ニュース
» 2021年09月28日 15時00分 公開

デジタル技術を活用し、ヘルスケア領域の事業価値5000億円を目指す医療機器ニュース

NECは、AIなどのデジタル技術を活用したヘルスケア・ライフサイエンス事業を強化し、2030年に事業価値5000億円を目指す方針を示した。グループ横断で事業開発を進める。

[MONOist]

 NECは2021年9月15日、AI(人工知能)などのデジタル技術を活用したヘルスケア・ライフサイエンス事業を強化し、2030年に事業価値5000億円を目指すと発表した。グループ横断で事業開発を進める。

 具体的には、必要な医療をデジタルで支える「Medical Care事業」、一人一人の日常生活に寄り添う「Lifestyle Support事業」、個人に合わせた医療を科学で支える「Life Science事業」の3領域に注力する。

キャプション 3つの注力領域と目指す将来像(クリックで拡大) 出典:NEC

 この3領域の事業を通じて、「live as you あなたを知り、あなたらしく選ぶ」世界の実現を目指すとしている。また、事業を拡大するにあたり、同社の顔認証技術や生体認証「Bio-IDiom」、映像分析技術、グラフベース関係性学習などの最先端AI技術群「NEC the WISE」を活用する。

キャプション コンセプト 出典:NEC

 さらに、グループ横断で事業開発を進めるため、ヘルスケア・ライフサイエンスPMO(Project Management Office)を立ち上げた。併せて、社外パートナーとも幅広く連携していく。同年11月には、NECヘルスケア・ライフサイエンス有識者会議を発足させ、専門家とともに将来像の社会実装を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.