ニュース
» 2021年10月05日 08時00分 公開

消費電力と機能を最適化、32ビットマイコンのエントリーラインを量産開始組み込み開発ニュース

ルネサス エレクトロニクスは、32ビットArmマイコン「RA4」シリーズのエントリーライン「RA4E1」グループの量産を開始した。消費電力と周辺機能、通信インタフェースを最適化し、システムコストの削減に貢献する。

[MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2021年9月22日、最大動作周波数100MHzの32ビットArmマイコン「RA4」シリーズに、エントリーラインの「RA4E1」グループを追加し、量産を開始したと発表した。消費電力と周辺機能、通信インタフェースを最適化しており、システムコストの削減に貢献する。

キャプション 32ビットマイコン「RA4E1」グループ[クリックで拡大] 出所:ルネサス エレクトロニクス

 Arm Cortex-M33を搭載し、セキュリティ機能「TrustZone」を備える。消費電力は100MHz動作時で60μA/MHz、CoreMarkプログラム実行時で81μA/MHzに抑えた。インタフェースは、USB2.0フルスピード、シリアル通信、Quad SPI、CANを搭載する。

 また、FLL(Frequency Locked Loop)を使用した±0.25%の高精度なオンチップオシレーター、A-DおよびD-Aコンバーター、低電圧検出機能、内部リセット機能を内蔵したことで、有効GPIO端子数が増加。システムコストの低減につながる。

 メモリとして、256K〜512KBのフラッシュメモリ、128KBのSRAMを搭載する。動作温度範囲は−40〜+85℃で、48〜64ピンパッケージを用意している。Arm Cortex-M33搭載の上位製品「RA4M3」へのマイグレーションも可能で、拡張性も高い。

 家電製品やスマートホーム、ビルオートメーション、産業用センサーハブ、ホームエンターテインメントなどでの利用を見込む。オンチップデバッガを搭載したプロトタイピングボード「RA4E1 Fast Prototype Board」も、参考価格20米ドル(約2200円、税別)台で提供している。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.