「ブランド戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

キャリアのオンラインショップ利用率は11.6%、サブブランドは高めに MCAの調査
MCAは、キャリア公式オンラインショップに関する調査結果を発表。公式オンラインショップ全体の利用率は11.6%で、NTTドコモは12.5%と平均を上回る。サブブランドは相対的に利用比率が高くなっている。(2020/6/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
副業の優等生、JR九州が放置した「傾斜マンション」の罪
JR九州が1995年に販売したマンションで杭工事の不具合があったと発表した。20年以上の間、住民からの訴えを否定し続けてきたのが実態だ。住民はJR九州のブランドを信頼して購入しただろう。真摯に対応するきっかけはこれまでにもたくさんあったはずだ。(2020/6/5)

楽天モバイルに聞く「Rakuten Mini」開発秘話 なぜ自社ブランド端末が必要だったのか
楽天モバイルがMVNO時代から注力していたのが端末ラインアップだ。MNOのサービス開始に合わせて、自社ブランドの「Rakuten Mini」を投入した。Rakuten Miniの開発や販売に携わった楽天モバイルのメンバーに、同モデルの特徴やラインアップ全体の方向性を聞いた。(2020/6/4)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
LGスマートフォンの新ブランド「VELVET」は何が新しい?
LGエレクトロニクスが、スマートフォンの新ブランド「VELVET」を発表しました。製品はファッション性も意識しており、30代の女性をメインターゲットにしています。本体を持ってみて一番印象に残るのは「軽さ」です。(2020/6/3)

憧れの家具ブランドがミニチュアに 「カリモク60」のミニチュアフィギュア第2弾が登場
ちょっとリッチなあのキャラクターフィギュアの隣に置きたい。(2020/6/2)

Webサイトで質問に答えると「あなたのための香り」が分かる オーダーメイド香水ブランド「LIBERTA PERFUME」がデビュー
ギフトにも良さそう。(2020/6/1)

レノボ、「キャラ弁」写真投稿で3名に「ThinkPad X1 Carbon」をプレゼントするTwitter連動コンテスト
レノボ・ジャパンは、ThinkPadブランドの魅力の再発信を目的とした「ThinkPadキャラ弁コンテスト」を開始した。(2020/6/1)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの弱点を突く「UQ mobile」の新料金プラン “サブブランド化”も意識
UQ mobileが6月1日に月額2980円の新料金プラン「スマホプランR」を導入する。あわせて、夏モデルとなるミドルレンジスマートフォンを3機種発表した。新料金と新端末を投入する、UQ mobileの狙いを読み解いていきたい。(2020/5/30)

大きな試練に:
withコロナの時代、B2Bマーケティングはどうなるか
これからビジネス界は本当に大きな試練に挑むことになる。それは、我々マーケティングに携わる者においても例外ではなく、クライアント(ブランド)側、パートナー(施策実施)側にしろ、これからの「withコロナの時代」、どのように、商品サービスのマーケティングを考え、実施していけばいいのか。(2020/5/30)

生理用品ブランド「Nagi」からナプキンなしで過ごせる吸水ショーツが誕生 生理中でもチルアウトできそう!
経血量に応じて選べる3タイプがあります。(2020/5/28)

産業動向:
ブリッツワークスがケンカツと提携、アフターコロナの採用難に対策
ファッションブランド「BMC」を運営するブリッツワークスは、建設職人採用マッチングサービス「ケンカツ」との業務提携を開始した。BMCとケンンカツが相互のユーザーを送客できる導線を設け、シナジー効果を目指す。(2020/5/28)

「ブランドにこだわらず大好きな服を着よう」 店員さんの意外な一言で、お洋服がもっと好きになった話
当たり前だけど、意外と気づかない。(2020/5/27)

米国の老舗食品ブランドが、コロナ危機で再興している秘密
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、航空業界やホテル業界などが苦戦している。そんな中で、チャンスをつかもうとしている企業もでてきている。加工食品を扱う、大手食品メーカーだ。(2020/5/27)

「GU」韓国撤退、実店舗はどうする?
ファーストリテイリングは21日、低価格ブランド「ジーユー(GU)」の韓国の全店にあたる3店舗を8月前後に閉店し、同国内での店舗営業を停止すると発表した。(2020/5/22)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがUQモバイルを吸収し、サブブランド化――いっそのことUQとWCPは親会社と合併すればいいのでは
KDDIが、沖縄県以外における「UQ mobile」事業を引き継ぐことになった。これにより、UQ mobileは「MVNO」から「サブブランド」という位置付けとなるが、本来はUQコミュニケーションズを“丸ごと”吸収合併した方がさらにスッキリするような気もする。これは、Y!mobileブランドとWireless City Planningを擁するソフトバンクも同様だ。(2020/5/22)

Y!mobileの「Xperia 10 II」は5月29日発売 直販価格は5万4000円(税込み)
Y!mobileブランドの「Xperia 10 II」の発売日が5月29日に決まった。税込みのオンラインストア価格は5万4000円で、PayPayがもらえるキャンペーンやXperiaの10周年記念キャンペーンの対象となる。【訂正】(2020/5/21)

NTTデータ、データの整備から分析、活用までトータルでサポートする新ブランド「Abler」を始動
NTTデータは、データの整備から分析、活用までをトータルでサポートするデータ管理サービスの新ブランド「Abler」を創設した。オントロジーやセマンティックといったデータ処理技術を活用し、ナレッジグラフを構築することで、データの“意味理解”を実現し、人間と同程度のデータ解釈が可能だという。(2020/5/21)

Intel、Wi-Fiポートフォリオ強化目的でKillerブランドのRivet Networks買収
IntelがゲームPCのNICなどで知られるRivet Networksを買収すると発表した。「既存のWi-F製品を大幅に補完する」のが目的としている。Killerブランドは残す。(2020/5/21)

機能性のある素材を使用:
廃棄直前のブランド衣料品を再利用 ひんやりする布マスクを大量生産
アパレル衣料品の在庫処分を行う会社が布マスクを生産。廃棄直前のパンツを再利用した。機能性のある生地なので「接触冷感」などの特徴がある。(2020/5/19)

マインクラフトの累計販売数が2億本超え、月間プレイヤーは1億2600万人以上に
Microsoft傘下のMojangが手掛ける人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」の月間プレイヤー数が1億2600万人を超えた。Mojangは同ゲーム公開11周年を祝い、ブランド名を「Mojang Studios」に改称した。(2020/5/19)

スマホ決済「ゲオペイ(仮称)」、20年秋スタート JCBブランドのチャージ式バーチャルプリペイド
ゲオペイメントサービスが、自社グループ店舗での利用を想定したスマートフォン向けコード決済サービス「ゲオペイ(仮称)」を2020年秋に提供する。JCBブランド加盟店でも使えるという。(2020/5/18)

G-Tune、“エヴァ”コラボデザインのゲーミングノートPC エディオン専売
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ゲーミングノートPCをベースとしたエヴァンゲリオンコラボレーションモデルを発表した。(2020/5/18)

石野純也のMobile Eye:
KDDIはなぜUQ mobileを統合するのか ターゲットはY!mobileと楽天モバイル?
KDDIは、10月1日に傘下のUQコミュニケーションズが運営する「UQ mobile」を統合することを発表した。UQ mobileの統合は、サブブランドを強化するのが目的だ。今の市場環境やUQ mobileの歴史的経緯を踏まえつつ、KDDIの狙いを読み解いていきたい。(2020/5/16)

堀江貴文の「スマホ人生戦略」:
ホリエモンが語る飲食ビジネス「集客成功の法則」――世界のセレブを落とし続けた「インスタマーケティング」の秘密
IT起業家として、インターネット黎明期から第一線を走り続けているホリエモンこと堀江貴文。堀江の行動原理はしばしば「多動」とも呼ばれているが、その多動的な行動を支えているのは実はスマートフォンだ。堀江は自身の仕事においてPCはほとんど使わず、スマホを使って多くの関係者とコミュニケーションを取りながら複数のビジネスを回している。連載第1回は堀江が携わっている最高級の和牛ブランドを世界に広める飲食事業「WAGYUMAFIA(ワギュウマフィア)」を例に、飲食ビジネスにおける集客を成功させるための法則について語ってもらった。(2020/5/18)

KDDI、UQ mobile事業を子会社から取得 auとの2ブランド体制で競争力強化
KDDIが「UQ mobile」の運営事業を子会社UQコミュニケーションズから承継すると発表。UQ社は10月1日付で会社分割を行い、同事業をKDDIに譲渡する。多様化する顧客ニーズへの対応、営業拠点の統合による体制強化などのメリットを見込む。(2020/5/14)

KDDIが「UQ mobile」を統合 auと2ブランド体制に
KDDIが、子会社のUQコミュニケーションズから「UQ mobile」事業を10月1日付で承継する方針を明らかに。継承が成立した場合は、「au」と「UQ mobile」の2ブランドで事業を展開することになる。(2020/5/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
アパレルから音楽まで、米国で加速するマスクビジネス 日本人が学べる“精神”とは
新型コロナ以前はマスクをつける習慣がなかった欧米で「マスクビジネス」が急速に拡大している。ファッションやスポーツのブランドのほか、音楽業界でも布マスクの販売によって寄付や自助につなげようとする動きが活発だ。日本も学ぶべきメンタリティがある。(2020/5/14)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(107):
Office 365のサービスとアプリがMicrosoft 365に改称
Microsoftは2020年4月22日から、「Office 365」ブランドで提供していた主要なサブスクリプションサービスおよびアプリを「Microsoft 365」ブランドに統合し、名称を変更しました。Office 365およびMicrosoft 365サブスクリプションはMicrosoft Azureのサービスに依存するものがあるため、本連載で変更点をお伝えします。(2020/5/14)

人気のプリマヴィスタの化粧下地を押さえて1位になったブランドは? Qoo10コスメランキング(5月4日〜10日)
5月4日〜10日のベスト3は?(2020/5/13)

Y!mobileから「Xperia 10 II」登場 5月下旬以降に発売
ソフトバンクが、Y!mobileブランドで「Xperia 10 II」を5月下旬以降に発売する。アスペクト比が21:9の6型有機ELや、3眼カメラを搭載したミッドレンジスマホ。5000円相当のPayPayボーナスを付与するキャンペーンも行う。(2020/5/13)

3Dプリンタニュース:
アスリートの眼を守る3Dプリンタ製アイガード、Carbonが実現に貢献
アスリート向けアイウェアブランド「SWANS」などを展開する山本光学は、「世界初」(同社)をうたう3Dプリンタ製アイガード「GUARDIAN-Fit」を、2020年6月1日から販売開始する。(2020/5/13)

“市場規模1000億円”の「青汁事業」から「ケール事業」へ転換 キューサイ社長に聞く「ブランドイメージの変え方」
「青汁」の商品イメージが強い「キューサイ」(福岡市)が、ブランドイメージを変えようとしている。「キューサイ=青汁」という長年にわたり消費者に浸透したイメージを変えるのは容易ではない一方、変えなければ同社の事業は先細りになりかねない。青汁の原料である食物素材ケールの持っているパワーを生かして新たな販売戦略を打ち出したいという神戸聡社長にその胸の内を聞いた。(2020/5/12)

「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」が5月15日に数量限定発売 SIMフリーで27万円
Galaxyは、5月15日にニューヨーク発のファッションブランド「Thom Browne」とコラボレーションしたスマートフォン「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」を数量限定で発売。スマートウォッチとワイヤレスイヤフォンも付属する。(2020/5/12)

ソフトバンク、20年3月期は増収増益 スマホ向け通信の“3ブランド体制”が堅調 解約率は過去最低に
ソフトバンクの2020年3月期通期の連結決算は増収増益だった。主力の通信事業(個人・法人)をはじめ、全セグメントで増収を達成した。スマホ向け通信の“3ブランド体制”(ソフトバンク、Y!mobile、LINEモバイル)が堅調に推移し、スマホ解約率は過去最低の0.7%となった。(2020/5/11)

シャープ、初の有機ELテレビを発売も「AQUOSではない」
シャープが初の有機ELテレビ「CQ1ライン」を発表した。今回はあえてAQUOSブランドにしなかったという。理由は「AQUOSブランドは液晶というイメージが強いため」(2020/5/11)

突然の大量退職で、ブランド鶏14万羽処分の破綻騒動
和歌山県産のブランド鶏「紀州うめどり」が、存亡の機に立たされている。養鶏場では鶏の死骸が大量に放置され……。(2020/5/8)

Microsoftが発表した6つのSurfaceブランド製品まとめ 日本でも5月と6月に発売
MicrosoftがSurfaceブランドのノートPCやイヤフォン、ヘッドフォンなどの新モデルを発表。新型コロナウイルスの影響で発表イベントは開催しなかったが、ほとんどの製品は5月あるいは6月に日本でも発売する。(2020/5/7)

新型コロナ、自粛解除されても「したいことは何もない」 どんな人?
新型コロナの感染拡大が終息し、自粛が解除されたらどんなことをしたいと思っている人が多いのだろうか。全国の男女に聞いた。ブランド総合研究所調べ。(2020/5/4)

無印良品、Amazonに進出 新型コロナによる店舗休業の影響で
良品計画がAmazon.co.jpでブランド「無印良品」の商品販売を始めた。(2020/5/1)

Spigen、アウトドア向けスマホグッズブランド「Gearlock」を立ち上げ
Spigenがアウトドアに最適なスマホグッズのブランドを新たに立ち上げた。第1弾商品として、バイクマウントやユニバーサルアダプター、耐衝撃性に優れた専用ケースを発売する。(2020/5/1)

上海問屋がスマホやタブレットに最適なスタンドを発売 880円+税
 サードウェーブの「上海問屋」ブランドが、手頃な価格のモバイル機器用スタンドを発売した。スマホやタブレットの固定に便利で、持ち運びやすいサイズ感も魅力だ。(2020/4/30)

楽天モバイルがメーカーごとの対応状況を公開 iPhoneは?
楽天モバイルが、同社の通信サービスを利用できるかどうかについて、メーカー(ブランド)ごとの対応状況をWebサイトで公開している。楽天モバイルが販売している端末以外のスマートフォンについては動作保証対象外だが、利用できるものもある。iPhoneは一部のモデルが利用可能となっている。(2020/4/27)

3Dプリンタニュース:
ミマキが3Dプリンタでフェイスシールドを製作、希望者へ無償提供
ミマキエンジニアリングは、韓国のSindohとの共同ブランド品であるFDM方式3Dプリンタ「3DFF-222」を用いて簡易式フェイスシールドを製作し、希望者に対して無償提供を開始する。(2020/4/24)

「愛してます」「なくならないで」 雑貨ブランド「キャス キッドソン」の日本法人破産に悲しみの声
花柄などのオリジナルテキスタイルの雑貨は、今後どうなる?(2020/4/23)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
LTEスマートウォッチをChina Mobileが2万円弱で販売、中国で成功する?
中国では通信キャリアが自らのブランドで製品を出しています。China Mobileの「W10」はLTEモデムを搭載しつつも1098元(約1万8000円)と、比較的低価格で販売されています。実店舗とオンラインに販路を持つ通信キャリアがスマートウォッチ市場に参入すれば、成功する可能性は高そう。(2020/4/22)

製造マネジメントニュース:
VWが乗用車工場を順次再開、従業員の健康保護で100項目の対策も
Volkswagen(VW)は2020年4月15日(現地時間)、乗用車ブランドの生産拠点の稼働を順次再開すると発表した。(2020/4/20)

ワイモバイルのPHSサービス終了時期、2021年1月末まで延期 医療機関からの要望で
Y!mobileブランドのPHSサービス提供を2021年1月末まで延期する。(2020/4/17)

プリンストンがUAGブランドの「iPhone SE(第2世代)」ケースを発売
プリンストンが、URBAN ARMOR GEAR(UAG)製の「iPhone SE(第2世代)」対応スマートフォンケースを発売する。「MONARCHケース」など、6種類のケースをラインアップする。(2020/4/16)

GarminのスマートウォッチでSuica決済が可能に Android/iOS対応
Garminブランドのスマートウォッチが交通系ICカード「Suica」に対応する。販売中の一部モデルで、5月下旬以降に利用できるようになる。(2020/4/15)

外出せずにどこまでできる? 大手キャリアのオンライン手続きで「できること」「できないこと」
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、大手キャリアは自社ブランドのショップを休業、あるいは営業時間を短縮する動きを見せている。オンライン手続きを促進する動きもあるが、オンラインでは完結できない手続きもある。簡単にまとめた。(2020/4/14)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。