コラム
» 2021年09月28日 12時00分 公開

「もう少し3Dデータ作成についても触れてよ」と感じた土曜の遅い朝食メカ設計メルマガ 編集後記

イラストから3Dデータを起こした人の努力も見せてあげて……。

[八木沢篤,MONOist]

この記事は、2021年9月28日発行の「メカ設計 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

⇒ 「メルマガ編集後記」のバックナンバーはこちら

 先日、コロナ禍の外出自粛をきっかけに、独学で3D CGソフト「Blender」の使い方を習得し、「iPhone」のイメージ映像を制作して話題になった方のニュースを見て、とても感心しました。YouTubeの解説動画を参考に、15カ月間でCMさながらのリアルなiPhoneを描けるようになったそうです。ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 この方のように、外出自粛期間中に新しいことに挑戦した人/挑戦している人も多いことでしょう。中には、お手頃価格になってきた家庭用3Dプリンタを手に入れて、個人でモノづくりを楽しんでいる方もいらっしゃるかと思います。

 さすがに、かつての3Dプリンタブームのように、「3Dプリンタは魔法の箱」「3Dプリンタさえあれば何でもできる」といった認識をお持ちの方はほとんどいないと思いますが、久しぶりに「ああ、誤解を生みそうだな……」というシーンに直面しました。

「もう少し3Dデータ作成についても触れてよ」と感じた土曜の遅い朝食

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.