ニュース
» 2021年09月01日 08時00分 公開

エッジコンピューティング向けのミッドレンジFPGAを発表組み込み開発ニュース

Microchip Technologyは、エッジコンピューティング向けのミッドレンジFPGA「MPF050T」とFPGA SoC「MPFS025T」を発表した。優れた計算処理性能を有しつつ、同等の競合製品と比較して静止電力を半分に抑えている。

[MONOist]

 Microchip Technology(マイクロチップ・テクノロジー)は2021年8月11日、エッジコンピューティング向けのミッドレンジFPGA「MPF050T」とFPGA SoC「MPFS025T」を発表した。

 両製品は、優れた計算処理性能を有しつつ、消費電力を50%以上低減。同等の競合製品と比較して、静止電力を半分に抑えている。

キャプション エッジコンピューティング向けミッドレンジFPGA、FPGA SoC(クリックで拡大) 出典:Microchip Technology

 他に、高性能トランシーバー、2MBのL2キャッシュ、LPDDR4メモリをサポートするRISC-Vアーキテクチャを採用したプロセッサコンプレックスを備える。

 LE(ロジックエレメント)は、MPF050Tは50k、MPFS025Tは25kとなっている。熱に対する要求が厳しい自動車や産業用オートメーション、通信、防衛、IoT(モノのインターネット)システムといった分野での用途に適している。

 両製品ともに、2022年第1四半期の量産開始を予定している。なお、同社が提供している「Libero 2021.2」ソフトウェアを用いることで、MPF050TやMPFS025Tを含むPolarFire FPGAおよびFPGA SoCファミリーの設計を開始できる。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.