ニュース
» 2021年09月24日 08時00分 公開

従来比で最大約30%細径化したロボットケーブルを発売ロボット開発ニュース

OKI電線は、同社従来品と比較して最大約30%細径化した細径ロボットケーブル「ORP-30F」と細径ケーブル「OFV-30F」を発売した。産業用ロボットや工作機械内の狭小箇所での配線向けとなっている。

[MONOist]

 OKI電線は2021年9月9日、細径ロボットケーブル「ORP-30F」と細径ケーブル「OFV-30F」発売した。産業用ロボットや工作機械内の狭小箇所での配線に向く。

キャプション 「ORP-30F」(黒)、「OFV-30F」(グレー) 出典:沖電気工業

 両ケーブルとも定格電圧30V以下の機器用で、ORP-30Fの最小外径が2.1mm、OFV-30Fが同2.7mmとなっており、それぞれ同社従来品と比較して最大約30%細径化した。これにより、機器の小型化に寄与する。

 ORP-30Fは、産業用ロボットや工作機械などの可動部分に用いるロボットケーブルで、同社独自の特殊エラストマー絶縁材を採用した。可動耐久性が高く、屈曲や摺動、捻回といった機器の動きに対応する。

 OFV-30Fは、機器の固定部分に用いるケーブル。架橋PVC(ポリ塩化ビニール)を採用しており、耐熱性に優れる。ともに耐油性強化PVCを外被に採用し、外被の劣化要因となる切削液が付着するような使用環境にも対応できる。

 ORP-30FはAWGサイズが22〜34の全224品種、OFV-30Fは24〜32の全80品種をラインアップにそろえた。同社は、2022年度の両ケーブルの売上高1億円を目標に掲げる。

⇒その他の「ロボット開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.