「ビジネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

JCBグループのカードが対象:
JCBが「Apple Pay」「Google Pay」で20%還元 12月15日まで
ジェーシービーが、Apple PayやGoogle Payを介した「QUICPay+」の利用で利用金額の20%を還元するキャンペーンを開始した。JCBグループ発行の個人カード、ビジネスカードが対象で、参加登録が必要になる。(2019/8/16)

製造ITニュース:
SASがIoTソリューションの新バージョンを発売、エッジからデータを直接収集
SAS Institute Japanは、「SAS Analytics for IoT」の新バージョン7.1を発売した。ストリーミングデータをリアルタイムに分析する機能を拡張し、機械学習や深層学習といった先端技術を活用して、ビジネスの価値を生成する。(2019/8/16)

ディルバート(617):
「お店こそが神様」な新ビジネス
新タイプのビジネスを考え出したというディルバートの同居犬、ドッグバート。良質なカスタマーサービスも在庫もいらない“イノベーティブ”な店らしいのですが……。(2019/8/15)

取締役がたった1人で挑んだRPAプロジェクト――大量の定型業務がなくても効果を出す秘策とは
大規模な定型作業がない企業ではRPAの効果を出しにくい――この見解を覆し、業務を効率化するだけでなく、自社ビジネスを広げるまでに至った企業がある。取締役がたった1人で挑んだプロジェクトの裏では何が起きていたのか。(2019/8/13)

建設現場におけるBPR(業務改善)の必要性と実践ポイント(2):
建設現場の“ムダ・ロス”解消には何を成すべきか?
ここ数年、ICTの著しい発展によって建設業界でも、その有効な活用方法が設計・施工・維持管理の各工程で検討され始めている。新たなソリューションを導入するには、さまざまな既存の壁が立ちはだかり、ときには既存の業務形態を変革することも迫られる。ビジネスルールを抜本的に設計し直す「BPR(Business Process Re-engineering)」。建設業界で導入することによって何が変わり、そのためには何をすべきか、プロレド・パートナーズが数々の建設会社でBPRをコンサルしてきた実績をもとに、本連載で解説していく。(2019/8/15)

WeWorkが横浜市と連携、新ビジネス創出など支援へ 「人々の交流でイノベーション起こす」
WeWork Japanが、横浜市と協力・連携する覚書を締結。同社が自治体と提携するのは初。横浜市の活性化に向け、同市が進めるビジネス創出プロジェクトへの協力や、市内の中小企業の支援などを行っていく。(2019/8/14)

水や空気や男を美しく磨く新素材? ソニーの電池開発から生まれた「トリポーラス」とは
ソニーが新素材「Triporous」(トリポーラス)のライセンスビジネスを本格化した。製品の第一弾は男性用ボディーソープ。ソニーは一体、何を作ったのか?(2019/8/14)

日本の映像業界への危機感 ドラマ「スカム」原祐樹に聞く“クリエイティブとビジネスの溝”
「企画プロデュース」「脚本原案」「監督」を務めた原さんに聞きました。(2019/8/14)

特選プレミアムコンテンツガイド
「AIは役に立たず、仕事も奪う」は本当か?
企業は人工知能(AI)技術に期待を寄せているものの、どう利用すればいいかについてはいまだに模索中だ。AI技術をビジネスに生かしたいと考える企業が知っておくべき、AI技術の特性をまとめた。(2019/8/14)

半径300メートルのIT:
俺を忘れてもらっちゃ困るぜーー進化する「ビジネスメール詐欺」
「さすがに今更、こんな手には引っかからないだろう」という油断を突かれ、多額の被害を受ける……そんなことが起きないように、企業や業界の垣根を超えた「公衆衛生対策」が求められています。(2019/8/14)

内定辞退率の予測データ販売:
リクナビ問題が大炎上した真相 “利用者不在”の人材ビジネスに潜む「構造的歪み」とは
リクナビの学生の個人情報を元に「内定辞退率」の予測データが販売されていた問題。SNSでは「学生は商売道具じゃない」と大炎上している。個人情報保護の専門家や他社の意見から問題の焦点を探る。(2019/8/13)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
オリジナル製品の夢を開発担当者が諦めるまで
PC周辺機器やアクセサリーメーカーの開発担当者の中には、取り売りビジネス中心の現状に嫌気が差し、オリジナルの製品を手掛けるために転職したり、ベンチャーを立ち上げたりする人も少なくない。しかしこれらの試みは往々にして失敗し、彼らは夢を諦めていく。(2019/8/12)

業務を効率化するITツールの最新事情:
話題のSlackを導入するコツは? 基本と活用を解説
ビジネスチャットツールの現在の潮流を作ったのはSlack Technologiesの「Slack」であり、その潜在性はMicrosoftが同社買収を巡ってトップ間で激論があったことからもうかがえる。今回はそのSlackの基本から、活用までの情報をまとめたい。(2019/8/9)

Gartner Insights Pickup(120):
デジタルビジネスにおけるAIアプリケーションの6つの設計原則
CIOは、デジタルビジネスの戦略目標に向けた取り組みにAIを適用することで、これを最大限に活用できる。AIプロジェクトの評価に役立つ6つの設計原則を紹介する。(2019/8/9)

FordやWayfairも効果を実感
自動車大手とネット家具店は「Slack」で社内の信頼関係をどう築いたか
ビジネス界のリーダーたちは言う。社員間の信頼を築きコラボレーションを支援するため、企業の経営陣はコラボレーションツールの「Slack」を導入すべきだと。(2019/8/9)

太陽光:
大和エナジー・インフラがエコスタイルと協業、低圧太陽光市場に参入へ
エコスタイルと大和証券グループの大和エナジー・インフラが国内の低圧太陽光発電向けのビジネスで協業。発電所の総容量100MW(メガワット)を目標に、全国で低圧太陽光発電所の建設を進める方針だ。(2019/8/8)

エネルギー管理:
新エネルギー市場は「ゴールドラッシュ」、求められるのは「顧客中心のビジネスモデル」
分散電源向けのエネルギーマネジメント技術を提供している米オートグリッドシステムズが日本法人の設立記念イベントを開催。同社CEOのアミット・ナラヤン氏が日本法人設立の背景や、これからのエネルギー市場の展望について語った。(2019/8/8)

知の賢人・田坂広志が語るキャリア論【前編】:
田坂広志が社会人1年目に味わった絶望感――逆境を越えられた理由は「研究者視点」と「心の師匠」
7年遅れで実社会に出た研究者上がりの若者が、ビジネスの世界で道を拓けたのは、仕事を深く研究するという「反省の技法」と、優れた上司からその技術や心得を徹底的に学ぶ「私淑の技法」の賜物だった――。(2019/8/6)

視点:
物流ビジネスにおけるRaaSの可能性
ロボティクス、AI、IoTといった次世代テクノロジーの進化と、活用の拡大は、ロジスティクスの根幹を変えようとしている。(2019/8/7)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI時代のキャリア形成 仕事を奪われない人材になるには?
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマはAIと人間の仕事について。(2019/8/7)

ベンチャーがJリーグに熱視線 鹿島の次に買収されるクラブは?
J1神戸のオーナーの楽天・三木谷浩史会長兼社長は2日開いたビジネスカンファレンスで、メルカリが約16億円でJ1鹿島を買収したことについて「メルカリさんが(Jリーグに)ベンチャーの仲間として参入してきてくれた」と歓迎の意を示した。(2019/8/6)

車両デザイン:
NEC自社開発の空飛ぶクルマが飛んだ、ただし「機体ビジネスには参入せず」
NECは2019年8月5日、同社 我孫子事業場(千葉県我孫子市)で記者会見を開き、“空飛ぶクルマ”の浮上実験に成功したと発表した。(2019/8/6)

製造マネジメントニュース:
ソフトバンクが画像認識系企業を設立、ビルや小売り向けサービスを提供
ソフトバンクは100%子会社「日本コンピュータビジョン」を設立した。画像認識ソリューションを開発し、今夏以降に各種ビジネス向けソリューションの提供開始を目指す。(2019/8/5)

調査で判明:
PR:現場が求めるオフィス向けディスプレイの選定基準は?
生産性を向上させるディスプレイ選びのポイントとは? ITmediaビジネスオンライン編集部が実施した「法人向けディスプレイ企業導入に関する意識調査」から見えてきたのは……(2019/7/26)

「企業を狙うサイバー攻撃に国境はない」:
PR:精鋭ホワイトハッカー1000人の力を世界から結集 日本企業を強くするペネトレーションテストとは
IoTや自動運転など、ビジネスにおけるデータの活用価値の向上と同時に危険性を増しているのがサイバーセキュリティだ。優良顧客の獲得を目的に、信頼性の強化と脆弱性検査に取り組む企業が増えている。ただし、その多くは特定のセキュリティツールやシナリオに依存した各社独自の内容で、本当の意味で攻撃者の視点に立った防御や、顧客が安心できるレベルの対策に至っていない。国内でも政府調達におけるガイドライン対応の義務付けが始まった今、この課題をクラウドソーシングで解決するサービスが日本にあることをご存じだろうか。(2019/8/5)

めっちゃ快適そう! 英航空、個室のようなビジネスクラス「クラブ・スイート」採用した最新旅客機「A350」8月に運行開始
ユニオンジャックと同じ赤と青を使って塗装しています。(2019/8/3)

ASUS、ビジネスPCを割引価格で提供する「法人向け製品導入キャンペーン」
ASUS JAPANは、ビジネスPCを割引価格で提供する「法人向け製品導入キャンペーン」を同社直販で開始した。(2019/8/1)

駅ナカの“カプセルオフィス”で何をする? JR東が見つけた意外な需要
JR東日本が8月1日から電話ボックス型のシェアオフィスの正式提供を始めた。メインターゲットはビジネスパーソンだが、実証実験中に“意外な需要”も見えてきたという。(2019/8/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が握りたい「海底ケーブル」覇権 “ファーウェイ撤退”の本当の狙い
中国・ファーウェイを巡ってさまざまな動きが報じられているが、「海底ケーブル」ビジネスについてもひそかに注目されている。世界の通信を支える超重要インフラである海底ケーブルでも、中国と米国などの間で緊張感が高まっていくかもしれない。(2019/8/1)

CASBは「漏えいしてはならない情報を持つ全ての企業」に向けたもの――McAfeeにその未来を聞く
ビジネスにおけるクラウド利用は、もはや当たり前の選択となっている。従業員個人が業務の効率を上げるために自主的に便利なツールを使うような時代、ネットワークを閉じた「鎖国のセキュリティ」は通用しない――McAfeeの考える、クラウド時代のセキュリティとは?(2019/8/5)

少数精鋭の「DX専門部隊」も:
クラウド事業を強化する日本オラクル 幹部が語る、DX推進事業「4つの柱」とは
AWSやMS、Googleといった競合のひしめくクラウド業界。そんな中、日本オラクルが、「新ビジネス創出を支援する」というDX支援の取り組みを紹介した。数年の試行錯誤から生み出したという、その中身とは。(2019/7/31)

PR:モバイルワークステーションはここまできた! 新型ThinkPad Pシリーズの魅力に迫る
レノボ・ジャパンのモバイルワークステーション「ThinkPad P」シリーズがラインアップを一新、性能や機能面で大きくパワーアップした。「ものづくり」の現場を支える頼もしい相棒としてだけでなく、働き方改革を支援するパワフルなPCとしてビジネスパーソンも注目の内容に仕上がっている。その魅力に迫る。(2019/7/31)

セキュリティに「必勝法」はない!:
PR:システムを堅牢化するのは何のため? エンジニアがHardeningから持ち帰れる「学び」とは
脆弱(ぜいじゃく)なECサイトを攻撃から守る体験を通して、システムを堅牢(けんろう)化し、“セキュリティをビジネスに活かす”という本質を理解する「Hardening(ハードニング)」が注目を集めている。Hardeningの妙味とは何か、そこからはどのような「学び」「気付き」が得られるのだろうか。(2019/7/31)

特選プレミアムコンテンツガイド
格安・極小PC「Raspberry Pi」の試したくなる活用例
さまざまな人の創作意欲を刺激してきた手のひらサイズの小型コンピュータ「Raspberry Pi」。多岐にわたるその活用例の中から、ビジネスに生かせる注目すべき使い方を紹介する。(2019/7/31)

メルカリは鹿島アントラーズをどう変える? 会見で小泉社長らが語ったこと
メルカリが、Jリーグ・鹿島アントラーズの経営権を約16億円で取得すると発表した。チームの育成部門を強化する他、ホームスタジアムの店舗にモバイル決済サービス「メルペイ」を導入するなど、競技とビジネスの両面から支援を行っていく予定だ。メルカリの小泉文明社長が記者会見を開き、意気込みを語った。(2019/7/30)

鉄道・バス・タクシーを一括予約、最強アプリの実力度
鉄道、バス、タクシーなどさまざまな交通手段を一体的に提供する「MaaS(マース)」の実現に向けた動きが、関西で加速している。観光活性化や新たな交通インフラ整備、さらには移動データの分析による新ビジネスの創出へ関係者の取り組みは熱を帯びる。(2019/7/30)

産業動向:
ビルメン業界特化型のポータルサービス、Web版とアプリでリリース
ビルメン業界特化型のビジネスマッチング「Builpo(ビルポ)」がWeb版とアプリ版でリリース。自動マッチングで人と仕事をつなげる「ツナガロ」と、ビルメン業界特化の求人サイト「ビルメン求人ジョイント」の2サービスだ。(2019/7/30)

グループウェアからAmazonビジネスに直接備品購入可能に――ネオジャパンがdesknet's NEO バージョン5.3を発表
ネオジャパンはグループウェアの新版「desknet's NEO バージョン5.3」で、新たに「Amazonビジネス」と連携を発表した。商品の選定や見積もり取得から、購買申請、発注といった一連のワークフローを自動化できる。(2019/7/30)

Synology、高パフォーマンスを実現する2UラックマウントNASなど4製品
Synologyは、ビジネス向けの2UラックマウントNAS「FlashStation FS6400」など計4製品を発表した。(2019/7/29)

KDDI、スタートアップ支援で5G競争勝ち残り 
KDDI(au)が、スタートアップ企業の支援体制を拡充している。昨年9月に都内で開設したビジネス開発支援拠点「デジタルゲート」を今秋に大阪市と那覇市にも設置するほか、米エヌビディアなどとスタートアップの支援で協業することを決めた。(2019/7/29)

Amazonギフト券5000円分が当たる! 「ITmedia ビジネスオンライン通信」購読キャンペーン実施中
編集部から日頃の感謝を込めて、メルマガ新規登録者に抽選でAmazonギフト券をプレゼントする「ITmedia ビジネスオンライン通信」購読キャンペーンを実施します。みなさまのご応募、お待ちしています。(2019/7/29)

個別のIoT化から統合システムまで製造業のニーズに対応:
PR:ボッシュやアマゾンも採用、製造業の「コト売り」を実現するIoTプラットフォームとは?
「モノ」から「コト」へのシフトが叫ばれる昨今。製造業も顧客体験を重視した「コト売り」による新たなビジネスモデルの構築が急務になっている。こうした製造業の「コト売り」の実現に最適な新たなIoTプラットフォームが登場した。(2019/7/29)

ホットケーキがブルーオーシャン? 令和で成功するヒントがそこにある
シンプルで家庭でも焼けるホットケーキはビジネス的には採算が合わず、大半のお店のメニューから消えつつあるが、その一方でホットケーキにこだわり続け、磨きをかけ、今や世界を魅了している繁盛店もある。そこにはビジネスのヒントがあるはずだ。(2019/7/29)

顧客の共感を呼ぶSNS活用:
ゆうこす流Instagram活用、D2Cでビジネスを始める企業が必ず知っておきたいこと
D2CブランドがInstagramを活用すべき理由とその効果的な使い方について、モテクリエイターゆうこす(菅本裕子)さんに学ぶ。(2019/7/28)

AI文章生成の新サービス「easy writer」サービス提供開始 2000人以上をインタビューした編集者が経験を元に設計
記者やライターはもちろんビジネスシーンでも活躍してくれそう。(2019/7/27)

Gartner Insights Pickup(118):
中堅企業向けデータとアナリティクスの4大トレンド
中堅企業はデータとアナリティクスの新しいトレンドを取り入れ、ビジネス価値の創出につなげるべきだ。ここでは、中堅企業が行動につなげるべきデータとアナリティクスに関する4つの注目トレンドを紹介する。(2019/7/26)

建設現場におけるBPR(業務改善)の必要性と実践ポイント(1):
ICT導入に必須!建設業界でお金をかけずに業務改善を成功させるための秘訣
ここ数年、ICTの著しい発展によって建設業界でも、その有効な活用方法が設計・施工・維持管理の各工程で検討され始めている。新たなソリューションを導入するには、さまざまな既存の障壁が立ちはだかり、ときには既存の業務形態を変革することも迫られる。ビジネスルールを抜本的に設計し直す「BPR(Business Process Re-engineering)」。建設業界で導入することによって何が変わり、そのためには何をすべきか、プロレド・パートナーズが数々の建設会社でBPRをコンサルしてきた実績をもとに、本連載で解説していく。(2019/7/25)

ドローン:
ドローンの遠隔識別技術などの研究開発を開始
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、ドローンなどの無人航空機を活用したビジネスモデルの普及に向けて、無人航空機の遠隔識別技術などの研究開発を開始した。(2019/7/24)

データエコシステム市場はブルーオーシャン:
IoT市場には「データエコシステム」の形成が必要 IDC調査結果
IDC Japanは、IoTが生み出す価値を最大化するには「データエコシステム」の形成が必要だと主張する。IoTを活用したビジネス競争が激化する一方、外部データを活用して新市場を創造する「データエコシステム」の世界にはまだ競合相手が存在しないと見ている。(2019/7/24)

2018年の電子書籍市場、前年比126.1%の大幅増に 海賊版サイト閉鎖が売上に寄与
7月31日発売の「電子書籍ビジネス調査報告書2019」より。(2019/7/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。