ニュース
» 2021年09月08日 07時00分 公開

中国に工作機械のショールームを備えたテクノロジーセンターを開設工場ニュース

ブラザー工業は、中国の浙江省寧波市において、工作機械のショールームを備えた「ブラザーテクノロジーセンター 寧波」を開設した。工作機械の展示や各種ソリューション提案、セミナーの開催などに活用する。

[MONOist]

 ブラザー工業は2021年8月20日、中国の浙江省寧波市において、工作機械のショールームを備えた「ブラザーテクノロジーセンター 寧波(Brother Technology Center Ningbo)」を開設したと発表した。工作機械の展示やユーザーへの各種ソリューション提案のほか、セミナーの開催などに活用する。

 寧波市では、自動車関連向けを中心とした工作機械の需要が急増しており、その需要に対応するため、従来の営業拠点の機能を強化し、ショールームを備えたテクノロジーセンターを新設した。中国において、上海市、東莞市、重慶市に続く4カ所目のテクノロジーセンターとなる。

キャプション 「ブラザーテクノロジーセンター寧波」ショールームの完成イメージ 出典:ブラザー工業
キャプション 「ブラザーテクノロジーセンター寧波」が入る建物 出典:ブラザー工業

 同センターの延べ床面積は約410m2。同年9月から運用を開始するショールームエリアは、約181m2となる。ショールームエリアには5台の工作機械のほか、周辺機器やファクトリーオートメーションに関する展示もできる。ショールームの横には約40人を収容できるセミナールームがあり、プライベートショーをはじめとしたイベントなどを開催できる。

キャプション ショールームエントランス 出典:ブラザー工業
キャプション セミナールーム 出典:ブラザー工業

 また、日系企業の事業展開が多く、工作機械の需要が大きい江蘇省無錫市には営業拠点を新設し、同年8月16日から稼働を開始している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.