ニュース
» 2021年09月16日 06時30分 公開

ASUSの32インチHDRディスプレイがJOLEDの印刷方式有機ELパネルを採用組み込み採用事例

JOLEDは、同社が製造する印刷式有機ELディスプレイパネルが、台湾のASUSTeK Computer(以下、ASUS)のコンテンツクリエイター向けディスプレイ「ASUS ProArt Display OLED PA32DC」に採用されたと発表した。

[朴尚洙,MONOist]

 JOLEDは2021年9月15日、同社が製造する印刷式有機ELディスプレイパネルが、台湾のASUSTeK Computer(以下、ASUS)のコンテンツクリエイター向けディスプレイ「ASUS ProArt Display OLED PA32DC」に採用されたと発表した。【訂正あり】

JOLEDの32インチ有機ELディスプレイパネルを採用した「ASUS ProArt Display OLED PA32DC」 JOLEDの32インチ有機ELディスプレイパネルを採用した「ASUS ProArt Display OLED PA32DC」(クリックで拡大) 出典:JOLED

 ASUS ProArt Display OLED PA32DCは、プロフェッショナルのコンテンツクリエイターが求めるHDR(High Dynamic Range)性能を満たす32インチディスプレイである。JOLEDが提供する32インチの有機ELディスプレイパネルを搭載し、画素数は3840x2160で、0.1msと高速の応答時間を実現。VESA(The Video Electronics Standards Association)が策定した有機ELディスプレイパネルを用いるHDRディスプレイの標準規格「DisplayHDR 400 TrueBlack」の要件を満たすように開発が進められた。また、より色調表現を豊かにできる10ビットカラー(RGB各色の階調が1024段階)に対応し、シネマグレードのDCI-P3色域の99%をカバーしているという。

【訂正】画素数についての表記に誤りがありましたので修正しました。

 JOLEDは2021年3月から、同社独自の印刷方式の有機ELディスプレイパネルについて、10〜32型の中型パネルをブランド名「OLEDIO」で量産出荷している。用途はハイエンドモニター、医療用モニター、車載機器向けなどとしていたが、今回のASUSのコンテンツクリエイター向けディスプレイはハイエンドモニター向けでの採用になるとみられる。

 なお、JOLEDは2018年6月、ASUS向けに21.6型4K高精細の印刷方式有機ELディスプレイパネルをサンプル提供したことを発表しており、このときはプロフェッショナルモニター「ASUS ProArt PQ22UC」に採用されるとしていた。

⇒その他の「組み込み採用事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.