「コスト削減」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ロボット:
維持管理計画にも役立つビル壁面を走行する“打音検査ロボット”、5分で1m2を点検
高松建設と青木あすなろ建設は、「壁面走行ロボットによる外壁点検システム」を開発し、2019年8月から実物件で運用を開始する。ビル壁面の点検にロボットを採用することで、足場の仮設が不要となり、コスト削減や点検期間の短縮がもたらされる。(2019/7/17)

CPUとメモリを継続的に分析:
Google、アプリ用プロファイリングツール「Stackdriver Profiler」を一般提供開始
Googleは、クラウドサービスのパフォーマンス向上やコスト削減に役立つアプリケーション用プロファイリングツール「Stackdriver Profiler」の一般提供を開始した。本番環境でユーザーのコードがどのように実行されているかが分かるため、パフォーマンスの最適化やサーバ利用コストの削減に役立つ。(2019/7/3)

しまむらが「ZOZOTOWN」から撤退 理由はコスト削減、「ZOZOARIGATO」とは無関係
衣料品大手のしまむらが、6月20日正午に「ZOZOTOWN」から撤退。広報担当者は「販売手数料がかかるため、コスト削減のために撤退した」と説明する。今後は「当社独自のチャネルを活用し、低価格な商品を提供したい」という。(2019/6/20)

BAS:
AIでビル設備を最適化するクラウドプラットフォーム「JEM2.0」、テナントへの課金機能も
ジョンソンコントロールズ インターナショナルは、クラウドベースのビル設備データ解析プラットフォーム「JEM2.0」を発表した。JEM2.0は、エネルギー、資産、利用者、テナントなど、あらゆるビルにまつわるデータを一元的に管理するシステム。ビルに関するエネルギーや室内環境、光熱費などのあらゆるデータをAIで予測分析し、経費削減やオペレーションの効率化につなげる。(2019/6/12)

Dell EMC 提供ホワイトペーパー
「HCI」選びに失敗しない、適正コストを見極める評価ポイントとは?
コスト削減できるという点で注目されるHCIだが、想定よりも高額になるケースが珍しくない。導入を検討する際はどこにコストが発生するのか、本当にHCIが検討している用途に適しているのかを見極める必要がある。(2019/6/7)

新工法:
建築物の基礎梁せいを縮小し、コストを低減する奥村組の新工法
奥村組は、建築物の基礎梁を従来に比べて縮小でき、コスト削減と工期短縮をもたらす新工法を開発した。(2019/6/6)

ぐるなびのオウンドメディア「みんなのごはん」更新停止
ぐるなびが運営する食に関するオウンドメディア「みんなのごはん」の更新が6月27日に停止する。同社は業績が低迷し、コスト削減を進めている最中だ。(2019/6/3)

OSSのセキュリティリスクをどう低減するか?:
PR:OSS脆弱性情報の収集・管理・適用を、シンプル・確実にする方法
厳しいコスト削減要請やデジタルトランスフォーメーション(DX: Digital transformation)を背景に、オープンソースソフトウェア(OSS: Open Source Software)の活用が拡大している。コストを抑えながら、必要なソフトウェアを自由に利用したり組み合わせたりできる点はOSSの大きな利点だが、脆弱性情報の収集・管理をはじめ、セキュリティリスクにもしっかりと対応しなければ甚大なダメージを被るリスクも隠れている。だが、ただでさえ多忙な業務の中、一体どうすれば多種多様なOSSの脆弱性情報を確実に収集・管理できるのだろうか? 日立製作所(以下、日立) に話を聞いた。(2019/6/5)

IIJmio、フルMVNOで「SoftSIM」を提供 車両走行状況の遠隔監視サービスに採用
IIJは、法人向けフルMVNOサービスで通信モジュールにSIM機能を実装した「SoftSIM」を提供。物理的なSIMカードが不要になり、コスト削減や耐久性向上などIoTの実用化を推進する。(2019/5/27)

ネットワーク効率化の要点
クラウド時代のネットワーク、「SD-WAN」導入が増える“真の理由”とは
クラウドサービスの利用拡大に合わせてSD-WANを採用する動きが本格化している。SD-WANの機能でWAN回線の混雑解消、コスト削減などが期待できる。SD-WANがいま求められる理由や導入時のポイントを説明する。(2019/5/29)

“巨艦”トヨタ、異業種連携 次世代技術開発コスト削減狙う 
平成31年3月期の連結売上高が、国内企業で初めて30兆円を超えたトヨタ自動車だが、今後は車両の電動化や自動運転技術に巨額の費用がかかり、経営環境が厳しさを増すのは必至だ。(2019/5/9)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(10):
クラウドに対する淡い期待を5つ持っていませんか?――富士フイルム柴田氏が明かす、現実とのギャップの解消方法
近年、既存システムのクラウド移行を検討する企業が増えている。移行のハードルも下がってきており、「データを外に出せない」「セキュリティが心配」といった不安は着実に解消されつつある。一方で、クラウドに移行したにもかかわらず、「コストが増えた」「手間が増えた」といった声が聞こえてくるのは、なぜなのか? 自社に最適なサービスを選択し、「コスト削減」「ビジネスへの寄与」を実現するには何から始め、何をすればいいのか? どうすれば移行を成功させ、社内できちんと成果を評価してもらえるのか? 富士フイルムホールディングスの取り組みから「成果につながるクラウド移行」実現のポイントを探る。(2019/4/26)

クラウドベースにも注目
「SD-WAN」でWANコストを削減するための理想的な構成は?
WANの冗長性や効率性を高め、遠隔制御できるSD-WANを導入すると、なぜネットワークコストを削減できるのか。どのような構成が理想的なのか。詳しく解説する。(2019/4/26)

「業績は回復傾向に」 サイバーエージェント、下方修正から一転 AbemaTVは「フリーミアムで稼ぐ」
サイバーエージェントの2019年第2四半期(19年1月〜3月)の決算が発表された。1月末の下方修正の発表から一転、早くもコスト削減の効果が現れてきたという。(2019/4/24)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(9):
Excelを探す旅から始め、物理サーバを探す旅に――フジテック友岡氏が語るリフト&シフトの難しさ
近年、既存システムのクラウド移行を検討する企業が増えている。移行のハードルも下がってきており、「データを外に出せない」「セキュリティが心配」といった不安は着実に解消されつつある。 一方で、クラウドに移行したにもかかわらず、「コストが増えた」「手間が増えた」といった声が聞こえてくるのは、なぜなのか? 自社に最適なサービスを選択し、「コスト削減」「ビジネスへの寄与」を実現するには何から始め、何をすればいいのか? どうすれば移行を成功させ、社内できちんと成果を評価してもらえるのか? フジテックの取り組みから「成果につながるクラウド移行」実現のポイントを探る。(2019/4/24)

耐震:
耐震リフォーム向けオリジナル工法開発、フルスケルトン/部分的のどちらのリフォームにも対応
住友林業ホームテックは、木造住宅の耐震リフォームを対象にオリジナルの面材耐力壁を使用した工法を開発した。新工法は、耐震性を確保しつつ、施工性の向上も図り、工期短縮やコスト削減ももたらす。(2019/4/23)

コスト削減、アプリ改修迅速化のためにDWH専用機から移行:
PR:三越伊勢丹グループで約8000人の社員が使う顧客/商品分析のDWH基盤にOracle Exadataを採用。その狙いと効果は?
三越伊勢丹グループは、現場社員がデータに基づいて販売施策などの意思決定を行う“全員分析経営”の実践で知られる。それを支えているのが、約8000人の社員が利用するDWH基盤だ。同グループは先頃、この基盤をOracle Exadataで刷新し、コストを削減するとともに、ビジネスの要求に迅速に対応可能なデータ活用基盤を整えた。(2019/4/15)

鍵を握るのはWAN接続
「SD-WAN」でネットワークコストが安くなる“これだけの理由”
SD-WANでは、コスト削減の利点が強調されることが少なくない。どのようにコストを削減できるのかを考察する。(2019/4/16)

ヴイエムウェア株式会社×インテル株式会社提供ホワイトペーパー
ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?
仮想化とクラウドにより、効率化とコスト削減は大きく進んだが、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存している。そこで、昨今ソフトウェアベースのアプローチでインフラの刷新を目指す動きが加速している。(2019/6/25)

ヴイエムウェア株式会社×インテル株式会社提供ホワイトペーパー
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
vSphereの最新バージョンでは、新機能に加え、各コンポーネントの機能強化、運用性向上などが図られている。全面ソフトウェア化へのスムーズな移行、コスト削減など、次世代インフラを見据えた新たな要素について確認する。(2019/6/25)

学費納入、オンラインで可能に――近畿大学がインターネットバンキングとの連携開始、コスト削減や効率化に期待
近畿大学は、NTTデータ関西との協働により、インターネットバンキングを活用した新たな学費納入方式を導入。納付書なしで学費を振り込みできる。紙で運用していた納付書の送付を廃止し、事務手続きをペーパーレス化することで、管理作業の効率化やコスト削減、学費納付時の利便性向上を図る。(2019/4/8)

Zabbixとも相性良し、運用自動化ツール「新たな選択肢」:
PR:限られた予算・スキルでも、その日から運用コスト削減・品質向上を両立する方法
DX(デジタルトランスフォーメーション)トレンドの進展や人材不足などを背景に、一層のインフラ運用効率化が求められている情報システム部門。運用自動化はコスト削減、効率向上の大きな切り札だが、魅力的なツールは複数あれど、コストがハードルとなり導入を見送らざるを得ないケースも多い。そうした中、大手企業集団など多数の企業の注目を集め、着実に導入実績を伸ばしているという。運用自動化ツール“新たな選択肢”の中身とは?――ITソリューションの販売・構築を手がけるワイドテックに話を聞いた。(2019/4/8)

「全天球カメラ」と「寸法計測ソフト」で既存建物内を2日でCAD図面化、作業時間が従来の3分の1に
大成建設は、全天球カメラで撮影した360度パノラマ画像を基に、既存建物内を効率的に図面化する手法「T-Siteview Draw」を開発した。リニューアル工事における現地調査を迅速化し、建物管理者や利用者への影響を大幅に軽減するとともに、省人化によるコスト削減ももたらされる。(2019/4/3)

遮音性と軽量性を兼ね備え建設コストを削減する“CLT”の躯体床を開発
大成建設は、優れた遮音性能を持ちながら軽量性も両立させたCLT(直交集成板)の木造躯体床構造「T-WOOD Silent Floor」を開発した。(2019/4/2)

大開孔設置時でも梁高さを抑える基礎梁補強工法、“東京都市大学生寮”など6物件に適用
東急建設は、通常は開孔径の3倍の高さが必要とされる基礎梁(はり)を2倍の高さにまで抑え、コスト削減を実現した基礎梁補強工法「(仮称)RECT-HOLE)」を開発した。(2019/4/2)

「重い」「セキュリティが心配」を解決
クラウド時代に「使えるネットワーク基盤」の新基準とは?
コスト削減や柔軟な働き方を可能にするクラウドシフトは良いことずくめのように思える。しかし、「ネットワークが重くて使えない」「セキュリティが不安だ」といった新たな課題も浮上した。それをまとめて解決するにはどうすればいいのだろうか。(2019/3/25)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:部門単位のクラウド導入が失敗の始まり
特集は、クラウドコスト削減Tipsの前編。今回はクラウド導入最大のミスを指摘する。他にコラボレーションツールによる生産性の低下を防ぐ方法、Windows 10の新機能、Apple対Amazonの戦いで勝敗を左右する要素などの記事をお届けする。(2019/3/8)

スマートエネルギーWeek2019:
太陽光のコスト削減策として注目、各社が1500V対応の「分散パワコン」を日本市場へ
太陽光発電所のコスト削減策として、日本でも入力電圧1500V(ボルト)対応機器の採用に注目が集まりつつある。「スマートエネルギーWeek2019」ではこうしたトレンドに合わせて、パワコンメーカー各社が1500V対応の新型モデルを披露。各社ともに分散設置に対応するパワコンを展示した。(2019/3/6)

プロキシをオンプレミスからクラウドに移行することでよりセキュアに:
PR:実現すべき“クラウドシフト”に“働き方改革”、そのときネットワークに起きている課題とは
コスト削減や柔軟な働き方を可能にするクラウドシフトは良いコトずくめのように思える。しかし、「ネットワークが重くて使えない」「セキュリティが不安だ」といった新たな課題も浮上した。それをまとめて解決するにはどうすればいいのだろうか。(2019/3/1)

収益率改善に貢献:
PR:一過性で終わらせない間接材コスト削減!アビームが一気通貫したサポートを提供
企業の支出額の多くを占める「購買費」。しかし「間接材」については、「見える化し支出統制できている」と自信を持って言える企業はほんの一握りという。削減できれば企業の収益率改善にも貢献するが、そもそもどれだけコストがかかっているかすら把握していないことが意外に多い。(2019/3/1)

スマートエネルギーWeek2019:
1500V対応の太陽光向け分散パワコン、デルタ電子が日本市場へ
デルタ電子が太陽光発電のシステムコスト削減につながるとして注目されている1500V対応パワコンを披露。出力125kWのモデルで、2019年内に国内展開を開始する予定だ。(2019/2/28)

戸田建設がトータルコスト削減につながる“耐震ブレース”を本格適用
戸田建設は、自社開発した高性能かつ経済的な耐震ブレース「戸田式座屈拘束ブレース(TO-BRB)」を愛知県で建設中の生産施設で初適用した。成田PC工場で製造体制を既に確立しており、本格的な現場への適用段階に移行したことになる。(2019/2/27)

AWS、「EC2」向けベアメタルインスタンス5種を発表 高速処理・コスト低減
AWSが仮想サーバ「Amazon Elastic Cloud (EC2)」向けベアメタルインスタンスを発表。「m5.metal」「m5d.metal」「r5.metal」「r5d.metal」「z1d.metal」の5種類。いずれも基盤技術「Nitro System」を搭載し、高速処理やコスト削減などを実現する。(2019/2/15)

「攻めのIT」「経営への貢献」の具体像:
PR:RPAと運用管理ツールの連携で実現する「ビジネスの運用管理」とは
ビジネスの成果とITが直結している今、IT部門は「コスト削減」「システムの安定運用」だけではなく、「ビジネスへの貢献」が強く求められている。では近年、ビジネス部門が大きな関心を寄せているRPAやAIに対し、IT部門はどう取り組むべきなのだろうか?――2019年1月23日から販売開始された「JP1 Version 12」の新機能を軸に、「運用管理とは、システムの運用だけでなく、ビジネスの運用にまで拡大している」という現状を、伊藤忠テクノソリューションズ(以下CTC)と日立製作所との対談を通じて具体的に掘り下げる。(2019/2/18)

そのインスタンスは高性能すぎる可能性
クラウドの仮想マシン導入コストを削減する方法
多くの企業では、クラウドの仮想マシン(VM)に余計なコストをかけている可能性がある。本稿ではVMを適切なサイズにするための見直し方と、利用料を予算内に収めるための手順を説明する。(2019/2/13)

Gartner Insights Pickup(95):
“感情AI”技術、気付きにくい13の活用法
“感情AI”は企業の顧客エクスペリエンス向上やコスト削減にどう役立つのか。さまざまな業界における、13の気付きにくい活用方法を紹介する。(2019/2/8)

今年は販売の鈍化予想:
北米国際自動車ショー、各社の経営戦略の違いが鮮明に
新車販売が年1700万台を超える米国で、右肩上がりだった自動車市場が潮目の変化を迎えている。今年は販売の鈍化が予想され、メーカーは電気自動車(EV)などの成長分野の模索やコスト削減の圧力にさらされている。米ミシガン州デトロイトで27日に閉幕した北米国際自動車ショーでは、各社が発表する新型車や事業提携などから、経営戦略の違いも鮮明になっている。(2019/1/29)

自動化で効率はこうも変わる:
PR:「3時間から数分に」作業工程を短縮 日立製作所が導入したOSS利用の仕組み
開発のスピードアップやコスト削減のために、オープンソースソフトウェア(OSS)は欠かせない存在になった。ただしOSSを活用するにはライセンスの順守が大前提であり、担当者の頭を悩ます問題でもある。(2019/1/24)

自動化で効率はこうも変わる
「3時間から数分に」作業工程を短縮 日立製作所が導入したOSS利用の仕組み
開発のスピードアップやコスト削減のために、オープンソースソフトウェア(OSS)は欠かせない存在になった。ただしOSSを活用するにはライセンスの順守が大前提であり、担当者の頭を悩ます問題でもある。(2019/1/24)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー
はるやまグループに学ぶ基幹系システム刷新、理想的なクラウド移行の秘訣とは?
オンプレミスの仮想化基盤では、ハードウェアの定期的な更改コスト・業務負担が付きまとう。スーツ専門店などを展開する、はるやまグループのクラウド化事例から、課題解消に加え、コスト削減と処理速度の向上を実現する方策を探る。(2019/1/25)

CES2019:
車両1台で2万円のコスト削減、パナソニックの仮想化活用Androidコックピット
パナソニックは、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、1つのSoC(System on Chip)でメーターやセンターコンソールのディスプレイ、サラウンドビュー、リアシート向けのエンターテインメントを動作させるコックピットドメイン制御プラットフォーム「SPYDR 2.0」を発表した。(2019/1/10)

運用管理と障害対応の機能に注目
HCI選びのキモは導入後の運用管理コスト削減がポイント
IT運用管理を楽にするHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)に注目する企業は増えつつある。HCI選びで失敗しないためにも、運用管理やバックアップなど「使いやすさ」の観点で何を重視すべきかについて、最新事情を交えて識者が説明する。(2019/1/10)

自然エネルギー:
「パイナップル発電」で電力コストとCO2削減、伊藤忠がフィリピンで
伊藤忠商事がフィリピンの食品子会社を通じて「パイナップル発電」に取り組む。商品の製造過程で生じるパイナップル残渣からバイオガスを生成して発電を行う。電力コストの削減とCO2排出量の削減につなげる狙いだ。(2018/12/27)

Cloud Foundry導入事例
オープンソースソフトの商用サポートを捨てて得たメリット
ある企業が、PaaS基盤「Cloud Foundry」を商用版からオープンソース版に切り替えた。商用サポートを捨てるリスクと引き換えに同社が得たものは、コスト削減効果だけではなかった。(2018/12/18)

PR:その“過剰な保守”は本当に必要なのか 脱“ベンダー丸投げ”で生まれ変わる日本郵便、IT改革の舞台裏
コスト削減の文脈で語られがちな第三者保守サービスだが、日本郵便のCIO、鈴木義伯氏は、IT部門に誇りを取り戻し、新たな挑戦につながる道を切り開くものだと話す。いったいどういうことなのか。(2018/12/11)

自然エネルギー:
目指す再エネ比率ごとに3つの料金プラン、自家消費太陽光とセットでコストも削減
エコスタイルが「RE100」などに取り組む企業向けに、再エネ比率を高められる電力プランを発表。このプランと自家消費型太陽光発電を組み合わせることで、再エネ比率の向上とコスト削減を両立できるという。(2018/12/6)

組み込み採用事例:
フォードがOTA技術を採用、ソフトウェア関連リコールのコストを削減へ
ウインドリバー(Wind River Systems)は、フォード(Ford Motor)がWind River OTA更新テクノロジーを採用したと発表した。OTA更新により、ソフトウェアのリコールや付随するコストを削減する。(2018/11/13)

HCIのメリットは、オンプレの運用負荷低減だけではない:
HCIは“ハイブリッドクラウドインフラ”と捉えるべきだ――NetApp
国内でも毎年、倍々の勢いで企業導入が進んでいるHCI(ハイバーコンバージドインフラ)だが、導入目的のほとんどはオンプレミスの運用負荷低減とコスト削減にある。だがクラウドファーストも浸透しマルチクラウドに取り組む企業も増えつつある今、HCIも“オンプレミスに閉じた視点”で捉えたままでよいのだろうか。(2018/11/9)

エネルギー管理:
ローソンが「仮想発電所」に、電力コストを削減して需要家に還元
三菱商事とローソンが、コンビニの店舗を活用したバーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)事業への参入を発表。店舗の設備を遠隔制御して電力コストを削減し、こうしたコストメリットの一部を需要家に還元するという。(2018/11/7)

コスト面を中心に解説
HCIの導入でどのくらいの運用コストを削減できる 教育機関がITインフラ刷新
米国のある学区が、教育機関へのハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入を決めた。NetwareからHCIへの移行は、ITインフラの運用にどのような影響を及ぼしたのか、コスト面を中心に解説する。(2018/11/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。