エッジコンピューティングの逆襲 特集
ニュース
» 2021年09月02日 12時00分 公開

生体センサーなど多彩なアナログ信号を変換、エッジコンピューティング用入力機器エッジコンピューティング

アプトポッドは2021年8月23日、アナログ信号をデジタルに変換し、エッジコンピュータでのアナログ信号利用を可能にするインタフェース機器「EDGEPLANT ANALOG-USB Interface」を9月上旬から出荷開始すると発表した。

[MONOist]

 アプトポッドは2021年8月23日、アナログ信号をデジタルに変換し、エッジコンピュータでのアナログ信号利用を可能にするインタフェース機器「EDGEPLANT ANALOG-USB Interface」を9月上旬から出荷開始すると発表した。

photo アプトポッドの「EDGEPLANT ANALOG-USB Interface」(クリックで拡大)出典:アプトポッド

 「EDGEPLANT ANALOG-USB Interface」は、さまざまなアナログセンサーや制御機器などから出力される-5V〜+10Vの電圧に対応し、デジタル変換を行うA/Dコンバーターである。16ビット精度の絶縁型アナログ入力を8チャンネル、12ビット精度のアナログ出力(5V)を1チャンネル備えており、USB経由で上位コンピュータへのデジタル出力が可能だ。また、ハードウェアによる高精度なタイムスタンプ処理を行うため、精密な時系列データ生成を可能とする。

 対応を想定するセンサーは、生体センサー、加速度センサー、角速度センサー、温度センサー、湿度センサー、気圧センサー、照度センサー、ホールセンサー(磁力センサー)、重量センサー(圧力センサー)、測距センサー、タッチセンサーなどである。制御機器では、マイコンやその評価ボード、PLC(プログラマブルロジックコントローラー)、工場で使用される計測器や制御機械などに対応する。

 これらとエッジコンピューティングやクラウドとを組み合わせ、フレキシブルなデータ計測およびベンチマークシステムの構築や、遠隔データ収集/監視システム、エッジAIによる制御機器の異常検出システムなどの利用を想定する。

≫「エッジコンピューティング」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.