ニュース
» 2021年08月30日 08時00分 公開

キリングループの工場で作業者向け安全見守りサービスの実証実験を開始ウェアラブルニュース

ユビテックは、キリングループの工場で、作業者向け安全見守りサービス「Work Mate」の実証実験を開始した。スマートウォッチを着用した作業者から脈拍などのデータを収集して分析し、作業者の安全、健康状態を検知する。

[MONOist]

 ユビテックは2021年8月19日、キリングループの工場で、作業者向け安全見守りサービス「Work Mate(ワークメイト)」の実証実験を開始したと発表した。

 この実験は、キリンビールの取手工場、横浜工場、神戸工場およびキリンディスティラリーの富士御殿場蒸溜所において、同年7月〜9月にかけて実施する。各工場の作業者6人がスマートウォッチを着用し、ユビテックがWork Mateを介して作業員の脈拍などのデータを収集、分析する。

キャプション 実証実験のシステム構成イメージ 出典:ユビテック

 今回の実験では、新たに熱中症予兆検知機能を備えたWord Mateを活用し、業務中に発生した熱中症予兆や転倒、その他の体調不良(体調レベル、疲労レベル、身体負荷)の検知のほか、 画面の見やすさや操作性、充電のしやすさ、利便性、残業を含めた業務時間内での動作を確認する。

キャプション 「Work Mate」の特徴 出典:ユビテック
キャプション スマートウォッチでの通知イメージ(クリックで拡大) 出典:ユビテック

 ユビテックとキリンビールは、2019年にもキリンビバレッジの滋賀工場で全従業員を対象としたWork Mateの実証実験を実施しており、従業員の転倒や転落の検知などの効果を確認している。

 両社は、従業員の安全管理に加え、健康状態の検知についても実証実験を進め、工場における熱中症リスクへの対策につなげる。

⇒その他の「ウェアラブルニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.