デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2021年10月05日 13時00分 公開

MSCソフトとソフトウェアクレイドルが「Cradle CFD」ライセンスの販売開始CAEニュース

エムエスシーソフトウェアとソフトウェアクレイドルは、熱流体シミュレーション/可視化ソリューションである「scFLOW」「STREAM」「PICLS」の3製品を1つのライセンスに統合した「Cradle CFD」ライセンスの販売を開始した。

[八木沢篤,MONOist]

 Hexagon Manufacturing Intelligenceのグループ会社であるエムエスシーソフトウェアとソフトウェアクレイドルは2021年10月4日、熱流体(CFD:数値流体力学)シミュレーション/可視化ソリューションである「scFLOW」「STREAM」「PICLS」の3製品を1つのライセンスに統合した「Cradle CFD」ライセンスの販売を、同年10月1日から開始したことを発表した。

 また、近年、解析の高速化に欠かせない、大規模計算時に使用される並列計算無制限コアライセンスもCradle CFDライセンスのラインアップとして提供されるという。

 Cradle CFDは、生産性向上とスマートマニュファクチャリングの促進に寄与するマルチフィジックスCFDソリューションとして位置付けられており、自動車、航空、電気、建築/建設、土木、機械、造船など、熱流体問題を扱うさまざまな業界で幅広く活用されている。3D CADとの連携や、強化された連成解析機能(構造、音響、電磁場、機構、伝熱、1D、AI[人工知能]/機械学習、最適化、システムシミュレーション)を搭載。ポストプロセッサを用いて、パワフルなアニメーションの生成やビジュアライゼーションが可能である。

 同社の熱流体解析および伝熱シミュレーション製品は、解析対象や産業、用途に応じて展開する既存のscFLOW、STREAM、PICLS、「熱設計PAC」に、Cradle CFDを加えた5製品体制となる。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.