「クラウドサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラウドサービス」に関する情報が集まったページです。

非住宅建築フェア2019:
見込み客へのイベント告知や施主の要望管理をサポートするクラウドサービス
エフ・ディー・シーは、非住宅建築フェア2019で、戸建て住宅購入希望者へのDM作業や施主の要望管理をサポートするクラウドサービス「plantable」を披露した。(2019/6/14)

国内クラウドサービス市場、18年度は1兆9000億円 今後5年で約2.3倍に
MM総研が国内クラウドサービス市場規模の現状と予測を発表。2018年度の同市場規模は前年度比18.1%増の1兆9422億円で、23年度には4兆4754億円に達する見込み。多くの企業がAWSやAzureを活用しており、企業のPaaS・IaaS導入は今後も続くとみられる。(2019/6/11)

墨出し・杭打ちBIM&クラウド連携セミナー:
レイアウトナビゲーターとBIM 360を活用した墨出しポイント取得ワークフロー
トプコンソキアポジショニングジャパンは、人為的なミスの削減やデータ管理の円滑化を目的に、トータルステーションとオートデスクのクラウドサービスを連携した墨出しポイント取得ワークフローの普及を推進している。(2019/6/11)

Azure、AWS、GCPで検出対象に:
「Microsoft Cloud App Security」、主要クラウドでホストされているシャドーITリソースを検出可能に
Microsoftは、「Microsoft Cloud App Security」のシャドーIT検出機能を拡張した。主要なパブリッククラウドサービスのIaaSやPaaSでホストされているシャドーITリソースを特定できるようにした。(2019/5/31)

CIM:
福井コンピュータの「CIMPHONY」に新機能、3次元データの運用が可能に
福井コンピュータは、データ共有クラウドサービス「CIMPHONY」の新機能を今秋から提供する。位置情報や時間軸の概念を取り入れることで、3次元データの運用などが可能になる。(2019/5/31)

多様な勤務形態に対応する「リシテア/就業管理 クラウドサービス」 法改正や社内規則にも柔軟に対応――日立ソリューションズが提供開始
日立ソリューションズは、多様な雇用形態や勤務形態に対応する「リシテア/就業管理 クラウドサービス」を開始。プリセット機能の設定ですぐ利用できる「スタンダードプラン」と自社業務に合わせてカスタマイズが可能な「プレミアムプラン」を用意する。(2019/5/31)

見落としがちなクラウドサービスのポイント
複数のクラウドサービスを利用して分かったサービスごとのメリット/デメリット
既存システムのクラウド化を考えるとき、どのような基準でクラウドサービスを選ぶべきなのだろうか。クラウドごとの機能や特徴に大きな差がなくなった今、シェアだけではないクラウド選定の新基準を考える。(2019/6/5)

SIMカードがPCをセキュアに――VAIOが2019年6月3日に「VAIO Secure SIM」の受け付け開始
VAIOは、「VAIO Secure SIM」のサービス受け付けを2019年6月3日に開始する。VAIO Secure SIMを利用すると、ノートPCなどのモバイル端末から企業ネットワークや各種クラウドサービスに、PCを開くだけで安全に接続できる。(2019/5/29)

SD-WANの今が分かった:
PR:クラウドファースト時代にネックになる通信経路、SD-WANが課題解決
専用線とデータセンターを前提とした企業のWANが姿を変えようとしている。きっかけはクラウドサービス(SaaS)の浸透と、モバイル端末などを利用したインターネットアクセスだ。ネットワーク構成を幾度となく素早く変更しなければならない場面が多発している。このような課題に役立つのがSD-WANだ。Dell EMCが主催し、2019年4月19日に開催したセミナーでは、Dell EMCの他、SD-WANソリューションに定評があるVMwareやVersa Networks、トレンドマイクロが登壇し、SD-WANの最新動向や各社のソリューションについて語った。(2019/5/28)

Weekly Memo:
クラウドサービスをやらないDellのクラウド事業とは
「Dell Technologies Cloud」と呼ぶクラウドソリューションを発表したDell。まさに社名を冠にした戦略商品だが、これはクラウドサービスではない。クラウドサービスをやらないDellのクラウド事業とは――。(2019/5/27)

建設・測量生産性向上展2019:
1周波RTK-GNSS内蔵の施工管理タブレット、杭打ちや転圧の施工品質を向上
土木の測量機器システムを開発しているアカサカテックは、タブレット端末とクラウドサービス、アンテナで構成した杭打ち工事や転圧作業の施工品質を向上させる施工管理システムを販売している。専用タブレットは、1周波RTK-GNSSを内蔵し、これまでのIoT機器の機能を一つに集約。施工現場のコストを低減させる高性能な現場管理デバイスだ。(2019/5/27)

トラフィック増加への対処法
「SD-WAN」採用企業が2020年までに6割を超える? その理由は
クラウドサービスの利用が拡大している他、エッジでは大量のデータが発生するようになった。こうした状況に合わせ、ネットワークに求められる要件も変化している。(2019/5/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
「iPhone使いならMac好き」は幻想? 「Chromebook」がスマホ世代に受ける理由
スマホ世代が職場で利用するデバイスは、本当に「Mac」や「Windows」搭載PCでいいのだろうか。セキュリティ、コスト、クラウドサービスの使いやすさなどから、こうした世代に適した業務用デバイスについて考える。(2019/5/21)

複数サービスの利用権限をまとめて管理
クラウドを手間なく使う、シングルサインオンとアカウント管理を両立させる秘策
クラウドサービスを利用すると、自社でITリソースを管理する手間は減らせるだろう。しかし利用サービスが増えるほど、従業員のアカウント権限管理の手間は増える。セキュリティ対策も必須だ。これらの課題を同時に解決するには。(2019/5/17)

ネットワーク効率化の要点
クラウド時代のネットワーク、「SD-WAN」導入が増える“真の理由”とは
クラウドサービスの利用拡大に合わせてSD-WANを採用する動きが本格化している。SD-WANの機能でWAN回線の混雑解消、コスト削減などが期待できる。SD-WANがいま求められる理由や導入時のポイントを説明する。(2019/5/29)

ASUSのクラウドサービス、マルウェア配信に悪用されていた
「サプライチェーン攻撃や中間者攻撃が、世界中でさまざまな攻撃者によって利用されるケースが増えている」とESETは警鐘を鳴らしている。(2019/5/17)

製造ITニュース:
GCPが国内2カ所目のクラウド拠点を大阪に開設、シャープなどが採用
グーグルがクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」の大阪GCPリージョンの正式運用を開始した。同リージョンは、2016年に運用開始した東京に次ぐ、日本国内で2カ所目のクラウド拠点となる。(2019/5/15)

誤送信防止や自動暗号化でメールセキュリティを強化――富士通BSC、「FENCEメール誤送信対策サービス」を開始
富士通ビー・エス・シーは、「Office 365」などのメールサービスのセキュリティを強化するクラウドサービス「FENCEメール誤送信対策サービス」を開始。誤送信の防止、自動暗号化、個人情報/機密情報の自動チェックなどにより、送信メールの事前確認を徹底し、情報漏えいのリスクを低減する。(2019/5/9)

人工知能ニュース:
深層学習開発クラウドサービスで、高速かつ安価なGPUが利用可能に
深層学習のプログラムを生成する、ソニーの統合開発環境「Neural Network Console クラウド版」において、産業技術総合研究所が運用する「AI橋渡しクラウド」のGPUが選択可能になった。高速のGUI開発環境を低コストで利用できる。(2019/5/7)

「BigQuery」での成功体験が決め手
なぜ大手新聞社は「AWS」から「Google Cloud Platform」への移行を決めたのか
大手新聞社Telegraph Media Groupはデジタル版のサービスを充実させるため、インフラとして利用するクラウドサービスを「Amazon Web Services」から「Google Cloud Platform」へ切り替えることを検討している。(2019/5/7)

VMware Cloud on AWSと似たサービス:
Microsoft Azure上のVMware vSphereクラウドサービス、「Azure VMware Solutions」が発表
Dell TechnologiesとMicrosoftは2019年4月29日(米国時間)、開催中のイベントDell Technologies Worldで、Microsoft AzureにおけるVMware vSphereベースのクラウドサービス、「Azure VMware Solutions」を発表した。(2019/4/30)

Amazon、AWS好調で過去最高益 プライム会員向け翌日配送強化計画を明らかに
Amazonの1〜3月期決算は、クラウドサービスのAWSが好調で2桁台の増収増益。純利益は2.1倍で4四半期連続で過去最高を更新した。(2019/4/26)

キヤノンMJ、未知の高度なマルウェアを検出する法人向けクラウドサービス
キヤノンマーケティングジャパンは、法人向けのマルウェア対策サービス「ESET Dynamic Threat Defense」など2製品の販売を開始する。(2019/4/22)

セキュリティにかかる負担を軽減:
TISとラックがタッグ、「セキュリティ・バイ・デザイン」をプラットフォームでカバー
TISとラックが協業し、クラウドサービスおよびセキュリティサービスの領域において新たに「クラウド&セキュリティサービスプラットフォーム」を提供することを発表した。(2019/4/19)

ビルメン業界のオープンイノベーション:
ビルメンテで“設備の目視巡回をゼロ”にする?高砂熱学工業×AIベンチャー「LiLz Gauge」
高砂熱学工業は自社のリソースをスタートアップ企業に提供して、短期間での事業化を目指すプログラムを進めている。第1弾として、琉球大学構内に拠点を置くAIベンチャー企業LiLzと共同で、ビルメンテナンスでメーター機器の目視巡回をゼロにするIoT専用カメラとAIを組み合わせたクラウドサービスを開発した。(2019/4/17)

Weekly Memo:
SalesforceとAWSが展開する“響く”カスタマーファーストとは?
「カスタマーファースト」はビジネスを行っている企業ならばどこも重視しているが、クラウドサービスベンダーで筆者が特にその姿勢を感じるのがSalesforce.comとAmazon Web Servicesだ。なぜ両社の姿勢は“響く”のだろうか。(2019/4/15)

DX推進:
PR:アジャイル開発から始まる、製造業のデジタルトランスフォーメーションへの道
「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の波は製造業にも押し寄せている。リーンやカイゼンのアプローチは日本の製造業の得意とするところだが、このアプローチはDXを進める上でも有効である。イノベーティブなデジタルサービスの開発を支援する「Pivotal Labs」や、パブリッククラウドサービスである「Microsoft Azure」との連携によってクラウドネイティブな基盤である「Pivotal Cloud Foundry」を提供しているのがPivotalジャパンである。(2019/5/27)

無償版もある:
マウス操作のみでAI構築、MatrixFlowがクラウド型サービスの提供を開始
MatrixFlowは、クラウド型AI構築プラットフォーム「MatrixFlow」のβ版のサービス提供を開始した。プログラミング不要で、マウス操作だけでAIを構築できる。無料で利用できるプランも用意した。(2019/4/11)

フリービット、クラウドサービス+SIM+録画ソフトをセットにした法人向けの監視カメラサービス「クラウド録画」
フリービットは、法人向けのクラウド型監視カメラサービス「クラウド録画」を発表した。(2019/4/9)

“負の伝統”と決別、Windows 10運用を便利に:
PR:IT資産の導入・管理からの解放――悩めるIT部門の救世主「Simplitクラウドサービス」とは
「PCなどの資産は所有するものではなく、サービスとして利用すること」を意味する「DaaS(Device as a Service)」という概念が注目を集めている。横河レンタ・リースもこの概念に賛同し、IT資産の導入・運用をパッケージ化した「Simplitクラウドサービス」を提供している。「Windows 10」の大型アップデートにも柔軟に対応できるという、同サービスの実力とは――。(2019/4/9)

オンプレミスと共に生きる企業のインフラ
「さくらの専用サーバ」の実運用から読み取く オンプレミスサーバ運用の極意とは
さまざまなクラウドサービスが登場し、自社でサーバを持つ以外の選択肢が増えている。だがその中で、あえてサーバ管理を続ける覚悟をした企業に向けて、サーバ保守の効率化のポイントを解説する。(2019/4/3)

AIが会議をリアルタイムでテキスト化、即時翻訳にも対応――NTT Com、「COTOHA Meeting Assist」発表
NTTコミュニケーションズは、自然言語解析AIを活用して、会議の音声をリアルタイムでテキスト化する会議支援クラウドサービス「COTOHA Meeting Assist」を開始。議事録作成を自動化する他、即時翻訳にも対応できる。(2019/4/1)

「頼りになって融通も利く門番」が必要
働き方多様化に伴う「リモートアクセス環境の複雑化」にどう対処すべきか
クラウドサービスが一般化しつつある現在、企業のIT担当者はアカウントやモバイルを含む業務端末の管理に頭を悩ませている。十分な予算がない中で、安全で安心なリモートアクセス環境を構築するためには何が必要か。(2019/3/28)

スマートホーム:
“卒FIT太陽光”の自家消費ニーズに対応、「エネがえる」にオール電化機器の診断機能
国際航業は太陽光発電や蓄電池導入時の経済効果を診断できるクラウドサービス「エネがえる」に、オール電化機器の経済効果診断機能を追加する。住宅太陽光発電の「卒FIT」に伴う自家消費ニーズの拡大とともに注目されている、ヒートポンプ給湯器などのオール電化機器の導入効果を診断しやすくする狙いだ。(2019/3/28)

解決策はあるのか?:
クラウド導入後に「社内LANが重くなった」は約7割、ソニービズネットワークスが調査
ソニービズネットワークスが実施した、クラウドサービス導入後の社内ネットワークの状況に関するアンケート調査によると、70%以上の企業がクラウドサービスを利用していた。そのうち社内ネットワークがつながりにくくなったなどの課題を持つ企業が7割近くあった。(2019/3/28)

多様化するメール攻撃にどう立ち向かうべきか
最新アンケート調査に見る、今メールセキュリティに求められること
「Office 365」や「G Suite」といったクラウドサービスを利用する企業は今や多数派となりつつある(ファイア・アイ調べ)。利用の際に課題となるのは、攻撃の糸口となるメールセキュリティだ。(2019/3/29)

ビジネスのクラウドシフトをサポートするコース構成に:
PR:クラウドネイティブ技術の習得が求められる今、日本マイクロソフトがパートナー向け教育コンテンツ「mstep」を大幅に拡充した理由
日本マイクロソフトは、同社がパートナー向けに提供しているトレーニングコンテンツ「mstep」の内容を大幅に拡充した。クラウドシフトを反映し、Microsoft Azureと各種のクラウドサービス群に関するノウハウを、迅速にビジネス提案に生かせるコンテンツ構成になった点がリニューアルのポイントだとする。その具体的な内容を担当者に聞いた。(2019/3/27)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
先進企業の具体例に学ぶ「働き方改革」、事業生産性を26%向上させたIT活用術
働き方改革の目的である生産性向上やビジネスの成長のために、欠かせないのが“IT活用”だ。事業生産性を26%向上させた大手IT企業の事例から、成果を上げるためのデバイス/クラウドサービス選びのポイントを解説する。(2019/3/27)

SoRのクラウド化は慎重かつ欲張りに
VMware環境のクラウド移行、「リスク回避」と「メリット最大化」の考え方
「クラウドファースト」の動きが加速する中、情報系基幹システムが稼働するVMware環境のクラウド移行を実現するクラウドサービスが発表されている。そこで、一般の企業ユーザーがSoRのクラウド化を進める際の落とし穴に着目する。(2019/3/26)

もう失敗したくないあなたへ:
PR:仕事で使うソフトウェア・クラウドサービスを利用者視点で丸裸にするレビューサイトが好評なわけ
仕事に便利なソフトウェア・クラウドサービスが急増する中、どれを利用するかで悩むビジネスパーソンは多いはずだ。それもそのはず、ツール選びに役立つ情報は実は極めてまれで、そのことが導入の失敗につながっていた。こうした課題を解消しようと登場したのが、ソフトウェア・クラウドサービスに対する“口コミ投稿”をユーザー側の視点でとりまとめたITレビュー(口コミ・評判)サイト「ITreview」だ。果たしてどのようなものなのか?(2019/3/18)

「仕事場でAR」が当たり前に?
エンタープライズにARを 「Microsoft HoloLens 2」登場
MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens 2」が登場した。仕様が更新され、Microsoftのエンタープライズ向けクラウドサービスを組み込んだ新機能を搭載。IoT(モノのインターネット)への導入を支援するという。(2019/3/16)

企業はいつ判断すべきか
「AWS Outposts」はクラウドとオンプレミスの境界を曖昧にする 成功条件は?
AWSは、AWSのクラウドインフラと同等のシステムをオンプレミスに持ち込むサービス「AWS Outposts」を提供予定だ。このハイブリッドクラウドサービスが、自社のニーズに合うかどうか確認する方法を解説する。(2019/3/12)

ネイティブか、サードパーティーか
API管理ツール比較:AWS、Microsoft、Googleの戦略と主要製品は
企業にとってAPIの重要性や、APIを適切に管理する必要性が増している。本稿ではクラウドサービスを利用したアプリケーション開発におけるAPI管理ツールの選び方について解説する。(2019/3/7)

スマホ写真、AIが見分けて整理 富士フイルムがクラウドサービス提供 今春から
富士フイルムが2019年春から、スマートフォンなどで撮影した写真をクラウドに保存して整理・管理できるサービス「FUJIFILM PhotoBank」の提供を始める。AI(人工知能)を使って写真を分析・整理できるという。(2019/2/27)

自らもOracle Cloudのサービス基盤として大規模に活用:
PR:“クラウド推進派”の企業にOracleのストレージ「Oracle ZFS Storage Appliance」が最適な3つの理由
「クラウドでは、それに最適化されたストレージを使うべし」──この考えの下、Oracleが自ら開発し、自社のパブリッククラウドサービスの基盤としても大規模に活用しているストレージ製品が「Oracle ZFS Storage Appliance」だ。同製品はなぜクラウドを使う企業に最適なのかを、日本オラクルの担当者らが語った。(2019/2/27)

VMwareによるハイブリッドクラウドの実現:
PR:“VMware Cloud™ on AWS”でシンプル&確実なクラウド移行を後押し――TIS×SB C&Sによる検証作業の裏舞台
企業での活用が加速するパブリッククラウド――。これとオンプレミスを組み合わせたハイブリッドクラウドが注目を浴びている。その中でひときわ存在感を放つのが、VMwareとAmazon Web Services(AWS)が共同開発したクラウドサービス「VMware Cloud on AWS」だ。TISとSB C&Sは、企業のクラウド移行を強力に支援するため、VMware Cloud on AWSの事前検証を共同で実施した。(2019/3/11)

宇宙関連ビジネスの基盤にも:
正式提供開始の衛星データプラットフォーム「Tellus」とは、どんなサービスか
さくらインターネットが2019年2月21日に提供を開始した、誰でも無償で衛星データを活用し、分析・開発ができるクラウドサービス「Tellus(テルース)」とはどのようなものなのか。まとめてお伝えする。(2019/2/26)

Weekly Memo:
クラウドHCMの“黒船”、ワークデイが本気の攻勢 「“驚くほど小さい”日本のクラウドHCM市場を拡大したい」
SaaS型クラウドサービスで今後の成長分野と目されているHCM(Human Capital Management)。この市場で存在感を高めているワークデイが、今後の成長戦略を打ち出した。果たして、日本のクラウドHCM市場へのインパクトやいかに――。(2019/2/18)

SOLIDWORKS World 2019:
新時代の3D設計環境「xApp」、設計をクラウドで完結する時代は来るのか
メインストリームCADユーザーから古くより支持を集めてきたSOLIDWORKSと、クラウドの長所をフルに生かし新時代の設計環境として期待されるxApp。未来の設計環境はクラウドサービスへ突き進むのか。ダッソー・システムズでxApp製品を統括するStephen Endersby氏に、xAppの概要や戦略、デスクトップのSOLIDWORKSとのすみ分けなどを聞いた。(2019/2/18)

“バズワード”ではなくなった:
AWS×Azure、AWS×GCPなど、マルチクラウドの導入進む ハイブリッドクラウドを超える速さで浸透か
米Kentikが、クラウドサービスの採用率に関する調査結果を発表。AWSとAzure、AWSとGCPなどを併用し、マルチクラウド環境を構築している企業が多いことが分かった。こうした企業の比率は、ハイブリッドクラウド環境の企業を上回っていた。(2019/2/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。