• 関連の記事

「コンカレントエンジニアリング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コンカレントエンジニアリング」に関する情報が集まったページです。

DMS2019:
マツダのコモンアーキテクチャとフレキシブルライン生産を支えるデジタル変革
モノづくりの専門展「日本ものづくりワールド 2019」(2019年2月6日〜8日、東京ビッグサイト)の基調講演に、マツダ 常務執行役員 グローバル生産・グローバル物流担当の圓山雅俊氏が登壇。「マツダのモノ造り〜モノ造りの志と挑戦〜」をテーマに、同社の基盤となるモノづくりにかける志と挑戦の歴史などを紹介した。(2019/2/28)

事例で学ぶデジタルツイン(1):
デジタルツインがあれば、損失10億円のリコールを避けられた
製造業に大きな進歩をもたらすデジタルツインの姿について事例から学ぶ本連載。第1回は、製品開発段階で求められるデジタルツインに着目する。(2018/11/26)

PTC セミナーレポート:
デジタルデータ活用で個別受注設計の完全自動化を目指すエリオットグループ
東洋経済新報社が主催(PTC協賛)するセミナーに、エリオットグループ 生産・調達統括部 生産技術部長の柏井正裕氏が登壇。「デジタルデータのフル活用で個別受注設計を完全自動化」をテーマに、PTCの「Creo」を活用した個別受注設計の完全自動化への道のりと、「Windchill」を用いたグローバル設計環境の構築について紹介した。(2018/3/26)

MONOist 2018年展望:
3D CADの中でポリゴンとソリッドは歩み寄り、先輩から教わった常識を壊す時が来る
2017年は3Dプリンタ連携強化に伴う、ポリゴンとソリッドが歩み寄るような機能実装がさまざまな形で進んだ。2018年以降も引き続き両者は歩み寄り、メカ設計はより複雑化していくと考えられる。(2018/1/12)

MONOist10周年特別寄稿:
この10年で3D CADを巡る言葉は移り変わり、これから10年も学び続ける
MONOist開設10周年に合わせて、MONOistで記事を執筆していただいている方々からの特別寄稿を掲載しています。今回は「3D設計推進者の眼」を執筆いただいている飯沼ゲージ製作所の土橋美博氏による寄稿です。(2017/10/25)

Autodesk University Japan 2017/不二精機|事例:
業界トップのおにぎり成形機メーカーが取り組んだ“3D CAD推進”
食品加工機械メーカーの不二精機は、おにぎり成形機で業界トップシェアを誇る。同社では、年間約10機種の新規開発を行うとともに、既存機種のカスタマイズにおいても約30機種を手掛けている。開発型の企業である同社にとって開発効率の向上は重要な課題である。そこで業務プロセスを変革すべく、2D CADから3D CADへの移行を決断。2001年から行ってきた同社の3D CAD推進の取り組みを紹介する。(2017/10/12)

3D設計推進者の眼(24):
さまざまな要素が絡み合う、産業機械の不具合発生と品質確保の話
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は産業機械の不具合発生と品質確保のお話。(2017/9/21)

3D設計推進者の眼(23):
「実機レスによりデバッグ完了期間が1週間短縮」は大きいといえるのか
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は、フロントローディングとはどういうことなのか、実機レスデバッグの試算例も見ながら考えてみる。(2017/8/18)

3D設計推進者の眼(22):
コンカレントエンジニアリングは“逃げ”なのかい?
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は、とにかく時間に追われる設計現場だからこそ必要なコンカレントエンジニアリングと、TPD(Total Product Design)について考えてみました。(2017/7/12)

3D設計推進者の眼(21):
フロントローディングすると工数が増える現実――抵抗勢力と現場の勘違い
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は、推進者を悩ます人たちの裏に潜む問題について考えていきます。(2017/5/30)

PTCジャパン主催 CAD勉強会:
PTCが3D CADの歴史を振り返る――「Creo」の前身「Pro/ENGINEER」が生まれ、今に至るまで
3D CAD発展の歴史と、PTCの3次元設計ソフトウェア「Creo」の注目機能について、PTCジャパン 製品事業部 CADセグメントディレクターの芸林盾氏がやさしく解説する。(2017/4/18)

IT導入完全ガイド:
あの自動車部品も! 大規模製品開発プロジェクトの脱Excel管理術とは
プロジェクト管理に「Excel」を活用しているケースは多い。しかし、複雑化・多様化するニーズに迅速に対応し、厳しいグローバル競争を勝ち抜くためには、Excelシートによるプロジェクト管理では限界がある。では、プロジェクト管理ツールを導入してみてはどうだろうか?(2016/11/11)

Altair SimData Manager:
作業効率の向上を支援するシミュレーションデータ管理ソフト
Altairは、Altairパートナーアライアンスのソフトウェアラインアップに、PDTecのシミュレーションデータ管理ソフトウェア「SimData Manager」を追加した。(2016/11/11)

CAEニュース:
作業効率向上に貢献するシミュレーションデータ管理ソフトウェア
Altairは、Altairパートナーアライアンスのソフトウェアラインアップに、PDTecのシミュレーションデータ管理ソフトウェア「SimData Manager」を追加した。全てのシミュレーション関連データを、効率的かつシステマチックに管理できる。(2016/10/31)

Surface Bookで実現する設計者の新ワークスタイル:
PR:用途/課題別で探る“いつでもどこでもCAD”による革新のモノづくり
3D CADはいまや“モノづくりの基盤”となった。設計者がこの3D CADを場所や時間にとらわれないで使えるようになったら、どんな“モノづくり革新”が生み出されるのだろうか。「Surface Book×3D CAD」による“いつでもどこでもCAD”の可能性を、用途や課題別で探る。(2016/10/31)

製造IT導入事例:
エンタープライズPLMの導入で、海外拠点と事業部門の製品データを統合
Arasは、電子・メカトロニクス設計と製造ソリューションの先進的企業であるスウェーデンのESCATECが、エンタープライズPLMとして同社の「Aras Innovator スイート」を採用したと発表した。(2015/9/17)

視点:
Industry 4.0 10年後を見据えた発展途上の取り組み
 Industry 4.0 は、IOTを核に、「繋がる」、「代替する」、「創造する」という3 つのコンセプトで製造業の復権を狙っている。(2015/7/21)

3D設計推進者の眼(1):
設計改革とは何なのか
機械メーカーで3次元CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は設計改革について考える。(2015/6/30)

CADニュース:
「PTC Creo 3.0」、マルチCAD環境の完全提供へ
PTCは、「PTC Creo 3.0」単体で他のCADベンダーのファイルを閲覧したりインポートしたりできる機能の提供をアナウンスしていたが、今回それら全ての提供を開始した。これによりマルチCAD環境における作業効率が大きく向上するとしている。(2015/1/14)

約20年の歴史も振り返る:
電動自転車「PAS」がバッテリー1個分軽くなる、次世代駆動ユニットで進化
ヤマハ発動機は、電動アシスト自転車向けの次世代ドライブユニットを開発した。現行のドライブユニットと比べて、容積を約16%、重量を約20%低減する一方で最大トルクなどの性能を維持することに成功。2014年12月から順次投入するPASの2015年モデルに、このドライブユニットを搭載する方針である。(2014/11/14)

NEC:
PR:【事例で学ぶ!製造業成功の秘訣】全拠点を巻き込んだグローバルSCM改革が競争力強化のカギに!
製造業にとってグローバルレベルでの最適生産・供給体制の実現は必須事項だ。それには、従来の個別最適化から脱却し、全拠点を巻き込んだ企業グループ全体での最適化を実現するグローバルSCM改革が不可欠となる。それでは、成功した企業にはどういうポイントがあったのか? グローバルSCM改革の成功事例を通して、改革に必要なポイントについて考える。(2014/2/18)

面談不要の加工・成形屋さん(11):
PR:現役東大生設計者がプロトラブズで見積もってみた!
「ユカイなモノづくり」を目指すロボティクス企業 ユカイ工学は、人材発掘もユカイ? 今回登場するのは、現役東大生のメカ設計者の安住仁史氏。同氏が、前回登場した先輩・小島拓也氏のデザイン画を基に、機構設計を進めていくことになった。今回は、そのほんの一部を紹介する。(2014/2/17)

CEATEC 2013:
製造コスト10分の1! パイオニアの「発光層塗布型」有機EL照明モジュールが登場
パイオニアはCEATEC JAPANで、大幅な製造コスト削減を実現した「発光層塗布型」の有機EL照明モジュールのサンプルを参考出品した。従来の蒸着製膜プロセスを採用したものに比べ、製造コストは5分の1から10分の1に低減できるという。(2013/10/1)

電子ブックレット(製造マネジメント):
先手を打ったマツダの製造業革命――真の“コンカレントエンジニアリング”がもたらす新しい価値
それは、生き残りをかけた究極のイノベーションであり、産業史にも残るものであろう。マツダが次の飛躍に向けて進める大胆な開発・生産プロセス改革の深層を追った。(2013/7/23)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第19回 CADデータの統合とPLM
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第19回は、協調設計とCADデータの重要性や、設計を並行して進めるコンカレントエンジニアリング、PDMとPLMなどについて解説する。(2013/3/6)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第11回 LSI消費電力把握の必要性と試み
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第11回は、第10回に続き、LSIの消費電力についてさらに詳しく解説する。(2013/1/11)

モノづくりIT EXPO2012開幕直前レポート(1):
個別最適では生き残れない――自動車メーカーが乗り出した設計・製造プロセス改革
効率と収益性を考慮した開発体制に向かう自動車メーカーの動向から、設計・製造を貫くエンジニアリングチェーン改革について考える。(2012/2/6)

情報システム用語事典:
Wモデル(だぶりゅーもでる)
W-model / W字モデル(2011/11/7)

情報システム用語事典:
CALS(きゃるす)
continuous acquisition and life-cycle support / キャルス / 継続調達とライフサイクル支援(2011/9/9)

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(7):
実録! 製品設計・開発の業務改善 “失敗者”のパターン
製品設計・開発環境やプロセスをイマドキに変更したいのに、どうしてもうまくいかない……。その理由はやっぱり……!?(2011/8/18)

これからの設計の話をしよう(1):
クラウドを使ったサプライヤとのデータ連携
いよいよ設計・開発でもクラウド活用が本格化! とはいうものの、図面はIP情報そのもの。サプライヤ間連携などで実業務に耐えるようにするには?(2011/4/28)

踊る解析最前線(6):
造船業のCAD&CAE活用、ただいま進化中!
基本設計で作った3次元モデルを設計工程で活用するモチベーションがなかなか上がらない……。なので、少し発想を変えて、CAEに着目!(2011/2/25)

電気回路設計者向け 実践! EDAツール活用法(5):
電子機器設計部門向け データ管理システムの必要性
EDAツール活用法を知る連載。今回は設計作業以外に従来の回路設計現場が抱える課題について触れる(2010/8/18)

PLM導入プロジェクト、検討前に読むコラム(5) :
システム導入効果を伝えるシナリオ PLMシステム導入で仕事はどう変わる?
製品ライフサイクル全体を管理するためにはPLMを基軸としたシステム作りが急務。PLM導入・改善プロジェクトを担当する際に事前に知っておくべき話題を、毎回さまざまな切り口から紹介していきます。(2010/8/12)

第21回 設計・製造ソリューション展レポート(3):
3次元モデルを余すところなく生かす時代
今回は、CADやCAEのベンダの出展概況や製品を紹介する。各社それぞれ少しずつ異なる「3次元の生かし方」にも注目!(2010/7/13)

戦略構築のためのライフサイクル管理論(5):
PLMシステム改善PJ担当者のための覚書
自社の製品開発戦略をしっかり把握しているでしょうか? 製品開発・生産技術の効率化を追求していたとしても、しっかりとした戦略とマネジメント意識がなければ意味がありません。本連載では、マネジメント技術としてのライフサイクル管理を考えていきます。(2009/12/10)

戦略構築のためのライフサイクル管理論(4) :
ビジネスモデルとしてのPLM運用
自社の製品開発戦略をしっかり把握しているでしょうか? 製品開発・生産技術の効率化を追求していたとしても、しっかりとした戦略とマネジメント意識がなければ意味がありません。本連載では、マネジメント技術としてのライフサイクル管理を考えていきます。(2009/11/19)

戦略構築のためのライフサイクル管理論(2):
モノづくりシステムのROIがよくない5つの理由
自社の製品開発戦略をしっかり把握しているでしょうか? 製品開発・生産技術の効率化を追求していたとしても、しっかりとした戦略とマネジメント意識がなければ意味がありません。本連載では、マネジメント技術としてのライフサイクル管理を考えていきます。(2009/9/24)

戦略構築のためのライフサイクル管理論(1):
技術信仰だけでは勝ち残れない時代のイノベーション戦略
自社の製品開発戦略をしっかり把握しているでしょうか? 製品開発・生産技術の効率化を追求していたとしても、しっかりとした戦略とマネジメント意識がなければ意味がありません。本連載では、マネジメント技術としてのライフサイクル管理を考えていきます。(2009/8/28)

トヨタのカーデザインとデジタル生産(後編):
意匠のデータを設計・製造へ生かすCE
ボディーの形状データを生産などの後工程にスムーズに提供し、開発リードタイム短縮するトヨタのCEについて解説する。(2009/8/19)

トヨタのカーデザインとデジタル生産(前編):
トヨタの意匠 少し昔の事情といまの課題
従来の自動車開発は、デザイナ偏重。人の感覚のアナログ値基準では「ムダ、ムリ、ムラ」がどうしても発生する。(2009/6/23)

TOC流の開発型プロジェクト管理術「CCPM」(1):
なぜプロジェクトの進行計画はいつも壊れるの? 「クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント」とは
量産型工場の生産管理手法として生まれたTOCは、そのエッセンスを拡張させて設計開発型業務のマネジメントにも応用されている。TOCの最新ツール「クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント」を紹介しよう。(2008/12/17)

メカ設計 イベントレポート(4):
機械設計者の視点からPLMのあり方を考える
ITを導入したことで、設計者の役割を見失っていないだろうか。問題の根本が見えていなければ、便利なITも意味がない(2008/11/25)

リーン製品開発でムダな工数を30%削減する!(1):
日常業務に隠されたムダをとことん洗い出す
製造業の利益率は米国で十数%、アジアでも10%程度あるのに、なぜ日本企業はわずか数%なのか? 設計業務のムダな作業を削減し、ぜい肉の取れた“リーン”な製品開発を目指そう。(2008/3/17)

エンジニアスジャパン 加藤社長インタビュー:
メカ設計者たちよ、ニッポンの製造業を救え!(上)
いま、日本の製造業が危ない。それを救うには、従来の生産技術思想をひっくり返し設計初期段階からの品質の作りこみを徹底的にするべきだ(2007/10/19)

PLMは“勝ち組”製造業になる切り札か(2):
3次元CADをめぐる夢と現実を見極めよう
長い不況を抜け、ようやく明るい兆しが見えてきたニッポンの製造業。しかし、国際競争の激化や消費者ニーズの多様化により、「作れば売れる」時代は過去のものとなった。いかに売れるものを素早く市場投入するかが勝負の現在、PLMという視点から製造業のあるべき姿を考察する。(2007/8/23)

情報システム用語事典:
CRM(しーあーるえむ)
customer relationship management / カスタマリレーションシップ・マネジメント / 顧客関係管理(2003/11/2)

情報システム用語事典:
コンカレントエンジニアリング(こんかれんとえんじにありんぐ)
concurrent engineering / CE / 同時進行技術活動(2003/8/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。