ニュース
» 2021年09月06日 10時00分 公開

OKIが中国のプリンタ生産を終了、タイ工場に集約工場ニュース

OKIは2021年9月2日、中国におけるプリンタと複合機の生産を終了すると発表した。生産拠点である沖電気実業(深圳)におけるプリンタと複合機の生産を2021年10月に終了し、タイの工場に移管する。

[MONOist]

 OKIは2021年9月2日、中国におけるプリンタと複合機の生産を終了すると発表した。生産拠点である沖電気実業(深セン)におけるプリンタと複合機の生産を2021年10月に終了し、タイの工場に移管する。

photo 沖電気実業(深セン)の外観写真

 OKIは2001年に沖電気実業(深セン)を設立し、2002年からプリンタ生産を開始した。しかし、今後のグローバルなペーパーレス化の進展も踏まえ、ラインアップのシフトを推進。LEDの強みを生かした産業系商品で特定市場への対応を明確化するとともに、IoT(モノのインターネット)端末などのさまざまな機器にプリンタエンジン(印刷機構)をユニットとして組み込むことを中心にターゲットをシフトする。

 こうした方向転換に伴い、生産体制の最適化を実施。沖電気実業(深セン)で実施してきたグローバル市場向け機器の生産はタイのOKI Data Manufacturing(Thailand)に移管することを決めた。また、保守部品生産の一部は、OKI福島工場に移管する。なお、中国におけるプリンタ販売と保守事業は継続する。

≫「工場ニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.