特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2021年10月14日 14時00分 公開

もろみの温度を遠隔監視できる、酒造向けIoTシステムを開発製造業IoT

ラトックシステムは、酒造現場向けIoTシステム「もろみ日誌」クラウド版とNYK西日本製のクーリングタンクを連携させ、品温を遠隔監視できるシステムを開発した。もろみの品温を自動調節しながら、遠隔監視もできる。

[MONOist]

 ラトックシステムは2021年9月24日、酒造現場向けIoT(モノのインターネット)システム「もろみ日誌」クラウド版とNYK西日本製のクーリングタンクを連携させ、品温(製品温度)を遠隔監視できるシステムを開発したと発表した。もろみの品温を自動調節しながら、遠隔監視もできる。

キャプション 連携イメージ[クリックで拡大] 出所:ラトックシステム

 NYK西日本の樹脂ライニングタンク型クーリングタンクは、冷却効率の良さに特徴があり、繊細な温度制御を実現する。今回、ラトックシステムはNYK西日本と協業することにより、そのクーリングタンクとラトックシステムの酒造向けIoTシステムを連携させた。

 もろみ日誌対応のクーリングタンクでは、タンクの品温センサーで計測したデータを、ゲートウェイを経由してクラウドに送信する。品温データは、スマートフォンアプリ「もろみ日誌クラウド」から確認できる。あらかじめ設定した温度範囲を超えるとスマートフォンに異常を通知するほか、PCを使った蓄積データの事績管理も行える。

キャプション 利用イメージ[クリックで拡大] 出所:ラトックシステム

 制御盤に変換ユニットを組み込むことで、既設の樹脂ライニングタンク型クーリングタンクでもIoT化が可能になる。さらに今後、温度の確認に加え、温調器の設定温度も遠隔から変更可能にする予定だ。

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.