアリング」「従業員コミュニケーションアプリケーション」「コンポーザルアプリケーション」などが挙がっている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響などから、デジタル技術をベースとしたリモートでのビジネス環境が定着し、これに伴い、リアルと同様の安定した安全なコミュニケーションを実現するための技術が数多く挙がったことが特徴だといえる。

 「黎明期」では、2020年版から引き続き、AI活用の定着を進める周辺技術が数多く挙がっている。「ジェネレーティブAI」や「物理学に基づくAI」「AI主導のイノベーション」「AI拡張型設計」など、AIの用途を広げ、使用をより容易にする技術への関心が高まっている。

 その他、産業DX(デジタルトランスフォーメーション)に関わる技術も数多く挙がった。「インダストリクラウド」や「デジタルプラットフォームコンダクターツール」など、産業用途でクラウドなどのデジタル基盤構築を進める中で、利用までの負荷を低減するような技術に注目が集まった。

photo 先進技術におけるハイプ・サイクル2021年版(クリックで拡大)出典:ガートナージャパン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.