「買収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「買収」に関する情報が集まったページです。

HPE、スーパーコンピュータのCrayを13億ドルで買収
Hewlett Packard Enterprise(HPE)がスパコン大手のCrayを買収する。買収総額は約13億ドル。両社の技術を統合することでエクサスケールのHPCをリードしていくとしている。(2019/5/19)

「異種クラウドの抽象化でなく等価性実現」:
VMwareがBitnami買収へ、アプリケーションビルダーへの取り組みを強化
VMwareは2019年5月15日(米国時間)、ソフトウェアパッケージングソリューションベンダーのBitnami買収で、両社が合意したことを明らかにした。VMwareはこれを通じ、アプリケーションビルダーおよびオープンソースソフトウェアへの取り組みを強化しようとしている。(2019/5/16)

オープンソース×マーケティングの世界が拡充:
AcquiaがMauticを買収
Acquiaは、オープンソースのマーケティングオートメーション(MA)ツール「Mautic」を提供するMauticを買収したことを発表した。(2019/5/9)

スマホRPG「蒼穹のミストアーク」が権利買収で「ハーレム伝説ZERO」に改名 さわやか主人公が一転ゲス野郎に
どうしてこうなった……。(2019/5/7)

19年度は増収減益予想に:
村田製作所18年度決算、過去最高売り上げを更新
村田製作所は2019年4月26日、2019年3月期(2018年度)通期決算を発表した。2018年度売上高は、幅広い用途でのコンデンサー需要の増加、2017年9月にソニーから買収したリチウムイオン二次電池事業の売上計上により、前年比14.8%増の1兆5750億円となった。(2019/4/26)

FAニュース:
日立がロボットSIを買収し北米ラインビルダー事業に参入、その2つの理由
日立製作所は2019年4月24日、米国のロボットシステムインテグレーター(ロボットSI)であるJR Automation Technologies(JRオートメーション)を買収し、北米において生産ライン構築を請け負うラインビルダー事業に参入することを発表した。買収金額は約1582億円となる。(2019/4/25)

レッドハット、IBMによる買収後も“ブレない”新戦略 「オープンハイブリッドクラウド」注力、パートナー関係も維持
レッドハットが、2019年4月〜20年3月期の新戦略を発表。今期は「オープンハイブリッドクラウドでIT業界を変える」をテーマに掲げて事業を展開する。「米IBM傘下になっても、市場を見ながらオープンソースを提案していく方針は全く変わらない」という。(2019/4/24)

NY州イーストフィッシュキル:
オンセミがGFの300mm工場を4.3億ドルで買収へ
ON SemiconductorとGLOBALFOUNDRIES(GF)は2019年4月22日(米国時間)、米国ニューヨーク州イーストフィッシュキルにあるGLOBALFOUNDRIESの300mmウエハー製造工場を、ON Semiconductorが買収することで正式に契約したと発表した。(2019/4/24)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
本音は人手確保? 買収した企業トップが真っ先に言及する「リソース不足」
その人の性格にもよりますが、対外的なプレゼンの場では最初に言うことが一番重要なのだと思います。(2019/4/24)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
インテルの買収下手はいつ治るのか
ここ20年くらいうまく行った試しがないような……。(2019/4/23)

頭脳放談:
第227回 買収したMellanoxはNVIDIAが狙う次の市場への布石?
グラフィックスカードベンダーの最大手NVIDIAが、高速イーサネット技術を持つMellanox Technologiesを買収した。この背景には何があるのか、NVIDIAの狙いを筆者が推測する。(2019/4/23)

変化するネットワークの提供形態
「IP-VPN」から「SD-WAN」への乗り換えが急増する理由
企業の間で、SD-WANを採用する機運が急速に高まっている。マネージド型SD-WANサービスの充実や、SD-WAN市場で予測されるM&A(統合・買収)などに着目する。(2019/4/23)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
NVIDIAのMellanox買収とインターコネクトをめぐる動向
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2019年3月の業界動向の振り返りとして、インターコネクト(Interconnect)の話を紹介する。(2019/4/19)

譲渡額は1000億円の見込み:
日本電産、オムロン子会社買収で車載モーター強化
 日本電産は2019年4月16日、オムロンの子会社で、車載電装部品を手掛けるオムロンオートモーティブエレクトロニクス(以下、OAE)を買収すると、発表した。買収価格は約1000億円となる見込みで、2019年10月末ごろの取引完了を予定している。同日、東京都内行われた記者会見で、日本電産の会長兼CEOの永守重信氏は、「モジュールやプラットフォームでの製品納入の需要が高まっている。こうしたマーケットの変化に対応する必要がある」と説明したうえで、「OAEのグループ化は非常に大きなシナジーを生み出す」と強調した。(2019/4/17)

エコカー技術:
日本電産がオムロンのカーエレ子会社を1000億円で買収、車載モーターの制御系強化
日本電産は2019年4月16日、東京都内で会見を開き、オムロンの100%子会社で車載電装部品を手掛けるオムロンオートモーティブエレクトロニクスを買収すると発表した。買収額は1000億円で、2019年10月末の手続き完了を予定している。(2019/4/17)

製造マネジメントニュース:
日立産機システムがロボットSIerを買収、ロボティクス事業を強化
日立産機システムは、東京海上キャピタルが保有するケーイーシーの全株式を買収する契約を締結した。日立グループの制御技術やITにケーイーシーのロボットSI技術やノウハウを融合し、ロボティクス事業における競争力の向上を図る。(2019/4/12)

組み込み開発ニュース:
買収されたジェムアルトはタレスの7番目の事業部門「DIS」として生まれ変わる
ジェムアルトは、仏Thales Group(タレス・グループ、以下タレス)によるジェムアルトの買収完了に関して説明を行った。(2019/4/11)

Adobe Summit 2019レポート:
MarketoのAIはAdobe Senseiに、スティーブ・ルーカス氏が経営統合の進捗(しんちょく)を語る
2019年3月にAdobe Systems傘下となったMarketo。電撃的な買収発表から半年で何が進んでいたのかが明らかになってきた。(2019/4/4)

コワーキングスペースのWeWork、オフィス管理サービスのManaged by Qを買収
ソフトバンクも出資するコワーキングスペースのWeWorkが、オフィス管理サービスのManaged by Qを買収した。(2019/4/4)

ヨドバシ、アウトドア用品販売の「石井スポーツ」買収
買い物が捗る?(2019/4/3)

ヨドバシ、石井スポーツを買収
ヨドバシHDがICI石井スポーツの全株式を取得。石井スポーツと傘下のアート・スポーツは、ヨドバシHDの100%子会社になる見込みだ。(2019/4/3)

安全システム:
ZFが商用車ビジネス強化でWABCOを買収、売り上げ規模は5兆円に
ZF Friedrichshafen(以下ZF)は2019年3月28日、ブレーキサプライヤーのWABCOを70億ドル(約7700億円)で買収すると発表した。これによりZFは商用車向けの走る、曲がる、止まるの各分野を強化する。両社の売上高は合算で400億ユーロ(約4兆9700億円)に上る。買収手続きは2020年初旬の完了を予定している。(2019/4/1)

「迅速に固定費を削減できる順応性を示したい」:
ルネサス 呉CEOが「工場一時停止」について説明
ルネサス エレクトロニクスは2019年3月29日、東京都内で記者会見を行い、同社社長兼CEOの呉文精氏が2019年4〜6月に実施を検討している工場の一時稼働停止および、同年3月30日(日本時間)完了予定のIDTの買収に関して説明を行った。(2019/3/29)

2019年後半完了予定:
オンセミがQuantenna買収を発表
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2019年3月27日(米国時間)、Wi-Fi用チップセットなどを展開するQuantenna Communicationsを買収すると発表した。買収金額は10億米ドル以上。ON Semiconductorが現金で1株当たり24.50米ドルでQuantenna株式を取得する。【訂正あり】(2019/3/28)

買収完了は19年3月30日の見込み:
ルネサス、IDT買収に向けた関係当局の承認を全て取得
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2019年3月23日、IDT(Integrated Device Technology)の買収について、関係当局の最終承認を取得したと発表した。これを受け、IDTの買収は同年3月30日に完了する見込みだとしている。(2019/3/25)

Disneyによる21st Century Foxの買収完了 「Disney+」コンテンツ拡充へ
Walt Disney Companyが2017年に発表した21st Century Foxの買収がようやく完了した。買収総額は約710億ドル(約7兆9000億円)。年内スタート予定の独自コンテンツストリーミングサービス「Disney+」に「ザ・シンプソンズ」や「デッドプール」が登場するかもしれない。(2019/3/22)

Apple、イタリアのRPA企業Stamplayを買収
ワークフロー自動化プラットフォームを開発しているイタリア企業をAppleが買収した。(2019/3/22)

独自のチップ開発に加速:
Facebook、インターコネクトIPベンダーのSonicsを買収
Facebookは、米国カリフォルニア州シリコンバレーに拠点を置くIPプロバイダーのSonicsを買収した。Sonicsは、NoC(Network on Chip)や電力管理技術を専門とする非公開会社である。(2019/3/18)

F5、急成長のWebサーバ「NGINX」開発元を買収
F5 Networksが、軽量・高速なオープンソースのWebサーバ「NGINX」を提供しているNGINXを6億7000万ドルで買収すると発表。(2019/3/12)

AI注力のNVIDIA、HPCのMellanoxを69億ドルで買収へ
NVIDIAが高性能データセンター向けソリューションを手掛けるMellanoxを買収すると発表した。買収総額は同社としては過去最大規模の69億ドル(約7700億円)。好調なAIやクラウドコンピューティング分野強化が狙い。(2019/3/12)

実現が本格化:
EV用ワイヤレス給電、なぜ10年にわたり“標準化争い”が続いたのか?
電気自動車(EV)用のワイヤレス給電は、長年2社間で、国際規格標準化をめぐり激しい争いを続けてきた。しかし、この2月、米ベンチャー企業、ワイトリシティが、米半導体大手クアルコムのEV向けワイヤレス給電事業「クアルコム・ハロ」を買収することで決着した。これによって、EV向けワイヤレス給電の実現が本格化すると思われる。ワイヤレス給電は約10年前から提案されてきたアイデアであるが、なぜ10年もの長きにわたり標準化争いが続いてきたのであろうか。筆者も過去にワイヤレス給電に携わった経験があり、考えを述べてみたい。(日本電動化研究所 代表取締役・和田憲一郎)(2019/3/12)

Airbnb、ホテル予約サービス「HotelTonight」を買収
年内に上場するとみられる民泊仲介サービスのAirbnbが、ホテル予約サービスのHotelTonightを買収する。Airbnbのサービスで従来より多くのブティックホテルが選択肢として表示されるようになる。(2019/3/8)

和田憲一郎の電動化新時代!(32):
EV向けワイヤレス給電、実用化の最終段階へ!
先般、EV(電気自動車)用充電インフラに関して重要な出来事があった。ワイヤレス給電はこれまで米国のベンチャー企業であるWiTricityと、半導体大手のQualcommが激しい国際標準化争いを続けてきた。しかし、WiTricityがQualcommのEV向けワイヤレス給電事業「Qualcomm Halo」を買収することとなったのである。これにより、標準化争いは終止符が打たれるものの、すぐに実用化に移れるのだろうか。(2019/3/8)

日経傘下のFinancial Times、テクノロジーメディアのTNW(The Next Web)買収
経済紙のFinancial Timesがコンシューマー向けテクノロジーメディアのTNW(The Next Web)を買収した。TNWのイベントビジネスにより欧州のテクノロジーコミュニティへの浸透を深めるのが狙いとしている。(2019/3/6)

「PKSファミリー」を発表:
VMwareとPivotal、Heptioを生かし、Kubernetesで3製品を提供へ
VMwareとPivotalは2019年2月26日(米国時間)、両社のKubernetes製品を拡充し、「PKSファミリー」として共同提供することを発表した。完全に新しいのは、VMwareが買収したHepioのノウハウを生かした「Essential PKS」。(2019/2/27)

DMS2019:
日東工業が「ECADシリーズ」と初のシナジー、穴加工図面作成システムと連携
日東工業は、「第30回 設計・製造ソリューション展(DMS2019)」において、2017年12月に買収した電気設計CAD「ECADシリーズ」と、日東工業の電気機器収納用キャビネット穴加工図面作成Webシステム「キャビスタ」の連携機能を披露した。同機能は2019年春にリリースする予定。(2019/2/20)

Apple、音声アプリ開発企業「Pullstring」を買収
元Pixar幹部らが立ち上げた音声ベンチャーをAppleが手に入れた。(2019/2/17)

ITはみ出しコラム:
AmazonのメッシュWi-Fiルーター「eero」買収が意味すること
AmazonがメッシュWi-Fiルーターのメーカーであるeeroを買収しました。この買収でAmazon Echoとスマート製品の連携がよりスムーズになることが期待できる一方、データの扱いについては気になるところもあります。(2019/2/17)

自動運転技術:
ダイナミックマップ基盤がGM傘下の高精度地図会社を買収、最大220億円の増資も
ダイナミックマップ基盤は2019年2月13日、北米で高精度地図を手掛けるUshrを買収すると発表した。これまで高精度地図は地域ごとに作製が進められてきたが、買収によって自動運転など向けの高精度地図の仕様や更新手法を日米で共通化し、高精度地図の普及につなげる。(2019/2/14)

3次元地図データのダイナミックマップ基盤 米社買収 業界標準ねらう
自動運転技術に不可欠な3次元地図生成技術を持ち寄り、日米両市場での事実上の業界標準をねらう。(2019/2/14)

かつては競合関係:
米企業による“乗っ取り”? 「オリオン買収」への沖縄県民感情に配慮、TOBの舞台裏
野村ホールディングス(HD)傘下の投資ファンドと米投資ファンドのカーライル・グループがオリオンビール(沖縄県浦添市)に対する株式の公開買い付け(TOB)を進めている。経営陣による自社買収(MBO)の一環で、営業力を強化して海外展開を加速し、地域経済の発展につなげるというストーリーを描く。実は当初、野村HDとカーライルは競合関係にあった。最終的に共同提案の形に落ち着いた背景には、会社の将来性のためだけでなく、複雑な県民感情への配慮があったという。(2019/2/14)

株式を過半数取得へ:
STがSiCウエハーメーカーNorstelを買収
STMicroelectronics(以下、ST)は2019年2月6日(スイス時間)、スウェーデンのSiC(炭化ケイ素)ウエハーメーカーであるNorstelの株式を過半数取得すると発表した。(2019/2/14)

製造マネジメントニュース:
半導体後工程のターンキープロバイダーへ、ヤマ発が新川とアピックヤマダを買収
ヤマハ発動機、新川、アピックヤマダの3社は2019年2月12日、東京都内で会見を開き、同日に発表した事業統合について説明。「日本のモノづくり力を結集した半導体後工程のトータルソリューションを提供する」(ヤマハ発動機)という。(2019/2/13)

Amazon、Wi-Fiメッシュルータのeero買収
Amazonが、Wi-Fiメッシュルータの新興企業eeroを買収する。eeroのルータにより、EchoやRingの製品を従来より手軽にネットワークに接続できるようユーザーを支援するのが目的としている。(2019/2/12)

Spotifyが黒字転換、Anchorなどポッドキャスト企業2社買収
音楽ストリーミング大手のSpotifyが、ポッドキャスト制作・配信企業のGimlet MediaとAnchorを買収する。Spotifyは年内に最大5億ドルを投じ、ポッドキャスト関連企業をさらに買収していく計画だ。音楽だけでなく、「オーディオファースト」なサービスを目指す。(2019/2/7)

企業戦略:
図研、MBSEソリューション分野への本格参入に向けて米Vitechを買収
図研は、システムズエンジニアリング分野で20年以上の実績を誇る米Vitech Corporationの全株式買い取りに向けて基本合意書を締結したことを発表した。(2019/2/5)

ビール事業の活路探る:
オリオンビール買収の行く末は?
オリオンビールが、野村ホールディングスと米投資ファンドのカーライル・グループによる買収を受け入れた。厳しい環境にあるビール事業をどう発展させるのか。新体制の手腕が試されている。(2019/1/30)

Dropbox、デジタル署名サービスのHelloSignを2億3000万ドルで買収
オンラインストレージのDropboxが、デジタル署名サービスのHelloSignを約2億3000万ドルで買収する。HelloSignは「Dropbox Extensions」の立ち上げパートナーの1社だ。(2019/1/29)

CIツールを無料提供するTravis CI、Ideraが買収 今後も「独立を維持」
オープンソースのCI(継続的インテグレーション)ツールを提供しているTravis CIが、Ideraに買収された。(2019/1/28)

Microsoft、PostgreSQLデータベースをスケールアウトできる「Citus Data」を買収 「オープンなプラットフォームの構築にコミット」
米Microsoftが、Citus Dataを買収。同社はPostgreSQLをスケールアウト可能な分散データベースに変えられるOSSを提供している。(2019/1/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。