ニュース
» 2021年10月08日 13時00分 公開

使いやすさが向上した、2D CADソフトウェアシリーズの最新版CADニュース

フォトロンは、2D CADソフトウェア「図脳 RAPID」シリーズの最新版「図脳 RAPIDPRO21」「図脳 RAPID21」を発表した。最新版ではユーザーの声を生かした機能強化、改良がなされ、使いやすさが向上し、スムーズな製図が可能になった。

[MONOist]

 フォトロンは2021年9月27日、2D CADソフトウェア「図脳 RAPID」シリーズの最新版となる「図脳 RAPIDPRO21」「図脳 RAPID21」を発表した。同年10月27日から販売する。価格は、図脳 RAPIDPRO21が15万4000円、図脳RAPID21が6万6000円(いずれも税込)となっている。

 図脳 RAPIDシリーズは35年以上販売されている国産の2D CADソフトウェアで、さまざまな業種の工程で幅広く利用されている。最新バージョンとなる、企業向けの図脳 RAPIDPRO21と個人向けの図脳 RAPID21は、ユーザーの声を生かして機能を強化、改良した結果、使いやすさが向上し、スムーズな製図が可能になった。

左:「図脳 RAPIDPRO21」「図脳 RAPID21」のパッケージ写真、右:「図脳 RAPIDPRO21」の操作画面 左:「図脳 RAPIDPRO21」「図脳 RAPID21」のパッケージ写真、右:「図脳 RAPIDPRO21」の操作画面[クリックで拡大] 出所:フォトロン
色パレットの標準色を32色に増加 色パレットの標準色を32色に増加 出所:フォトロン

 両製品ともに強化された点は、色パレットに保存できる標準色がこれまでの16色から32色に倍増したことだ。また、各種設定の自動引き継ぎ機能により、前バージョンの「図脳 RAPID20」シリーズから新しいバージョンに更新しても、これまでの作業環境ですぐに作業できる。

 企業向けの図脳 RAPIDPRO21は、部品配置やハッチング作図、文字編集といったコマンドの操作性を改善した。使用頻度の多いコマンドのクリック数を50%削減している。

 部品配置では、登録した部品のサムネイルが常時表示されており、サムネイルをダブルクリックするだけで部品を配置できる。サムネイルの並び順も自由に設定可能だ。

部品カタログを常時表示 部品カタログを常時表示 出所:フォトロン

 また、ハッチング作図コマンドなどに「点指定」コマンドを搭載。境界線を作図しなくても境界の通過点を指定してハッチング、塗り図形を作成できるため、境界がないエリアに作図する際の手間を大幅に削減する。

 文字の編集機能も拡張している。図形複写や回転複写コマンドで数字を含む文字列をコピーすると、数字部分が自動でカウントアップする機能が加わった。さらに、カットイン機能の一時適用設定が追加されており、作業の手戻りを防止する。

⇒ その他の「CAD」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.