ニュース
» 2021年08月27日 07時00分 公開

ポテトチップス作り体験施設を併設する、九州初の生産工場が稼働開始工場ニュース

湖池屋は、同社初となる九州の生産拠点「湖池屋 九州阿蘇工場」の稼働開始と、同工場に併設する「湖池屋GOGO!ファクトリー」について発表した。新工場の稼働により雇用を生み出し、地域の復興、活性化につなげていく。

[MONOist]

 湖池屋は2021年8月6日、同社初となる九州の生産拠点「湖池屋 九州阿蘇工場」の稼働開始と、同月完成した「湖池屋GOGO!ファクトリー(マイポテチ体験ルーム)」について発表した。

 約32億円をかけて建設した九州阿蘇工場の敷地面積は約2万642m2、建築面積は約8120m2となっている。約5000万袋(約50億円)の生産が可能だ。地元から新規採用した38人と既存社員13人、合わせて51人体制で稼働を開始した。

キャプション 九州の生産拠点「湖池屋 九州阿蘇工場」 出典:湖池屋

 九州阿蘇工場の所在地は、熊本県上益城郡益城町。2016年の熊本地震で被害のあった益城町に新工場を建設することで、雇用を生み出す。また、定番商品の「湖池屋ポテトチップス のり塩」「カラムーチョ」をはじめ、「湖池屋プライドポテト」「じゃがいも心地」「湖池屋STRONG」などの高付加価値商品を生産し、地域の復興、活性化につなげていく。

 九州阿蘇工場に併設する湖池屋GOGO!ファクトリーでは、同社の歴史と創業以来のこだわりを体感しながら、ポテトチップス作りを体験できる。

 当日生産するポテトチップスに合わせて用意された、さまざまなカット形状のチップス生地と、熊本ならではの素材を含む8種のフレーバーを組み合わせる。さらに、パッケージのデザインを選んだり、メッセージを加えたりして、世界に1つのオリジナルポテトチップスを作ることができる。

キャプション 併設の「湖池屋GOGO!ファクトリー」 出典:湖池屋

 同社は九州阿蘇工場の稼働を起点とし、地域の人々と共に、自然災害への対策や地域の素材を生かした新商品の開発、原料開発などに取り組んでいく。なお、九州阿蘇工場で製造した商品には、熊本県のPRキャラクター「くまモン」と「九州阿蘇工場で作りました」というコメントを加えた記念パッケージを使用する(一部の商品を除く)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.