• 関連の記事

「クラウドソーシング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラウドソーシング」に関する情報が集まったページです。

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
日本企業が欧米のアニメ・マンガ業界“支配”に挑む!? 相次ぐ買収劇に潜む「真の狙い」とは
日本企業が欧米のオタクコンテンツ系企業を相次ぎ買収している。あまり話題にならないニュースだがアニメ・マンガ業界の大転換も。アニメ・映像報道の第一人者、数土直志氏が斬る。(2019/8/22)

企業はITリソース不足を「外注」でカバーせよ? ガートナーが新指針
ガートナー ジャパンは、デジタル時代のパートナー戦略に関する指針を発表。ユーザー企業は、リソースが限られていることを前提にしたIT施策を遂行していく必要があり、そのためには、社外のパートナーを広く捉え、その能力を有効活用する取り組みが欠かせないという。(2019/8/21)

あの会社のこの商品:
人の心を癒すロボット「Qoobo」は、どのようにして生まれたのか
「ペットを飼いたいなあ」と思っていても、何らかの事情で飼えない人も多い。そのような人たちに癒やしを提供するのが、ユカイ工学の「Qoobo」。海外でも評判が高いユニークなロボットは、どのようにして誕生したのか。(2019/8/22)

IoTのイノベーションは問題解決から(13):
問題解決のテクニックで誰もがイノベ―ター
今回は連載の最終回として、新たな時代の中でイノベーションを実現するのに最も重要な“問題解決力”について取り上げます。(2019/8/21)

「社会との繋がり持ちたい」 プレゼン音声読み上げソフトを自ら開発したALS患者に話を聞いてきた
Amazon PollyとPowerPointを組み合わせるプレゼンテーションシステムを自ら開発したALS患者、高野元さんに話をうかがった。(2019/8/20)

京アニ支援のクラウドファンディング アニメ関連NPOが開始
即日100万円を達成しました。(2019/8/19)

京アニ支援のクラウドファンディング、Makuakeで開始 「支援の方法は1つでも多く用意されているべき」
京アニへの支援金を募るクラウドファンディングが8月19日、「Makuake」で始まった。アニメ産業を支援するNPO法人・ANICが、JAniCAの協力を得て実施。支援金から振込手数料を差し引いた全額を、京アニの口座に振り込む。(2019/8/19)

これが悪魔の儀式か…… 燃えるビジュアルが衝撃的すぎる「ドクロ型の着火剤と炭」がクラウドファンディングで登場
デスメタルのMVに使えそう。(2019/8/18)

小松左京作品のオーケストラコンサート企画始動 「小松左京音楽祭」開催に向けクラウドファンディングで支援を募集中
名作『日本沈没』を表現した名曲の楽譜と音を後世に残すために。(2019/8/18)

目指すはマン島TT公道最速!! ジャパンメイドの電動スーパーバイク「烈風」開発中 クラウドファンディング開始
「速くてかっこええやつが1番渋い」の意気込み。(2019/8/16)

すでに目標金額の200%達成:
”落とさない“マグネット内蔵リング付き手帳型スマホケース「…to」、クラウドファンディングで予約受付中
Studio Y Creationがクラウドファンディングサイト「Makuake」で「『...to』手帳型リング付スマートフォンケース」のプロジェクトを進行している。フラップをコンパクトに折り畳められ、リングに指を通せば安定した操作で「落とさないスマホケース」をうたうこのケースは、すでに目標金額の200%を達成している。(2019/8/14)

開始2分で1000万円! 声優・平山笑美の1stソロライブ開催決定に「早すぎ」「何も出来ずに終わってました(笑)」と驚きの声
1時間で2000万円超えました。(2019/8/14)

棚一つ分の小さな“本屋”が78軒集まったお店 シェアする本屋「ブックマンション」に行ってきた
お客さんに自分の“推し本”をプレゼンできる全く新しい古本屋!(2019/8/10)

英雄たちの愛刀モチーフの包丁がクラウドファンディングに登場 「陸奥守吉行」「和泉守兼定」「へし切長谷部」の3振り
熟練の包丁職人が1本1本丁寧に刃付けをしています。(2019/8/8)

3Dプリンタニュース:
AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダーメイドインソール
ジャパンヘルスケアは、AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダーメイドインソール「HOCO」を発表した。ユーザーがスマートフォンで撮影した写真をAIが解析し、3Dプリンタでそれぞれの足に合ったインソールを作製する。(2019/8/8)

夏の超小型PC特集:
キーボードの使い勝手はどれだけ変わる? CHUWIの8型超小型PC「MiniBook」を試す
7型〜8型クラスの液晶ディスプレイを搭載した、超小型PCの選択肢が増えている。本特集ではそれらの使い勝手を細かく見ていく。お気に入りの1台を見つける一助としてほしい。(2019/8/7)

「まだ4月分の給与も支払われていない」「ミルクやオムツも買えない」 元従業員に聞いた「白鳥エステ」給与未払い問題の内幕
社員からの個人融資の募集、社保の未払いも表面化してきました。(2019/8/6)

「企業を狙うサイバー攻撃に国境はない」:
PR:精鋭ホワイトハッカー1000人の力を世界から結集 日本企業を強くするペネトレーションテストとは
IoTや自動運転など、ビジネスにおけるデータの活用価値の向上と同時に危険性を増しているのがサイバーセキュリティだ。優良顧客の獲得を目的に、信頼性の強化と脆弱性検査に取り組む企業が増えている。ただし、その多くは特定のセキュリティツールやシナリオに依存した各社独自の内容で、本当の意味で攻撃者の視点に立った防御や、顧客が安心できるレベルの対策に至っていない。国内でも政府調達におけるガイドライン対応の義務付けが始まった今、この課題をクラウドソーシングで解決するサービスが日本にあることをご存じだろうか。(2019/8/5)

「早すぎます!」「もう達成とは」 『天体戦士サンレッドN』の単行本化プロジェクト、1時間で目標額の120万円に到達
今なお続くサンレッドの展開に感謝の声も。(2019/8/4)

安田顕、大ファンのアニメ映画「この世界の片隅に」に愛つづる 過去には1人で聖地巡礼も
サントラ聞きたくなるの分かる。(2019/8/4)

「全財産が138円」「ライフラインがどんどん止まってる」 人気エステサロン「白鳥エステ」の賃金未払い問題で何が起きていたのか
白鳥エステことHSbodydesignの賃金未払い問題の状況を整理しました。(2019/8/1)

VTuberとの握手会、実現へ 「Project ToucH」始動、大阪大学が協力
VTuberに物理的に触れる技術を開発するプロジェクト「Project ToucH」が始動。まずVTuber「響木アオ」と握手できる「アオちゃんの手」を制作する。(2019/7/31)

ゾンビ映画「死霊のえじき」吹替版制作プロジェクト、1週間もたたずにクラウドファンディングで100万円を突破!!
時代を超えてファンを魅了する、ゾンビ映画のマスターピース。(2019/7/30)

うぉぉ、何か、妙に新鮮!?!? カストロールの「カーシャンプー」登場、日本限定販売
あの「カストロールの香り」がするのかな〜。(2019/7/30)

「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」まさかのVer.1.03配信開始! ツインスティックへの対応準備で
他にも一部のバグ修正など、23項目の変更が行われます。(2019/7/29)

京都アニメーション、5カ国語で感謝と再起誓うメッセージ 支援の声「かけがえのない縁(よすが)」
「皆さんの想いは、今、暗闇に立ち向かっている私たちにとって、かけがえのない縁(よすが)です」と、感謝と再起を誓うメッセージを公開しました。(2019/7/29)

小さくて軽量な折りたたみチェア「Sitpack」新作がクラウドファンディングに登場 座り心地良さそうなハンモックシートに
シートが変更され、前モデルよりお尻にやさしそう。(2019/7/26)

講談社、クラウドファンディングで立命館大と提携 研究者を支援
講談社が、科学研究に特化したクラウドファンディングサイト「ブルーバックス・アウトリーチ」で立命館大学と協業する。ブルーバックス編集部のノウハウを生かし、研究者をサポートするという。(2019/7/25)

イノベーションのレシピ:
岐路に立つJDI、“B2C”の新規事業は起死回生の一手になるか
厳しい経営状況に直面するジャパンディスプレイ。同社は起死回生の一手として2018年4月に新規事業プロジェクト「JDI Future Trip Project」を立ち上げ、2019年度内にB2C製品を販売開始する予定だ。同事業で部長を務める井戸靖彦氏を始め、JDIの起死回生を担うメンバーたちに新規事業と製品にかける思いを聞いた。(2019/7/24)

京都アニメーション、支援金の受け付け口座を発表
「再建を目指して最善の力を尽くしていく所存」としています。(2019/7/24)

エアコンは“着る”時代に ソニーが冷温ウェアラブルデバイス「REON POCKET」のクラウドファンディングを開始
涼しい夏にしたい。(2019/7/24)

Adobe、京アニ支援に5万ドル 「京アニは世界のクリエイティブコミュニティーの中心の1つ」
京アニを支援するクラウドファンディングに、Adobeが5万ドル(約540万円)を寄付したことが分かった。Adobeは「微力ながらお役に立てることがあればと思い支援した」などとコメント。同社から公表するべきこととは考えておらず、対外的に発表はしていなかったという。(2019/7/24)

落書きだらけの家が現実に……! 「範馬刃牙の家」のジオラマが原作愛感じるクオリティーで反響呼ぶ
あの印象的なバキの自宅が精密に立体化されました。(2019/7/23)

日本動画協会、放火事件受けて京アニ支援を表明
義援金の募集を予定しています。(2019/7/23)

今日のリサーチ:
フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割以上の企業がフリーランスを「効果的」と考えているようです。(2019/7/23)

カルビーの“のっけるおかず”「のせるん♪」がクラファンで成功 食パンに塗るだけでバランスのいい食事に
ラタトゥーユ、ホワイトシチュー、ポークカレーのおかずパンを簡単に。(2019/7/23)

LINE Pay、企業から個人の送金サービス シェアリングビジネスで送金の需要増
LINE Payが、企業から個人へ送金できるサービス「LINE Pay かんたん送金サービス」を始めたと発表した。(2019/7/22)

ソニー、インナーウェア装着型冷温ウェアラブルデバイス「REON POCKET」のクラウドファンディングを開始
ソニーのクラウドファンディングサイト「First Flight」で、インナーウェア装着型冷温ウェアラブルデバイスのプロジェクトがスタート。専用インナーウェアの首もとにあるポケットに端末を装着し、スマホで最適な温度に調整することができるという。(2019/7/22)

京アニ募金「可能な限り最も直接的で意味のある援助を」 海外発のクラウドファンディングが2億円を超える
京アニの海外版BDなどを手掛ける企業が主導。(2019/7/22)

東京メトロ公認「東京メトロ路線マークのイヤリング&ピアス」爆誕 あれ、意外とかわいいかも
さりげなく主張できる地下鉄愛。(2019/7/22)

ソニー、ペルチェ素子を使った“着られるエアコン”を開発 カメラの熱制御技術を活用
ソニーが体を暖めたりクールダウンできるウェアラブルデバイス「REON POCKET」を開発し、クラウドファンディングを始めたと発表した。(2019/7/22)

PR:社員が安心して働ける企業はスピード成長する ピョートル氏が提言する「本当に必要な組織変革」は
(2019/8/1)

原動力になったのは“2ちゃんねる”――7年前、VIPでスレを立てていた「我流ラテアート職人」の今
「VIPから来ました」というお客さん大歓迎だそうです。(2019/7/21)

アニメイト、京アニ放火事件を受け店頭募金開始へ
「あまりの凄惨な状況に驚き、大変痛ましく感じております」とコメント。(2019/7/19)

FinTechベンチャーのOLTA:
ITで資金繰り改善 請求書を売ってすぐに資金化できるファクタリングが実現できたワケ
ネットを活用して、中小企業の資金繰りを支援するクラウドファクタリングが成長している。ファクタリングとは、請求書を売却して早期に現金化するサービス。会計サービスなどの広がりで、与信に必要なデータが揃いやすくなってきことがサービス実現のポイントだ。(2019/7/19)

ずっと見ていられそう 不規則な軌跡をLEDで描く二重振り子「カオスメーカー」登場
ハンドスピナーを加えたり三重振り子にしたり、自由にカスタムできます。(2019/7/18)

「心は京アニと共に」 海外でクラウドファンディング開始、目標額は約5400万円
応援の声が各国から寄せられています。(2019/7/18)

シンガポール発のユニコーン企業:
リテールテックのTraxが日本市場に本格参入 画像認識で店舗の棚を見える化
店舗の商品棚の前で撮影した写真を機械学習で画像認識し、在庫状況や商品棚上のシェア、 品切れ情報などが簡単に確認できるようになる。(2019/7/15)

「クラウドファンディング」の本質とは何か
大企業が乗り出し始めたクラウドファンディング。その意味は単なる資金調達のための手段から大きく変わってきている。(2019/7/12)

地銀や信金は、なぜクラウドファンディングMakuakeと提携するのか?
地方の技術を生かした製品は従来の商流のまま、地方に埋もれたままになっていることが多い。一方で、クラウドファンディングを運営するマクアケは、優れた製品のプロジェクト化を進めたい。その架け橋となったのが、各地の地銀や信金だった。(2019/7/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。