「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2021年08月31日 07時30分 公開

選手村のトヨタの自動運転車、対策を講じて31日15時から運行再開自動運転技術

トヨタ自動車は2021年8月30日、東京2020パラリンピック選手村での自動運転車「e-Palette(イーパレット)」の運行について、8月31日15時から再開すると発表した。8月26日に発生した視覚障害のある歩行者との接触事故を受けて対策を講じ、大会組織委員会が再開を決めた。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2021年8月30日、東京2020パラリンピック選手村での自動運転車「e-Palette(イーパレット)」の運行について、8月31日15時から再開すると発表した。8月26日に発生した視覚障害のある歩行者との接触事故を受けて対策を講じ、大会組織委員会が再開を決めた。

 事故では、単独で歩行していた視覚障害者が交差点を渡ろうとした際に、交差点を通過しようとしたイーパレットと接触した。事故発生時、交差点には誘導員が2人いた。複数の方向から来る車両や歩行者の動向を誘導員が十分に確認できる環境ではなく、誘導員とイーパレットのオペレーターが連携する仕組みも不十分だった。

 トヨタの説明では、イーパレットは右折で交差点に進入するとき、交差点内の人を感知して停止した。その後、オペレーターが安全を確認した上で再度発進した。オペレーターは交差点周辺の状況を確認して手動で減速、車両側も道路を横断してきた歩行者をセンサーで検知して自動ブレーキが作動した。オペレーターも緊急ブレーキを作動させた。しかし、車両が完全に停止する前に車両と歩行者が接触したという。

トヨタ自動車のe-Palette(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 誘導員、歩行者、車両のそれぞれで対策を講じる。誘導員は現状の6人から20人強に増員し、車両担当と歩行者担当で役割を分担する。選手村内に信号機がないため、信号に代わって車両と歩行者を安全に誘導できる体制をつくる。

 車両の対策では、搭乗員を増員する他、接近通報音の音量を大きくする。また、手動運転に対応した車両の改良を行う。歩行者向けには、組織委員会から選手団長会議などを通じて選手村内の歩行環境や移動時のルールなどを周知する。

→その他の「自動運転技術」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.