「Core i5」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
用語解説 Core i5/i7 − @IT

AppleがTouch Bar付き「MacBook Pro」を刷新 15型モデルは「8コアCore i9」も選択可
AppleがTouch Bar付き「MacBook Pro」の新モデルを発売。15型モデルでは先日発表された第9世代Coreプロセッサを採用し、「8コア」も選べる。(2019/5/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i3-9100Fが登場も「渇きは潤せない」の評
品薄が続くCore iシリーズだが、先週は「Core i3-9100F」が登場し、新ステッピングの「Core i7-9700K」も出回るようになった。が、まだ乾きは潤すことができない……。(2019/5/21)

2in1 PCの原点に返ってみる:
2in1 PCの最前線「Surface Pro 6」を試して分かった驚き
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCの「Surface」シリーズ。その豊富なラインアップの中から、人気モデルの「Surface Pro 6」をチェックした。(2019/5/16)

「世界最軽量」よりも「バランス」――LAVIE Pro Mobileの新たなる挑戦
「世界最軽量」を追い求めてきたNECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズ。その後継である「LAVIE Pro Mobile」では、その看板をあえて掲げていない。その背景には何があるのだろうか。(2019/5/15)

エイサー、法人向けChrome OS搭載ミニPC「Acer Chromebox」にCore i5モデルを追加
日本エイサーは、手のひら大サイズの小型筐体を採用したChrome OS搭載ミニPCのラインアップに第8世代Core i5モデルを追加した。(2019/5/15)

プロシューマー向け13.3型モバイルノートPC「LAVIE Pro Mobile」登場 カスタマイズモデルは「LTE」「16GBメモリ」対応
NECパーソナルコンピュータの軽量モバイルPC「LAVIE Hybrid ZERO」の13.3型モデルが、新たな名前を得てモデルチェンジ。いわゆる「プロシューマー」をターゲットに、実用性を重視した設計となっている。(2019/5/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
10連休中にRyzen躍進! ショップによってはシェアがIntelを超える
PCパーツの一式買いが多かった連休中、全体的に品薄なCore iシリーズを尻目に各ショップでRyzenの売れ行きが目立っていたという。中にはシェアが逆転したという声も。(2019/5/14)

FAニュース:
世界約64%のフィールドネットワークに対応するデータ統合コントローラー
デンソーウェーブは、フィールドネットワーク対応のデータ統合コントローラー「IoT Data Server Field-B」を発売した。EtherCATなど世界中の約64%のフィールドネットワークに対応することから、さまざまな機器と接続できる。(2019/5/10)

週末アキバ速報:
Core iシリーズのバルク品を売る店と売らない店 苦悩が続くアキバの今
Intelのコンシューマー向けCPU「Core i」シリーズは長らく品薄傾向が続いている。バルク品を扱うショップもあり、逆にBTO向けのCPUが足りないと嘆く声もあり、それでもどうにかやりくりしている様子だ。(2019/4/27)

第9世代Coreプロセッサに追加ラインアップ モバイル向け第1弾はハイエンド向けの「Hシリーズ」
Intelの第9世代Coreプロセッサの新モデルが大量に登場。注目は、初登場となるモバイル向け。ハイエンド向けの「Hプロセッサ」に8コア16スレッドモデルを用意している。(2019/4/26)

13型台モバイルノートパソコンおすすめ“3選” 12万円以下の良コスパモデルをチェック(2019年版)
文章作成やプレゼン資料に大活躍するノートパソコン。その中でも13型台モデルは持ち運びがしやすいことから人気です。この記事では、その選び方を紹介しつつ、性能と価格のバランスが良好な実売価格12万円以下の機種を3つご紹介します。(2019/4/25)

エイサー、第8世代Core搭載で1kgを切る法人向けのスリム14型ノート「TravelMate X5」
日本エイサーは、薄型軽量筐体を採用した14型ノートPC「TravelMate X5」シリーズ3製品を発表した。(2019/4/23)

15型台Windowsノートパソコンおすすめ“4選” 10万円前後の高コスパモデルをチェック(2019年版)
文章作成やプレゼン資料に大活躍するノートパソコン。その中でも15型台モデルは“激戦区”です。この記事では、その選び方を紹介しつつ、性能と価格のバランスが良好な実売価格10万円前後の機種を4つご紹介します。(2019/4/20)

まさかこんなに使えるヤツだったとは:
「Surface Laptop 2」にもっと光を! プレミアムなモバイルPCを使って実感したこと
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCが「Surface」シリーズだ。登場から7年近くがたち、ラインアップも豊富になったSurface各モデルの魅力に改めて迫る。まずは「Surface Laptop 2」からだ。(2019/4/19)

Microsoft、先代より60%スリムな「Surface Hub 2S」を6月に9000ドルで発売へ
MicrosoftがWindows 10搭載大画面端末の2代目に当たる「Surface Hub 2S」を6月に米国で発売する。価格は8999.99ドル(約100万円)。先代より60%薄くなり、明るさは40%増。昨年5月に予告していたパネリングや回転機能は2020年の「Surface Hub 2X」までおあずけだ。(2019/4/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
初の第9世代Core i3が登場も「売り方に悩む」の声 HDDマウンタが人気の理由
第9世代Core iシリーズで初のCore i3モデルとなる「9350KF」が店頭に並んだ。枯渇気味のCore iシリーズの貴重な選択肢になりそうだが、複数のショップからは複雑な反応が返ってくる。それは――。(2019/4/15)

ASUS、スリムデザインの23.8型/27型液晶一体型PC 税別8万円台から
ASUS JAPANは、23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイを内蔵した一体型デスクトップPC「Vivo AiO」計2製品の販売を開始する。(2019/4/10)

組み込み開発ニュース:
「機械学習を全てのデバイスに」、Armが進めるプロセッサの性能向上
Armは2019年4月4日、東京都内で記者説明会を開き、クライアントコンピューティング向けに展開する推論エンジンのプラットフォーム「Arm NN」や、CPU、GPUや機械学習用プロセッサ「NPU」の動向について紹介した。(2019/4/10)

頭打ちのIntel、まだ伸びるArm:
5Gも機械学習も「ArmプロセッサIP」で全部やる
Armの日本法人であるアームは2019年4月4日、東京都内で報道関係者に向けたセミナーイベントを開催した。このイベントではクライアントコンピューティングに自動運転分野、そして、インフラにサーバ関連における最新動向とArmの取り組みについて説明がなされた。この記事では、5G(第5世代移動通信)、機械学習、人工知能などをクライアントコンピューティングにおいて最新の技術動向とArmプロセッサIPのロードマップについて紹介する。(2019/4/10)

ついにチルトアップデザインを採用:
新型「VAIO S15」が登場 6コア12スレッドのCPUに4K液晶やUHD BD対応
VAIOの15.6型液晶ディスプレイ搭載モデル「VAIO S15」がフルモデルチェンジを果たした。発売は4月19日からで、既に受注は始まっている。(2019/4/10)

ユニットコム、フラットデザインのキューブ型デスクトップPC
ユニットコムは、iiyama PCブランドからスマートな外観のキューブ型デスクトップPCを発売した。(2019/4/8)

狭額縁を強烈プッシュ:
ASUSが狭額縁の“モダンPC”を投入するわけ
ASUS JAPANが2019年3月29日、東京都港区にある「ASUS Store Akasaka」にてPC新モデルを発表した。ここでは、狭額縁の液晶ディスプレイを搭載したノートPC新製品を見ていこう。(2019/4/4)

3Dプリンタニュース:
XYZプリンティングがフルカラー3Dプリンタの“コンパクト版”を販売
XYZプリンティングジャパンは、FFF(熱溶解樹脂積層)方式フルカラー3Dプリンタ「ダヴィンチ Color」のコンパクト版「ダヴィンチ Color mini」の販売を2019年4月8日から開始すると発表した。(2019/4/4)

「Surface Book 2」 の13.5インチ、第8世代Intel Core i5モデル登場
Microsoftが2017年10月に発売したノートPC「Surface Book 2」の13.5インチモデルに、Intelの第8世代Core i5モデルが追加された。メモリ8GB、ストレージ256GBで価格は税込み20万664円。(2019/4/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
GPUなしCore iシリーズが登場も「価格差がない! あるのは在庫だけ」の声
Core iシリーズの品薄が叫ばれる中、GPU機能なしの「Core i9-9900KF」「Core i7-9700KF」「Core i5-9600KF」がラインアップに加わった。多くのショップは性能ではなく価格に対して一言ある様子だった。それは……(2019/4/1)

ASUS、テンキー機能内蔵タッチパッドを備えた13型モバイルノート「ZenBook 13 UX333FA」など4製品
ASUS JAPANは、テンキー機能付きタッチパッドを搭載した13型モバイルノートPC「ZenBook 13 UX333FA」など計4製品を発表した。(2019/3/29)

デル、最大26時間超のスタミナ設計を実現した2in1タイプの法人向け14型ノート「Latitude 7400 2-in-1」
デルは、2in1スタイルの14型ビジネスノートPC「Latitude 7400 2-in-1」の販売を開始した。(2019/3/28)

iMac Proは256GBメモリも搭載可能に:
iMacが最大8コアのIntel第9世代Core+Vegaに刷新 21.5型4Kモデルは15万4224円から
Appleが新型iPad AirとiPad miniに続き、iMacお新モデルを発表した。CPUに最大8コアのIntel第9世代Coreを選べるようになるなど、性能強化が図られている。(2019/3/20)

PR:Ryzen搭載でコスパも高い! 弁当箱サイズのデスクトップPC「Radiant SPX2700A300A」
容積が約2LというMini-STXフォームファクターのボディーにAMD Ryzenを搭載したコンパクトデスクトップPCが登場。人気の高い「DeskMini A300」をベースにサイコムらしいカスタマイズを加えた製品だ。(2019/3/15)

Apple、プロセッサを刷新したiMac発表
Appleは、第8世代/第9世代Intel Coreプロセッサを搭載した「iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)」「iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2019)」を発表した。(2019/3/19)

デル、個人向けPCが対象の「半期に一度のデル祭り」を開催中
デルは、個人向けPC購入者を対象とした「半期に一度のデル祭り」の開催を発表した。(2019/3/19)

ユニットコム、Radeon RX 590を搭載したコスパ重視のゲーミングデスクトップ
ユニットコムは、“iiyama PC”ブランド製ゲーミングPCのラインアップにRadeon RX 590搭載モデルを追加した。(2019/3/18)

いって! みて! さわって!:
PR:体験すれば“スゴイ”がわかる! 春のFMV「LIFEBOOK UH」の魅力
新生活が始まるこの時期、PCの新調を考えているなら富士通クライアントコンピューティングのFMVに注目!!(2019/3/16)

ASUS、タフネス設計のGTX 1050搭載15.6型ゲーミングノート
ASUS JAPANは、MIL準拠のテストをクリアしたタフネス仕様の15.6型ゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming FX505GD」を発表した。(2019/3/13)

エイサー、光学ドライブも備えたCore i5搭載のスタンダード15.6型ノート
日本エイサーは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したスタンダード15.6型ノートPC「A515-53-H58U/K」を発売する。(2019/3/12)

「大学生活はスマホがあれば十分」は誤解? 大学が今「ノートPC必携化」を進める理由
なぜスマホだけではダメなのか。(2019/3/12)

くまモン好きにはたまらない? 「VAIO S11」限定コラボPC
VAIOは、“くまモン”デザインが刻印された天板を採用する「VAIO S11 くまモンバージョン」を発売する。(2019/3/8)

そのコスパにしびれる:
“スマホのファーウェイ”が作る新モバイルPCはどうだ? MateBook 13の実力を確かめた
ファーウェイ・ジャパンが3月15日から順次発売する新型ノートPC「HUAWEI MateBook 13」を、いち早く入手できた。その性能をチェックしてみよう。(2019/3/8)

FAニュース:
高速化と拡張性を追求したファンレス組み込み用PC
コンテックは、ファンレス組み込み用PC「ボックスコンピュータ BX-M1000」シリーズを発表した。インタフェースが豊富で拡張性に優れ、マルチコアCPUを搭載しながら、ファンレスで稼働する。注文時にCPUやストレージ、OSを選択できる。(2019/3/8)

業界特化型、ゼロクライアントなどさまざま
主要15社のシンクライアントを徹底比較 Chromebook、Raspberry Piもあり?
本稿では、市場に出回る主要シンクライアントシステムを取り上げ、業界、コスト、データ使用に基づき比較する。どのシステムを購入するかを正しく判断する参考にしてほしい。(2019/3/7)

ASUS、光学ドライブ搭載ミニPC「VivoMini VC65-C1」に5年保証の法人向けモデル
ASUS JAPANは、同社製省スペースPC「VivoMini VC65-C1」シリーズのラインアップに法人向けの長期保証モデルを追加した。(2019/3/6)

エイサー、15.6型で1kgを切るスリムノートPC「Swift 5」など3製品を発表
日本エイサーは、世界最軽量をうたったスリムノートPC「Swift 5」など計3製品を発表した。(2019/3/5)

税別10万円切り“フルディスプレイ”ノートPC「HUAWEI MateBook 13」を日本投入
ファーウェイ・ジャパンが新型ノートPC「MateBook 13」を発表した。スペインで行われた「MWC19 Barcelona」において発表されていたモデルで、3月15日から順次発売される。(2019/3/5)

大学生にノートPCはいらない? 「Surface Pro 6」が2万9400円引きになるキャンペーン
日本マイクロソフトが新大学生向けプロモーション「大学生にパソコンはいらない?Surface が贈るリアルなキャンパスライフ」を開始。最大4万円がキャッシュバックされる学生優待プログラムも。(2019/2/28)

PR:美しく、高性能で、コンパクト――ファーウェイから破格の13型快適モバイル「HUAWEI MateBook 13」がデビュー
「HUAWEI MateBook 13」は、ジャスト13型のディスプレイを搭載したモバイルノートPC。狭額縁デザインでコンパクトにまとめたボディーにワンランク上の体験ができる高性能、エンタメ機能を備える。税別10万円を切るアグレッシブな価格設定で、新生活にもぴったりの1台だ。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/3/13)

充実スペックで10万円切り! デスクトップ向けCPUを搭載した超高コスパノートPC「m-Book G」シリーズ実力診断
デスクトップ向けの6コアCPUに、240GB SSDと 1TB HDDのデュアルドライブ構成で税別10万円を切るノートPCが登場。m-Book G550SN-M2SH2のコスパが高すぎる!(2019/2/27)

PR:第9世代Core×GeForce RTX 2060×超静音 「Silent-Master Pro Z390-Mini」がコンパクトなのにすごい!
サイコムの「Silent-Master Pro Z390-Mini」は、最新の第9世代CoreとGeForce RTXというイマドキの旬なパーツを使い、無音に近いレベルの優れた静音性を実現したコンパクトデスクトップPCだ。(2019/2/25)

サイコム、RTX 2080×2基搭載のSLI構成ハイエンドゲーミングPC計3機種を発売
サイコムは、GeForce RTX 2080×2基を標準搭載したハイエンドゲーミングPC計3機種の販売を開始した。(2019/2/25)

MWC19 Barcelona:
HUAWEIが“いいとこ取り”の「MateBook 14」と新型「MateBook Pro X」を発表
Huaweiが2月24日(現地時間)、スペインのバルセロナで開催されるMWC19 Barcelona(2月25日〜28日)の開幕を前にプレスイベントを実施、新型ノートPC「MateBook Pro X」と「MateBook 14」を発表した。(2019/2/25)

マウス、RTX 2060搭載デスクトップPCを各ブランドから発売
マウスコンピューターは、同社PCブランド「mouse」「DAIV」「G-Tune」からそれぞれGeForce RTX 2060搭載デスクトップPCの販売を開始する。(2019/2/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。