ニュース
» 2021年08月30日 09時00分 公開

良品画像の学習のみで不良品検出が可能なAI検査支援サービスを提供製造ITニュース

NECソリューションイノベータは、良品画像の学習のみで、AI技術により不良品を検出できるクラウドサービス「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の提供を開始した。

[MONOist]

 NECソリューションイノベータは2021年8月17日、良品画像の学習のみで、AI(人工知能)技術によって不良品を検出できるクラウドサービス「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の提供を開始した。

 同サービスでは、AI技術で良品と不良品(2級品)を判定して生産状況を可視化する。従来は良品と不良品の両画像の学習を必要としていたが、独自のアルゴリズムを新たに追加したことで、良品画像のみを学習するだけで良品と不良品の検出、分類が可能になった。これによって、不良品の発生頻度が低く画像収集が困難な場合でも、検査業務を効率化できる。

キャプション 「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」利用イメージ(クリックで拡大) 出典:NECソリューションイノベータ

 同時に、ユーザー自身で検査対象物の追加や判定条件の変更などが行える「NEC AI・画像活用見える化サービス / 学習モデル作成ツール」もオプションとして無償提供する。専門知識がなくても、ブラウザ画面上で学習モデルの作成や評価の動作確認、学習モデルのクラウド環境への登録ができる。

キャプション 「NEC AI・画像活用見える化サービス / 学習モデル作成ツール」画面イメージ(クリックで拡大) 出典:NECソリューションイノベータ

 NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援の利用料金は、月19万8000円(税別)からとなっている。導入費やハードウェア費は別途必要となる。主に食品製造業向けに提供し、今後3年間で30社への導入を目指す。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.