ニュース
» 2021年09月16日 08時00分 公開

4.86μm角画素で被写体の変化のみ検出するビジョンセンサーを商品化組み込み開発ニュース

ソニーセミコンダクタソリューションズは、4.86μm角画素を有し、被写体の変化のみを検出可能な積層型イベントベースビジョンセンサー「IMX636」「IMX637」を商品化する。

[MONOist]

 ソニーセミコンダクタソリューションズは2021年9月9日、4.86μm角画素を有し、被写体の変化のみを検出可能な積層型イベントベースビジョンセンサー「IMX636」「IMX637」を商品化すると発表した。両製品とも、2021年10月のサンプル出荷を予定している。

キャプション 左から、積層型イベントベースビジョンセンサー「IMX636」「IMX637」(クリックで拡大) 出典:ソニーセミコンダクタソリューションズ

 IMX636は1/2.5型(対角7.137mm)で有効約92万画素、IMX637は1/4.5型(対角3.983mm)で有効約33万画素。非同期で画素の輝度変化を検出し、xy座標による画素の位置および時間の情報と組み合わせてデータ出力可能なイベントベース方式を採用した。

 一般的なフレームベース方式と比較して、低消費電力で必要な情報のみをマイクロ秒レベルで高速かつ低遅延に読み出し、高時間分解能で出力できる。

キャプション 振動検知(左:フレームベース画像、右:イベントベース画像)(クリックで拡大) 出典:ソニーセミコンダクタソリューションズ
キャプション 金属切削時の火花の検知(左:フレームベース画像、右:イベントベース画像)(クリックで拡大) 出典:ソニーセミコンダクタソリューションズ

 また、センサーの画素部と輝度変化の検出回路を備えたロジック部を一画素ごとにCu-Cu(カッパー・カッパー)接続する同社独自の積層構造を採用しており、画素サイズを4.86μmに抑えた。これにより、小型ながら解像度の高い認識が可能だ。

 さらに、不要なイベントデータを除去するProphesee開発のフィルター機能を複数搭載。特定の周期で生じる、認識に必要のないLEDフリッカーなどのイベントの除去(アンチフリッカー)や、対象物の輪郭に該当しない可能性が高いイベントの除去(イベントフィルター)、後段のシステムが処理可能なイベントレート以下にデータ量を調整する機能(イベントレート制御)などを利用できる。

キャプション 約33ミリ秒のイベントデータを積算した画像(左:イベントフィルターオフ、右:イベントフィルターオフ。ソフトウェアシミュレーションで左から約92%データ削減)(クリックで拡大) 出典:ソニーセミコンダクタソリューションズ

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.