VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2021年10月07日 13時00分 公開

キヤノンがVR映像撮影システムを発表、専用RFレンズや変換ソフトを年内発売VRニュース

キヤノンはVR映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」を立ち上げ、180度VR映像を撮影できる専用のRFレンズ1機種と、映像制作を支援するPCソフトウェア2本を2021年12月下旬に発売すると発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 キヤノンは2021年10月6日、VR(仮想現実)映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」を立ち上げ、180度VR映像を撮影できる専用のRFレンズ1機種と、映像制作を支援するPCソフトウェア2本を、同年12月下旬に発売すると発表した。

「EOS VR SYSTEM」のロゴ 「EOS VR SYSTEM」のロゴ[クリックで拡大] 出所:キヤノン

 同社は、VRの活用がエンターテインメントや観光、教育などの幅広い分野に広がっていることを受け、レンズ交換式カメラ「EOSシリーズ」などで培ってきた光学技術を生かし、高画質な映像と効率的なワークフローを実現するEOS VR SYSTEMを立ち上げた。

 EOS VR SYSTEMは、2020年7月発売のミラーレスカメラ「EOS R5」と、2つの魚眼レンズを備え、左右の視差を利用した3Dの180度VR映像を撮影できる専用RFレンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」、映像制作を支援するPCソフトウェア(有償)で構成される。EOS R5には、2021年12月上旬公開予定のファームウェアの適用が必要となる。

ミラーレスカメラ「EOS R5」に専用レンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」を装着した状態 ミラーレスカメラ「EOS R5」に専用レンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」を装着した状態[クリックで拡大] 出所:キヤノン

 RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYEを、ミラーレスカメラのEOS R5に装着することで、8K相当の解像度を生かした没入感のある高精細な映像を出力できる。また、専用レンズのRF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYEには特殊コーティング「SWC(Subwavelength Structure Coating)」が施されており、逆光時での撮影も快適に行えるという。

 さらに、RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYEの2眼レンズそれぞれから入射する光を、単一のCMOSセンサーを通じて記録できるため、撮影前のカメラ位置の調整や同期設定、スティッチ作業(撮影後に映像をつなぎ合わせる作業)が不要となり、効率的な映像制作ワークフローを実現する。

2つの魚眼レンズによる撮影イメージ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」の光学構成図 (左)2つの魚眼レンズによる撮影イメージ/(右)「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」の光学構成図[クリックで拡大] 出所:キヤノン

 映像制作を支援するPCソフトウェアについては、ユーザーの制作環境に合わせて、「EOS VR Utility」と「Adobe Premiere Pro」専用プラグインの「EOS VR Plugin for Adobe Premiere Pro」の2つを用意する。いずれかのソフトウェアを用いることで、撮影映像のVR規格形式への変換から簡易的な編集までを行うことができる。

映像制作ワークフローのイメージ図 映像制作ワークフローのイメージ図[クリックで拡大] 出所:キヤノン

 同社は、EOS VR SYSTEMの立ち上げを通じて、映像クリエイターや制作プロダクション、新たにVR映像撮影を始めたいと考えているユーザーまで幅広いニーズに応えていくとしている。

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.