ニュース
» 2021年09月28日 13時00分 公開

3Dプリンタによる高レベルなモノづくりを目指す協業プロジェクトが発足3Dプリンタニュース

JMC、八十島プロシード、原田車両設計は、3Dプリンタのさらなる市場開拓に向けて協業する。3Dプリンタを活用した、高レベルなモノづくりを目指す協業プロジェクト「3D innovation Hub」を3社協業体制で発足する。

[MONOist]

 JMCは2021年9月15日、3Dプリンタのさらなる市場開拓に向けて、八十島プロシード、原田車両設計との協業を発表した。3Dプリンタを活用した、高レベルなモノづくりを目指す協業プロジェクト「3D innovation Hub」を3社協業体制で発足する。

 このプロジェクトでは、3Dプリンタによる出力全般はもちろんのこと、特にアディティブマニュファクチャリング(AM:Additive Manufacturing、積層造形)を国内に広める上で課題となっている具体的なプロダクトを提案する。また、早期製品化のため、新領域のビジネスではこれまでの枠にとらわれない実務面での協業を進める。

「3D innovation Hub」ロゴ 「3D innovation Hub」ロゴ(クリックで拡大) 出典:JMC

 具体的には、「新領域での3Dプリンタ製品の設計、試作、生産」「新領域での産業用CTを用いた開発と品質担保、解析」「製品開発フェーズに沿った3Dプリンタ活用方法と造形品の提案」「既存市場にない素材による造形への取り組み」「3Dプリンタに関する保守、点検の請負」を実務レベルで相互補完していく。

 3社は3Dプリンタを合計47台保有しており、樹脂、金属といったさまざまな材料を用いた設計、造形に対応できる。3Dプリンタ業界での横断的組織として機能することで、各社の強みを生かした受託製造体制を構築し、受注獲得の機会を増やしていく。同時に、新材料、新設備の共同開発も進める。

 今後は、EOSジャパンなどの装置メーカーとの技術交流や、素材メーカーとタイアップした新たな造形素材の検討を通じ、自動車分野や航空/宇宙分野に向けた提案など、3Dプリンタ製品の使用領域拡大を目指していく。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.