ニュース
» 2021年09月01日 07時00分 公開

可視性向上の産業用ディスプレイ、汎用PCと組み合わせ制御盤に組み込み可能FAニュース

シュナイダーエレクトリックは、可視性と操作効率が向上したタッチパネル産業用ディスプレイ「FP6000」シリーズを発売した。PCと組み合わせて、制御盤に直接組み込みができる。

[MONOist]

 シュナイダーエレクトリックは2021年8月16日、可視性と操作効率が向上したタッチパネル産業用ディスプレイ「FP6000」シリーズを発売した。12型、15型、10型ワイド、12型ワイド、15型ワイド、19型ワイド、22型ワイドの7モデルを用意している。

キャプション 産業用ディスプレイ「FP6000」シリーズ(クリックで拡大) 出典:シュナイダーエレクトリック

 Windows10搭載の汎用PCやPro-faceの産業用コンピュータ「PS6000」シリーズのパネル、ボックスどちらのモデルとも接続可能で、制御盤に直接組み込みができる。パネルマウントとVESAマウントの両方に対応する。

 ワイドモデルは静電容量タッチパネルを搭載し、高い解像度とガラストップデザインにより視認性が向上した。ノイズフィルター機能やタッチの検出精度を調整するタッチモードでノイズの影響を抑え、さまざまな状況下でスマートフォンのような滑らな操作ができる。

 タッチモードには、素手でのタッチ操作やジェスチャー操作に対応する標準モード、軍手やゴム手袋を着用したまま操作できる手袋モード、水滴による誤動作を防止しながらタッチ操作が可能な水検出モードの3種を用意する。

 旧機種と互換性のある4:3モデルは、アナログ抵抗膜タッチパネルを搭載。フロントUSBのため、メンテナンス時にデータ取り出しができる。

 0〜55℃(19型ワイド、22型ワイドは0〜50℃)での動作保証や、防水、防塵規格IP66F/67Fの準拠など、高い耐環境性能を備える。また、24カ月の無償保証期間を設けており、国内外でニーズに応じたサービスサポートを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.