ニュース
» 2021年09月10日 15時00分 公開

スマートフォンと連携、ワイヤレスイヤフォンスタイルの補聴器を発売医療機器ニュース

シャープはニューロシューティカルズと協業し、ワイヤレスイヤフォンスタイルの耳あな型補聴器「メディカルリスニングプラグ」を発売する。軽度〜中等度難聴者向けの補聴器で、ワイヤレスイヤフォンとしても使用できる。

[MONOist]

 シャープは2021年8月31日、ワイヤレスイヤフォンスタイルの耳あな型補聴器「メディカルリスニングプラグ(MH-L1-B)」を同年9月中旬に発売すると発表した。軽度〜中等度難聴者向けの補聴器で、希望小売価格は9万9800円(非課税)となる。

キャプション 耳あな型補聴器「メディカルリスニングプラグ」(クリックで拡大) 出典:シャープ

 MH-L1-Bは、医療機器製造販売業者のニューロシューティカルズと協業して商品化した製品。スマートフォンとBluetoothで接続し、専用アプリを用いて音量調整などができるほか、遠隔で聴力チェックや初期設定、フィッティング、アフターサービスまでをプロがサポートする。

 また、補聴器としてだけでなく、ワイヤレスイヤフォンのように音楽鑑賞にも対応する。本体にマイクを内蔵しており、スマートフォンでのハンズフリー通話にも利用可能だ。

 管理医療機器の認証を取得しており、補聴器としての基本性能を備えながら、従来の補聴器よりも低価格に抑えられている。オプションでケアプランも提供しており、フィッティングサポートの延長や盗難、紛失補償などが受けられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.