コラム
» 2021年10月13日 12時00分 公開

「うちの会社、大丈夫なんだろうか」と思わせないオートモーティブメルマガ 編集後記

会社が前向きだと感じられるのはいいことです。

[齊藤由希,MONOist]

 この記事は、2021年10月13日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


「うちの会社、大丈夫なんだろうか」と思わせない

 働く人が前向きになれる職場って、どんなところでしょうか。「便利でおしゃれな都心に立地している」「お給料がいい」「上司含め会社が正当に評価してくれる」「周囲の人に恵まれている」「自分の得意分野もしくは好きなことが業務に直結している」など、いろいろと考えられます。

 その反対の、前向きになれない職場はどうでしょうか。周囲の人やモノ、環境によって心身を害したり、心身を危険にさらさざるを得ないのに守るための手段がなかったりするのは論外ですが、おしゃれなオフィスじゃなくても、会社が分かってくれなくても、前向きになるための支えを見つけることはできますよね。人によっては、収入がほどほどでもやりがいがあればいい、と考えるかもしれません。

 しんどいのは、漠然とした不安がある場合なのではないかと思います。例えば、「うちの会社、大丈夫なんだろうか」と考えながら働くのは楽しいことではありません。自分がいる部署や、自分の職種の将来性に自信が持てないのもつらいでしょう。会社が自分の部署に期待していないのが端々から感じられるとか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.