「農作物」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「農作物」に関する情報が集まったページです。

大山聡の業界スコープ(17):
人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察
今回は、IoTを活用したサービスを提供する側のビジネスモデルを考える。どんなデータや情報が価値を生むのか、どうすればビジネスとして成立するのか、といったことを具体的にイメージしていく。(2019/5/22)

ソーラーシェアリング入門(14):
大学教育とソーラーシェアリング、次世代を担う人材を育てるために
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの持続的な発展を実現するために欠かせない、次世代の人材育成について考察します。(2019/5/7)

“衛星×ドローン×AI”で水稲の育成診断と病害虫予測――NTT、JAふくしま未来らが実証実験
NTTグループ、ふくしま未来農業協同組合らは、準天頂衛星「みちびき」の測位情報を利用するドローンと画像解析AIを活用し、水稲の育成状況診断や病害虫の早期発見・予防を実現する「スマート農業」の実証実験を開始。収量量の最大30%増と品種向上を目指す。(2019/4/22)

組み込み開発ニュース:
可視光域と近赤外線域で同時撮影できる1億2000万画素CMOSセンサー
キヤノンは、1億2000万画素CMOSセンサー「120MXSI」を発売した。可視光域と近赤外線域で同時に撮影できるため、工場での検査や計測、農業、医療など幅広い分野への応用が期待できる。(2019/4/19)

「寄生虫ダイエット」その効果は? 群馬大と国立感染症研究所チームが発表
群馬大学と国立感染症研究所のチームが、「寄生虫によるダイエット効果」に関する研究結果を発表した。都市伝説のように伝えられていた「寄生虫ダイエット」だが、研究で何が明らかになったのか。そしていつ実用化されるのか。共同研究者に聞いた。(2019/4/16)

田んぼ専用AI、水稲の生育状況や病害虫・雑草を診断へ――NTTデータが試行サービスを開始
NTTデータとNTTデータCCSは、AIと画像解析技術を活用した水稲の「生育診断ソリューション」と「病害虫・雑草診断ソリューション」を開発。営農管理ツール「あい作」のオプションとして、2019年4月1日から1年間の試行サービスを開始した。適切なタイミングでの施肥や病害虫・雑草の防除を支援する。(2019/4/11)

ジャパン・ドローン2019:
“4G LTE”を武器に「KDDI」が6月からドローン点検に本格参入、「プロドローン」「ゼンリン」「テラドローン」などと協力
KDDIは、民間ドローン専門展示会「ジャパン・ドローン2019」で、2019年6月から商用での提供を開始する「スマートドローン」のプレゼンテーションを行った。スマートドローンは、KDDIの携帯通信ネットワークに対応し、遠隔制御による安全な長距離飛行を可能にする多様な用途に応じた新サービスだ。(2019/4/9)

山から食卓へ「顔が見えるジビエ」実現? 長野市が富士通のシステム導入、一括管理へ
ジビエの地域資源化を目指す長野市は、新設したジビエ処理施設「長野市ジビエ加工センター」に、富士通の「ジビエ商品管理システム」を導入。ジビエに個体識別番号を付与して、捕獲から販売までを一元管理することで、食品トレーサビリティーを提供し、安全・安心なジビエの安定供給を図る。(2019/4/8)

ICT活用でイノシシ被害対策を効率化? ジビエを資源に地域産業の創出も――木更津市とNTT東日本が共同実証
木更津市とNTT東日本は、共同でICTを活用した鳥獣害対策の実証実験を行う。農作物への被害を食い止めるための捕獲対策の検証に加え、ジビエ加工を手掛ける企業も参画し、食用肉への加工、販売を担う地域産業の創出を目指す。(2019/4/1)

住宅街で目撃されたナゾの団子状のかたまりの正体は……!? ミツバチの引っ越しがインパクト大だと話題に
このときのミツバチは温和ということで安心。(2019/3/25)

スマートアグリ:
ヤマハ発動機のスマート農業基盤「YSAP」、ドローンや無人ヘリコプター活用に特化
ヤマハ発動機と国際航業、トプコン、ウォーターセルの4社は、農業用ドローンや無人ヘリコプターによる農薬散布、施肥の作業や運航のデータを管理するヤマハ発動機のソフトウェアサービス「YSAP」の提供に向けて協業を開始すると発表した。(2019/3/11)

園長に聞く:
展示と“幸せ”は両立するか V字回復した動物園が向き合い続ける「矛盾」
閉園危機から復活し、注目されている大牟田市動物園。動物の生活の質を高める取り組みを強化し、動物を取り巻く社会問題について広く発信している。一方で、そこに潜む“矛盾”とも向き合い続ける。動物園の在り方について、園長にインタビューした。(2019/3/1)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(8):
太陽光発電所での農薬利用、「法令違反」を避けるための注意点
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の1つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は雑草対策に農薬を利用する場合に注意したいポイントについて解説する。(2019/2/14)

ウシオオプトセミコンダクター Spectro Series:
世界最高出力160mWのブロードバンドLED
ウシオオプトセミコンダクターは、可視光から近赤外光を含む波長400〜1000nmの広帯域で発光する、世界最高出力160mWのブロードバンドLED「Spectro Series(スペクトロシリーズ)」を開発し、サンプル出荷を開始した。(2019/1/28)

ソーラーシェアリング入門(9):
農業と発電を両立させるために、ソーラーシェアリングのO&Mはどうすべきか?
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は農業と発電を両立させるソーラーシェアリングに求められる「運用保守(O&M)」の在り方について解説する。(2019/1/28)

サプライチェーンのさまざまな場面に適用
食料廃棄問題の解消にも役立つ最新技術「フードテック」とは?
食料廃棄という大きな問題を解決するための技術が登場している。食品を長持ちさせる、農業の生産性を上げる、物流を管理するなど、アプローチはさまざまだ。(2019/1/13)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(7):
雑草対策に使う前に、太陽光発電事業者が知っておきたい農薬の安全性
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の1つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は雑草対策に利用されることもある農薬について、その安全性や関連する法制度について解説する。(2018/12/27)

パナと三井化学、ベンチャー主導で新事業に挑戦
デジタル化の急速な波が押し寄せる中、大企業の経営資源とベンチャーのアイデアを組み合わせて事業を生み出す「オープンイノベーション」が加速している。(2018/12/25)

スマートアグリ:
AIを活用した農作物の生産量予測システムを共同開発
富士通は、高知県およびNextremerと共同で、農作物の生育から出荷までのデータを一元管理し、AI(人工知能)を活用して生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」を開発した。(2018/12/20)

第273回 NRIメディアフォーラム:
2024年、産業用ドローン市場は1500億円規模に――活躍が期待される5つの領域
野村総合研究所(NRI)は「第273回 NRIメディアフォーラム」を開催。「2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望」をテーマに、注目市場およびトピックに関する動向と将来予測を解説した。本稿ではその中から「産業用ドローン市場」の話題について取り上げる。(2018/12/17)

「インパクトありすぎ」「センスの塊」 福山雅治、シュールすぎる “コラージュ写真”連投でファンを困惑させる
どういう発想?(2018/12/11)

自然エネルギー:
捨てるナガイモで再エネ創出、青森に食品廃棄物を活用するバイオガス発電所
青森県東北町で廃棄するナガイモの食品残渣を利用するバイオガス発電所が稼働。ナガイモの残渣で作ったメタンガスを利用し、年間36世帯分に相当する発電量を見込む。(2018/12/10)

AIで農作物の生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」 安定的な生産と取引を支援――高知県、富士通らが共同実証
高知県、富士通、Nextremerは、農作物の生育や出荷に関わるデータを一元管理し、AIで生産量を予測する「高知県園芸品生産予測システム」の実証実験を開始する。生産性と品質向上に向けた営農指導や、安定的な農作物の生産と取引の実現に向け、2019年3月の本運用を目指す。(2018/12/4)

モノづくり最前線レポート:
植物工場のコツは徹底した運用コストの低減
農作物の生産、加工、流通にかかわる技術や製品が展示される専門展示会「アグリ・ビジネス・ジャパン2018」(2018年9月26日〜28日、東京ビッグサイト)の講演に、新日邦 808FACTORY アグリ事業部 事業部長の甲斐剛氏が登壇。「植物工場ビジネスの成功者に聞く事業化の秘訣」をテーマに、同社が展開する大規模完全人工光型植物工場「808FACTORY」の状況を紹介した。(2018/11/26)

リアルタイム異常検知システム:
PR:正常品データだけで構築可能なAIが熟練工を全数目視検査から解放する
工場内にはいまだに熟練作業者が目視で製品の品質検査を行っているラインが数多く残っている。この課題を解決すべく、システムインテグレータが2018年10月24日にリリースしたのが「AISIA-AD」だ。熟練工による全数目視検査の負荷を大幅に軽減できる、現実的なAI異常検知ソリューションとなっている。(2018/12/3)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
今、B2Bマーケターが熱い 10月に最も読まれた記事を振り返り
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2018/11/15)

小さな南の島の文化:
600年以上続く沖縄・竹富島の祭りに、廃れゆく地域が習うべき姿があった
竹富島で600年以上も前から毎年行われている「種子取祭」をご存じだろうか。この祭りと、それを作り上げる島民たちから、日本のほかの地域が学べることは多い。(2018/11/8)

ソーラーシェアリング入門(5):
ソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイント
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイントについて解説する。(2018/11/5)

思い出を写真集にして渡す恐ろしさ……! 祖母を車でテーマパークに連行する無慈悲な行為が投稿される
これが孫のすることか……(泣)。(2018/10/29)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(6):
雑草対策に使うその前に、太陽光発電事業者が知っておきたい農薬知識
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、運用課題の一つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は雑草対策に利用される、農薬についての基礎知識について解説する。(2018/10/22)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(1):
世界で広がるESG投資、企業も気候変動対策を無視できない時代へ
気候変動対策への取り組みが、企業価値にも影響を与える時代になりつつある現在。本連載では「パリ協定」以降における企業の気候変動対策の動きについて概説し、各種イニシアチブの紹介や、それらが設立に至った背景、そして実際の企業の動きについて実例を交えて紹介する。(2018/10/17)

製造業のIoTスペシャリストを目指そうSeason2(2):
IoTの登場で求められる製造業のビジネスモデル変革
製造業でIoTを導入したプロジェクトを成功させるには、幅広い知識が必要です。今回は、従来のモノ売り型のビジネスモデルから、ユーザー課題を解決する(ニーズを満たす)ソリューション提供へと変革が迫られる製造業のビジネスモデルの在り方について取り上げます。(2018/10/16)

今日のリサーチ:
フリマアプリで「米」や「野菜」など農作物の取引が急速に拡大──楽天調査
楽天は、フリマアプリを使った農作物の取引実態について調査しました。(2018/10/5)

ソーラーシェアリング入門(3):
多種多様なソーラーシェアリング、知っておきたい設備の基本
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリング設備の種類やポイントについて解説する。(2018/10/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
牙をむき始めたトランプ政権 対日貿易交渉で自動車産業はどうなる?
米国・トランプ政権が日本をターゲットにした貿易交渉に動き始めた。日本側が米国の要求をすべて拒否するのは難しく、何を捨てて何を取るのかという選択になるのはほぼ確実といってよい。(2018/9/28)

ソーラーシェアリング入門(2):
ソーラーシェアリングはどこまで広がったか、導入件数とその実態
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は日本での導入実績や、近年の制度改正について解説する。(2018/9/25)

その気になればできる! 太陽光から電力・農業・住宅への挑戦:
PR:地域ビジネスの最前線! 再エネを活用した地方創生の成功モデル
(2018/8/29)

経済財政白書2018を読み解く(前編):
Society 5.0がもたらす産業の変革とは何か
内閣府はこのほど平成30年度年次経済財政報告(経済財政白書)を公表した。この経済財政白書の第3章「Society 5.0に向けた行動変化」を2回に分けてまとめた。前編はSociety 5.0により可能となる産業や社会生活について紹介する。(2018/8/22)

第34回国際農機展レポート:
自動運転農機が脚光浴びた「第34回国際農機展」、GPSトラクターは安くなるのか
「第34回国際農業機械展in帯広(第34回国際農機展)」では、4年前の前回に萌芽を見せた農業ICTがさらに大きく進展していることを印象付ける展示会となった。無人での運転と作業が可能な自動運転農機が脚光を浴びる一方で、有人ながらGPSによる自動操舵が可能なGPSトラクターの低価格化ソリューションにも注目が集まった。(2018/8/20)

北海道 黒岳で初雪!
(2018/8/17)

スマートアグリ:
枝豆の売価が3倍になるピンポイント農薬散布技術、オプティムが農家に無償提供
オプティムが東京都内で「スマート農業アライアンス」の成果発表会を開催。減農薬による付加価値で枝豆の売価が3倍になった「ピンポイント農薬散布テクノロジー」を無償提供することで、農家にとってリスクのないスマート農業の普及に乗り出すことを明らかにした。(2018/7/30)

10年かけてプロになる世界を、2年で黒字化できる世界へ:
「いつからうちはシステム屋になったんだ」――社内の声に負けじと実践したネポンのデジタル変革とは
多くの業種、業態でデジタルトランフォーメーションが起きている。それは農業も例外ではない。農業機器の生産販売を60年以上続けているネポンが実践した、デジタルトランフォーメーションとは。(2018/8/1)

田舎の価値:
地方が生き残るためには? 四万十ドラマ社長が語る地域おこし成否の鍵
「日本最後の清流」と言われる四万十川。この流域に、地域おこしで有名な会社がある。「四万十川に負担をかけないものづくり」をコンセプトに掲げ、地域に根ざした事業展開をしている四万十ドラマだ。(2018/7/24)

気象庁、異常天候早期警戒情報を発表 7月24日〜8月2日はほぼ全国が平年以上に暑くなる見込み
地図が赤いよう。(2018/7/20)

自然エネルギー:
青森の「ながいも」でバイオガス発電、排熱は冬場の農業に活用
青森県東北町で名産品であるながいもの残さを活用したバイオガス発電事業が始動。発電時に発生する排熱はビニルハウスに供給し、冬場でも農業を可能にする。(2018/7/6)

デカ過ぎて合成画像みたい “戦後沖縄のタンパク源”だった世界最大のカタツムリ「アフリカマイマイ」
通った跡も触ってはいけない危険な生物。(2018/7/5)

メルカリが5周年 「総取引件数2.8億回」「最高額商品は315万円のダイヤ」など歴史を数字で振り返る
一番「いいね」を集めたのは、子どもが出品した「ドングリ」。(2018/7/3)

マシンビジョン向けなどに期待:
amsがイメージセンサー事業を強化、日本で設計開始
amsは、日本市場でイメージセンサー事業を強化する。その一環として、日本に技術者を常駐させイメージセンサーの設計を始めた。(2018/6/1)

研究開発の最前線:
ゴムのしなやかさと樹脂の強靭さ併せ持つ、ブリヂストンの新材料は無限の可能性
ブリヂストンは2018年5月17日、東京都内で会見を開き、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた「世界初」(同社)のポリマー材料「High Strength Rubber(HSR)」の開発に成功したと発表した。2020年代をめどに事業化を進めるとともに、オープンイノベーションによって開発を加速し、タイヤなどブリヂストンの事業範囲にとどまらない展開の拡大も目指す。(2018/5/18)

自然エネルギー:
ソーラーシェアリング普及へ規制緩和、農地転用期間を10年に
農林水産省は営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の普及促進に向けて、農地の転用許可に関するルールを緩和した。一部の条件を満たす場合に限り、一時転用期間を3年から10年に延長する。(2018/5/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。