「買収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「買収」に関する情報が集まったページです。

IBM Champion for Cloud 2019が評価:
PR:IBMのRed Hat買収の成果「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」によって、複雑なマルチゾーンのOpenShiftクラスタの構築はどれほど簡単になるのか?
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。今回はIBM Champion for Cloud 2019に選出された平岡大祐氏に、その知見・ノウハウを体感できる記事を執筆していただいた。昨今のDXトレンドなどについて聞いたショートインタビューとともに、3回にわたって「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」の実践的な活用方法をお届けする。(2019/10/18)

「PayPayモール」オープン ZOZOなど「厳選600社」が出店、最大16%相当の還元
ヤフーがECサイト「PayPayモール」のWeb版をオープン。同社の基準を満たした約600店舗が順次出店する。近く買収完了予定のZOZOが運営する「ZOZOTOWN」も加わる予定だ。(2019/10/17)

CAEニュース:
構造解析ソフトウェアの開発元を買収、ソリューションを強化
ANSYSは、構造解析ソフトウェア「LS-DYNA」の開発元であるLivermore Software Technologyを買収する最終契約を締結した。買収により、構造、流体、電磁気学、光学、安全および機械学習領域のシミュレーションが強化される。(2019/10/16)

「コンテナプラットフォーム」の次は?:
IBMによるRed Hatの買収は、OpenShiftの製品戦略に影響を与えるのか
IBMによるRed Hatの買収は、ハイブリッドクラウドに向けたRed Hatが有する資産の中核といえる、「Red Hat OpenShift Container Platform」の製品戦略に影響を与えるのか、与えないのか。同製品の今後と合わせ、レッドハットのクラウドプラットフォームビジネスユニット製品担当バイスプレジデントであるジョー・フェルナンデス氏と、同クラウドプラットフォームビジネスユニットの製品担当、マリア・ブラッチョ氏に聞いた。(2019/10/2)

メルカリ、会長と社長が交代 山田進太郎氏が社長に復帰
メルカリの社長と会長が交代。創業者の山田進太郎氏が社長に復帰し、社長職だった小泉文明氏が会長に。小泉氏は8月に買収した鹿島アントラーズの社長に就任しており、今後、アントラーズの経営や対外的な折衝に専念するため、社長職を山田氏に譲る。(2019/9/30)

GoogleによるLooker買収の狙い【後編】
Googleによる買収でLookerは「AWS」「Azure」では使えなくなるのか
新興BIツールベンダーLookerをGoogleが26億ドルで買収する。これを一大事だと見ているアナリストもいる。どういうことかというと……。(2019/9/27)

Facebook、非侵襲的神経インタフェースのCTRL-labsを買収 VR/AR部門強化
Facebookが、リストバンド型の無線操作端末を開発するCTRL-labsを買収した。このリストバンドは、脊髄から手に送られる操作指示の電気信号をデコードし、PCなどが理解できる信号に変換して無線でPCなどを操作するというものだ。(2019/9/24)

組み込み開発ニュース:
クアルコム社長「5Gは電力と同じになる」、TDKとの合弁企業買収の狙いも説明
クアルコム ジャパンは、東京都内でクアルコム(Qualcomm)米国本社の社長を務めるクリスティアーノ・アモン氏の来日会見を開催した。(2019/9/24)

GoogleによるLooker買収の狙い【前編】
Google Cloudの分析機能強化に「Looker」が必要だった理由
Googleが26億ドルでビジネスインテリジェンス(BI)の新興ベンダーLooker買収を決めた。「Google Cloud」に組み込まれるLookerは、Amazon Web ServicesやMicrosoftといったライバルに対抗するための強力な武器になる。(2019/9/20)

GitHub、GoogleやNASAも使うコード分析ツール提供のセキュリティ企業Semmleを買収
Microsoft傘下のGitHubが、コード分析ツールを提供するセキュリティ企業Semmleを買収した。この買収はGoogleやNASAなどの個客には影響せず、引き続きツールをオープンソースで提供していく見込み。GitHubは同日CVEナンバリング機関として承認されたことも発表した。(2019/9/19)

流通額はZOZOの2倍:
ヤフー・ZOZOに追われる楽天 「ファッション事業強化宣言」も具体策は見えず
楽天がファッション事業の新構想を発表。TOKYO Fashion Weekのスポンサー契約を結ぶなどファッションを強化中の楽天。ZOZOの買収を発表し、PayPayモールの起爆剤として追いかけたいヤフーだが、まだまだ差は大きそうだ。(2019/9/19)

ローランド、DAWに再参入 米企業買収でiOS、AndroidからMac、PCまで対応するZenbeats投入
基本無料の音楽制作アプリをローランドが公開。4つのOSに対応する。(2019/9/18)

ZOZO身売り会見で分かった「前澤不要論」と「手切れ金」 これまでの経営とは真逆に……新社長が明言
ヤフーがZOZOの買収を発表した12日、記者会見で明かされたのは、同日付でZOZO社長を退任した前澤友作氏(43)の「不要論」だった。保有株を金融機関の担保に入れていた創業者の前澤氏にとって、ヤフーへの身売りで手に入る約2400億円は巨額な“手切れ金”となった。(2019/9/17)

キーワードは「DX」「マルチクラウド」:
PR:ロードバランサー/プロキシサーバの両雄、F5とNGINXが統合した本当の理由
2019年3月、F5 NetworksはOSS企業のNGINXを買収した。なぜ、F5 NetworksはNGINXを統合したのか。F5ネットワークスジャパンの権田裕一氏と中島健氏に、市場の動向、統合の狙いや今後の展開、ユーザー企業に対するメリットなどを聞いた。(2019/9/10)

広告事業と並ぶ2本柱に:
ヤフーのZOZO買収、コマース事業の成長を加速する4つのポイント
Yahoo! JAPANの主要顧客は30〜40代でZOZOTOWNは20〜30代。「両社の顧客層は相互補完的」とヤフー社長の川邊 健太郎氏は強調する。(2019/9/13)

ZOZO買収 「打倒アマゾン・楽天」が悲願の孫氏
ヤフーはZOZOの顧客基盤を取り込み、注力するスマートフォン決済との連動でネット通販を強化する。(2019/9/13)

ZOZO買収 「打倒アマゾン・楽天」が悲願の孫氏
ネット通販を成長の柱のひとつに据えるヤフーにとり、ZOZOは相乗効果が見込みやすい買収相手だ。ZOZOの株価が低迷し、割安感もあった。両者の橋渡しをしたソフトバンクグループの孫正義会長兼社長にとっても「打倒アマゾン・楽天」は悲願。ヤフーはZOZOの顧客基盤を取り込み、注力するスマートフォン決済との連動でネット通販を強化する。(2019/9/13)

ヤフーがZOZO買収に至った理由とは? ヤフー・ZOZO・前澤氏、三者三様の思惑
ヤフーがZOZOを買収する方針を発表し、ビジネス界を驚かせた。同日、両社とZOZOの前澤前社長が記者会見を開催。そこで語られた、提携の狙いと背景にある思いとは?(2019/9/12)

ZOZO株が年初来高値更新 ヤフー傘下入りを評価
 12日の東京株式市場で、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO株価が急騰した。ヤフーが朝方、ゾゾ買収を発表すると、成長を期待した買い注文が殺到。ゾゾは一時、前日終値から18.9%高の2575円と年初来高値をつけた。終値は前日比291円高の2457円。東京証券取引所1部の売買代金トップとなり、市場全体を活気づけた。(2019/9/12)

「ヤフーがZOZO買収」にネット騒然 前澤社長「僕は新しい道へ」
ヤフーがZOZOを買収する――12日朝に飛び込んできたニュースにネットは騒然。Twitterトレンドに「ZOZO」や「前澤さん」「前澤社長」が入っている。(2019/9/12)

ZOZO、ヤフーが買収・子会社化 ファッションECを強化 前澤氏は社長退任し「新たな道」
買収総額は4000億円に上ります。(2019/9/12)

ヤフー、ZOZOを買収へ 前澤社長は退任
ヤフーが「ZOZOTOWN」を運営するZOZOを買収する方針を発表。株式公開買い付け(TOB)を実施し、連結子会社化を目指す。(2019/9/12)

新型iPhoneは5G未対応……:
Appleの5Gモデム事業成功に立ちはだかる壁
Appleは、Intelのモデム事業部門を買収した後、高性能5G(第5世代移動通信)モデムの構築を実現するという、急坂を登らなければならない課題に直面している。RFチップメーカーの買収が必要になる可能性さえありそうだ。(2019/9/12)

Microsoft、「Wunderlist」の機能を統合した新生「Microsoft To Do」公開
Microsoftアカウントでマルチプラットフォームで使えるタスク管理ツール「Microsoft To Do」(旧「Microsoft To-Do」)がアップデートした。2015年に買収した「Wunderlist」の背景画像もあり、移行を呼び掛けている。(2019/9/10)

VMworld 2019:
VMware、Pivotal買収の意図と今後
VMwareは2019年8月下旬に開催した年次イベント「VMworld 2019」で、前週に発表したPivotal Softwareの買収(まだ完了はしていない)について説明した。これは同社のこれまでの事業、そしてKubernetes戦略の枠内にも収まりきらない取り組みだ。同買収の文脈を追った。(2019/9/10)

湯之上隆のナノフォーカス(17):
大赤字計上の東芝メモリ、台湾Lite-onのSSD事業買収で弱点克服へ
東芝メモリは2019年8月30日に、台湾Lite-on Technology(ライトン テクノロジー/以下、Lite-on)のSSD事業を1億6500万米ドル(約173億円)で買収すると発表した。この買収が東芝メモリの業績を向上させる可能性について、メモリメーカー各社の営業損益を比較しつつ考察する。(2019/9/9)

買収から2年、技術融合の成果アピ―ル:
電池事業を本格化する村田製作所、蓄電池工場を公開
 村田製作所が、電池事業の展開を本格化させている。ソニーの法人向け電池事業を買収して約2年が経過した2019年8月28日、東北村田製作所の郡山事業所(福島県郡山市)を報道関係者に公開。技術融合による初製品である「家庭用蓄電システム」など、電池事業に関する最新の取り組みを説明した。(2019/9/10)

VMworld 2019:
なぜCarbon Black買収なのか、セキュリティ市場に本格参入するVMwareの戦略
 VMwareは2019年8月下旬に開催した年次イベント「VMworld 2019」で、前週に発表したCarbon Blackの買収について説明した。同社は、エンタープライズセキュリティ市場に本格参入することになる。そこで買収相手としてCarbon Blackを選んだ理由とVMwareのセキュリティ戦略について取材した。(2019/9/4)

MVNOに聞く:
DMM mobile買収の衝撃 “MVNOの楽天モバイル”はどこに向かうのか?
楽天モバイルのMNO事業開始から3カ月を切ったタイミングでのDMM mobile買収は、業界に大きな衝撃を与えた。楽天モバイルは買収の理由として「顧客基盤の強化」を挙げている。MNOへの新規参入を控えたこの時期に、なぜあえて他のMVNOを買収したのか?(2019/8/30)

ヨドバシのポイントカード、石井スポーツに導入
ヨドバシHDは、4月に買収したアウトドア用品店・ICI石井スポーツとアートスポーツの各店舗に、「ヨドバシゴールドポイントカード」のシステムの導入を完了し、運用を始めた。(2019/8/26)

事業分野の広がりを象徴:
VMwareがPivotalとCarbon Blackの買収を発表
VMwareは2019年8月22日(米国時間)、Pivotal Softwareの買収で2社が確定的合意に至ったと発表した。また、VMwareは同日、エンドポイントセキュリティのCarbon Black買収に関する確定的合意を発表した。いずれもVMwareにおける事業フォーカスの広がりを象徴している。(2019/8/23)

オンプレミス版ユーザーの行方など
Salesforceによる買収がTableauユーザーに与える影響とは?
SalesforceがTableauを買収したことにより、Tableauユーザーがクラウドへの移行を迫られるのか、またTableauの進化のスピードが影響を受ける可能性があるのかは、まだ不明だ。(2019/8/23)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
日本企業が欧米のアニメ・マンガ業界“支配”に挑む!? 相次ぐ買収劇に潜む「真の狙い」とは
日本企業が欧米のオタクコンテンツ系企業を相次ぎ買収している。あまり話題にならないニュースだがアニメ・マンガ業界の大転換も。アニメ・映像報道の第一人者、数土直志氏が斬る。(2019/8/22)

「収益構造の多様化」を強調:
ams、48億米ドルで再びOsramに買収を提案
近年、半導体産業ではM&A(合併買収)の情勢が過熱している。センサー開発を手がけるオーストリアのamsは2019年8月11日(現地時間)、48億米ドル(約43億ユーロ)でOsramに買収を提案したことを明らかにした。(2019/8/21)

SIE、PS4「スパイダーマン」の開発元・Insomniac Gamesを買収へ
SIEは8月20日、PlayStation 4向けヒットゲーム「Marvel's Spider-Man」などを手掛けた米ゲームメーカーのInsomniac Gamesの全てを買収すると発表した。買収を通じ、オープンワールドでストーリー性を重視したゲーム開発を強化するとしている。(2019/8/20)

VMwareがPivotal Softwareの買収を交渉中、Pivotalが正式に認める
Spring FrameworkやPaaS型クラウド基盤Cloud Foundryの開発を主導していることなどで知られるPivotal Software社。VMwareがこの企業に対して買収交渉をしていることを、Pivotal Softwareが正式に認めました。Pivotalの現在の株式は8ドル30セント程度であり、VMwareが提案している1株あたり15ドルは十分によい条件のようにみえます。(2019/8/19)

車載機器向け仮想開発環境を拡充:
Synopsys、QTronic買収で最終合意
Synopsys(シノプシス)は、車載ソフトウェアやシステム開発向けシミュレーション/テスト・ツールベンダーのQTronicを買収することで最終合意した。(2019/8/20)

データセンター向け戦略を加速:
ザイリンクス、SolarflareのSmartNIC技術を統合
ザイリンクスは、Solarflare Communicationsの買収を全て完了し、Solarflareの「SmartNICテクノロジー」をザイリンクス製品に統合した。(2019/8/19)

アサヒグループHD、電光石火の豪ビール事業1兆円超買収劇
アサヒグループホールディングス(HD)が7月、世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)からオーストラリアのビール事業を買収する契約を結んだ。取得額は1兆2000億円超。国内ビール市場が縮小する中、「世界的な『プレミアムビールメーカー』を目指すために欠かせない」というのが理由だ。(2019/8/16)

Kubernetesへの取り組みに関連:
VMware、「Pivotal買収につながる可能性のある協議」を開始と発表
VMwareは2019年8月14日(米国時間)、「Pivotalの買収につながる可能性のある協議」を2社が始めたことを、明らかにした。あくまでも「買収につながる可能性のある協議」であり、何らかの決定がなされたわけではない。(2019/8/15)

WordPress.comの運営会社、TumblrをVerizon Mediaから買収
Verizonが、傘下のブログサービスTumblrをAutomatticに売却すると発表した。AutomatticはブログサービスWordPress.comを運営している。(2019/8/13)

業務を効率化するITツールの最新事情:
話題のSlackを導入するコツは? 基本と活用を解説
ビジネスチャットツールの現在の潮流を作ったのはSlack Technologiesの「Slack」であり、その潜在性はMicrosoftが同社買収を巡ってトップ間で激論があったことからもうかがえる。今回はそのSlackの基本から、活用までの情報をまとめたい。(2019/8/9)

単独インタビュー:
瀕死のシャープを復活させた戴正呉氏が社長退任へ 後継者に求める条件は?
鴻海精密工業が買収したシャープを復活させ、再び成長軌道へ導いた戴正呉会長兼社長が2019年度中の社長退任を明らかにした。「次の100年」に向けた中期経営計画を託す次期社長像を聞いた。(2019/8/8)

ソフトバンクG孫社長、投資戦略の過去と未来を語る 「Sprintは悪くなかった」「Vision Fund第2弾を3カ月以内に始める」
ソフトバンクグループの孫社長が「長年、懸案だったSprint問題に決着がつきそうだ」と安堵。13年の買収後、Sprintは業績悪化が続き“SBGのお荷物”との見方もあったが、孫社長は「投資のリターンは悪くなかった」と振り返った。(2019/8/7)

ベンチャーがJリーグに熱視線 鹿島の次に買収されるクラブは?
J1神戸のオーナーの楽天・三木谷浩史会長兼社長は2日開いたビジネスカンファレンスで、メルカリが約16億円でJ1鹿島を買収したことについて「メルカリさんが(Jリーグに)ベンチャーの仲間として参入してきてくれた」と歓迎の意を示した。(2019/8/6)

CAEニュース:
シミュレーションには高品質な材料情報が不可欠、ANSYS+Grantaがもたらす効果
ANSYSの日本法人であるアンシス・ジャパンは、材料情報技術を有するGranta Design(Granta)を買収した背景と、ANSYS製品として今後どのような展開を図っていくのかを説明した。(2019/8/6)

先行事例にみる「SD-WAN」の導入成果【中編】
急成長のバイオテクノロジー企業が「SD-WAN」を必要とした理由
M&A(統合・買収)や海外進出を進める企業にとって、「SD-WAN」がネットワーク構築に役立つ可能性がある。大規模な事業拡大を進めるバイオテクノロジー企業BioIVTがSD-WANを導入した事例を紹介する。(2019/8/1)

Microsoft、データガバナンスのBlueTalon買収 Azure Data Governanceに統合
Microsoftがデータガバナンスツールを手掛ける新興企業BlueTalonを買収した。Azure Data Governanceチームに統合し、データプライバシーとガバナンスを強化していく狙い。(2019/7/30)

ファストフード業界に大変革
McDonald'sがビッグデータ分析企業を買収した“納得の理由”
大手ファストフードチェーンのMcDonald'sが、ビッグデータ分析ソフトウェアを提供するDynamic Yieldを買収した。目的は、ドライブスルーとネット注文の顧客体験をパーソナライズすることだ。(2019/7/30)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
やっぱり来た「AppleのIntelモデム事業買収」
来るとは思っていましたが、予想以上に早かったですね。(2019/7/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。