「ディープラーニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディープラーニング」に関する情報が集まったページです。

合理化が始まるのか?:
スタートアップがひしめくAIチップ市場の現状
AI(人工知能)チップ市場は現在、“深層学習が全て”という状態にある。深層学習は、実世界の中でAIアプリケーションを役立てるという機械学習の枠組みの中で、最も成功している分野である。(2020/8/13)

AI・機械学習の用語辞典:
バーニーおじさんのルール(Uncle Bernie's rule)とは?
用語「バーニーおじさんのルール(Uncle Bernie's rule)」について説明。ニューラルネットワークの重みパラメーター数の10倍以上の訓練データが最低限必要であるとする経験則を指す。(2020/8/12)

Innovative Tech:
写真や動画を「新海誠みたいに」「宮崎駿っぽく」変換できる「AnimeGAN」 武漢大学などが開発
実写をアニメの色調に変換してくれるフレームワークが誕生した。宮崎駿、新海誠、そして今敏監督作品のような色彩が得られるという。(2020/8/11)

AIがマスク着用を判定するWebサービス、ユーザーローカルが無料公開
ディープラーニングの技術を活用し、人の顔画像からマスクを着用しているか判定するAIツールの提供をユーザーローカルが始めた。利用は無料。(2020/8/11)

PR:今、ゲーミングノートPCが熱い理由 お勧めモデル購入指南【2020年夏版】
Intelの第10世代Coreプロセッサ登場に合わせて、各社からゲーミングPCの新モデルが続々とリリースされている。この機会にゲーミングPCの買い換えは新規購入を考えている人も多いだろう。そこで、最新トレンドと購入選択のポイント、さらには今買いたいお勧めモデルを紹介しよう。(2020/8/6)

ソニー、会話するときだけ外音を自動取り込みできるヘッドフォン ノイキャン性能も進化
ソニーがノイズキャンセリングやユーザーの声を検知して他人と会話したいときだけ外音を取り込む機能を搭載したヘッドフォン「WH-1000XM4」を発売する。店頭予想価格は4万円前後(税別)。(2020/8/7)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
PyTorchで畳み込みオートエンコーダーを作ってみよう
PyTorchが提供するConv2dクラスとConvTranspose2dクラスを利用して、畳み込みオートエンコーダーを作成してみましょう。(2020/8/7)

Innovative Tech:
動画内の素早い動きから3D人体モデルを連続生成 深層学習を活用
ダンスのような激しい動きでも破綻なく3Dモデルを生成できる技術が生まれた。(2020/8/5)

衛星データとAIで、駐車場用スペース自動検出 さくらインターネットとakippaなど協力
衛星データとAIによる画像認証を活用し、駐車場用のスペースを自動検出するためのプログラムを、さくらインターネットと、AIコンサルティングのRidge-i (リッジアイ)、駐車場予約アプリのakippaが共同で開発中だ。(2020/8/5)

Intelはアウトソーシング拡大か:
Intelの7nm大幅遅延、AMDはシェア拡大へ
Intelは2020年7月下旬、同社の技術ロードマップにさらなる遅れが生じる見込みであることを明かした。このことから、EE Timesが先日報じたように、AMDが今後、Intelの市場シェアを奪い取っていくのではないかと考えられる。(2020/8/5)

MLPerf Training v0.7:
NVIDIAとGoogle、AI指標でトップ性能達成を主張
機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の第3ラウンド(「MLPerf v0.7」)において、8種類の機械学習モデルを対象としたスコア結果が発表された。ライバル同士であるNVIDIAとGoogleは、いずれもトップ性能を達成したと主張する。(2020/8/4)

人工知能ニュース:
教師データなしで異常値を検出できるAI技術を開発
富士通研究所は、教師データなしで高次元データの特徴を正確に獲得するAI技術「DeepTwin」を開発した。情報圧縮技術と深層学習を融合し、ネットワークへの不正アクセスや、医療データの異常値をAIで検知する。(2020/8/4)

物流のスマート化:
ワーク運搬に最適な速度と力を自動調整、MUJINが見据える物流のスマート化
MUJINは2020年7月28〜30日にかけて、東京都江東区のロボットセンターで特別内覧会を開催。同社開発のマルチピックハンドを搭載したデパレタイズロボットなど、物流の自動化、省人化に貢献する各種ロボットのデモ展示を行った。デモ展示で披露されたのは、荷下ろしを行うデパレタイズ(荷下ろし)ロボット、パレタイズ(荷積み)ロボット、段バラシロボットなど。(2020/7/31)

特徴的な格子構造を発見:
ディープラーニングで生成された「ディープフェイク画像」を周波数領域で見破る ルール大学
ルール大学の研究チームが、ディープラーニング技術を用いて生成されたフェイク画像を識別する方法を開発した。(2020/7/31)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
PyTorchでCIFAR-10を処理するオートエンコーダーを作ってみよう
CIFAR-10の画像データのエンコード/デコードをうまく行うために、圧縮後の次元数とエポック数を変化させながら学習させてみましょう。(2020/7/31)

Gartner Insights Pickup(168):
デジタルビジネスの成功に向けてAIを使いこなすための5つのポイント
インフラストラクチャ&オペレーション(I&O)のリーダーは、デジタルビジネスの取り組みの大きな起爆剤として、AIを戦略的に活用する必要がある。本記事では、インフラストラクチャという側面からAIにどう取り組むべきか、5つのポイントを紹介する。(2020/7/31)

オールフラッシュの高速処理基盤を気軽に導入:
PR:AI開発や金融機関をはじめニーズが拡大している中小規模のオールフラッシュとは?
「大容量で高速、ハイエンド向けで高価」だったオールフラッシュ。新たに登場した中小規模向けのオールフラッシュは、高処理性能はそのままに低価格を実現する。その詳細とは。(2020/7/31)

車載情報機器:
カーナビが「前の黒いクルマに続いて曲がって」と案内、三菱電機が開発
三菱電機は2020年7月22日、自然な言葉で人と機器が円滑に意思疎通する技術「Scene-Aware Interaction(シーン・アウェア インタラクション)」を開発したと発表した。(2020/7/30)

キャリアニュース:
2020年第2回G検定、前回から倍増し1万2552人が受験――合格率は68.96%
日本ディープラーニング協会が「2020年第2回 G検定」の結果を発表した。前回検定の約2倍で過去最多となる1万2552人が受験し、8656人が合格。合格率は68.96%だった。(2020/7/30)

AI関連でいえば半数以上が深層学習に関する特許:
出願数増加の要因は深層学習 特許庁が「AI関連特許出願件数」の調査結果を発表
特許庁は、AI関連特許出願件数の調査結果を発表した。2018年のAI関連特許出願件数は4728件。AI関連出願が増加している最大の要因は深層学習で、2018年にはAI関連出願のうち機械学習関連が85%を占めた。(2020/7/29)

人工知能ニュース:
ランダムフォレストで自動追加学習を可能にしたエッジAI向けアルゴリズムを開発
エイシングは、機械学習アルゴリズムの1つである「ランダムフォレスト」で自動追加学習を可能にしたエッジAI向けアルゴリズム「SARF」を開発した。パラメーターチューニングが少ないため、初期学習モデルが迅速に構築でき、運用上の変化にも柔軟に対応できる。(2020/7/28)

製造ITニュース:
作業員の位置や動作を可視化し、生産性を向上するソリューション
東芝デジタルソリューションズは、IoTやAI技術を活用して、作業員の位置や動作、発話などの情報を収集、可視化、分析する「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」の提供を開始した。必要な機器やソフト一式を貸与方式で提供する。(2020/7/28)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]偏微分を応用して、重回帰分析の基本を理解する
これまでに見てきた、説明変数が1つだけの回帰分析と偏微分の基本知識を踏まえて、複数の説明変数がある重回帰分析を行うための基本的な方法を理解しよう。(2020/7/28)

AI・機械学習の無料電子書籍:
無料で読める「機械学習/ディープラーニング」の有名書籍 厳選4冊
「PyTorch公式のディープラーニング本」に加え、「Goodfellow本」「PRML本」「カステラ本」といった通称で愛される、超有名な書籍が無料で読める。厳選したこの4冊のリンク先と概要を紹介する。(2020/7/27)

AI音声合成ソフト「CeVIO AI」年内発売 ONE、IA、結月ゆかり、v flowerなど音源化
テクノスピーチが、ディープラーニング技術を活用して人間らしい音声を合成するソフト「CeVIO AI」を年内に発売すると発表した。(2020/7/22)

AI・機械学習のデータセット辞典:
PyTorch/TensorFlow/Keras/scikit-learnライブラリ内蔵のデータセット一覧
機械学習やディープラーニング用の主要ライブラリが提供する「画像/音声/テキストなどのデータセット」の名前とリンクを表にまとめ、典型的な使い方を簡単に紹介する。(2020/7/22)

IaaS市場はなぜ伸びている? 大手3社の戦略の違いは? クラウド業界事情を基礎から徹底解説
クラウドは2000年代半ばに登場した比較的新しい技術でありながら、現在では当たり前の存在となった。目まぐるしく変化を続けるクラウドへの理解を深めるため、市場の中でも特に成長が著しいIaaS領域に着目し、世界の主要ベンダーとその動向をみていこう。(2020/7/22)

2.6倍売れた:
初週売り上げ、過去最高! 異例のロングスカートが生まれたワケ ヤフーと三越伊勢丹が見抜いた「隠れた欲求」
蓄えたデータを外部の企業にも開放し始めたヤフー。データを分析することで消費者の「隠れた欲求」を引き出し、商品開発を支援している。三越伊勢丹と一緒に生み出したロングスカートは、大ヒットを記録したという。(2020/7/22)

センシング:
カメラと低解像度LiDARで高精度な深度予測、開発コストは7割削減
英国のケンブリッジコンサルタンツは、カメラと低解像度のLiDAR(ライダー、Light Detection and Ranging)から物体までの距離を高精度に予測するセンサーフュージョン技術を開発したと発表した。(2020/7/20)

AI/IoTプラットフォーム:
PR:製造業に迫る「2025年の崖」。進まないAI活用の実現策は?
日本企業に強く求められているデジタルトランスフォーメーション(DX)の中でも鍵を握るとされているのがAIだ。国内の製造業もAIの活用に意欲を示しているが、効果的な取り組みを進められていない状況にある。NTTPCコミュニケーションズ、NVIDIA、ALBERTの3社はWebセミナーを開催し、国内製造業が効果的かつ効率的にAIを活用し、DXを推進するのに必要なアプローチについて訴えた。(2020/7/20)

AIが審査する写真コンテスト、「MARINE&WALK YOKOHAMA」で開催 加工や合成大歓迎 撮影に行く必要なし
横浜の赤レンガ倉庫に隣接する商業施設「MARINE&WALK YOKOHAMA」が、“SNS映え”する写真をテーマにした「ニューノーマルなフォトコンテスト」を開催。公式の写真素材を用意して現地へ撮影に行く必要をなくした。(2020/7/15)

スーパーストリーム、請求書処理をAI処理で自動化する「SuperStream-NX AI-OCR(請求書)」を提供開始
スーパーストリームは、会計業務に特化した人工知能を搭載する「SuperStream-NX AI-OCR(請求書)」を発表した。(2020/7/15)

スマートファクトリー:
製鉄現場のAI活用、画像×AIで緩衝材不良の検出率85%、過検出0.02%に
NECは2020年7月13〜17日、バーチャルイベント「NEC iEXPO Digital 2020」を開催。本稿では、テーマセッション「ディープラーニングによる異常検知システムの実用化 〜製鉄生産現場の品質向上〜」に登壇した、日本製鉄 名古屋製鉄所 設備部 制御技術室 主査の園田貴之氏の講演内容を紹介する。(2020/7/15)

AI-OCRで請求書の入力から会計システムへの登録までを自動化――スーパーストリーム、会計システムの新機能をリリース
紙やPDFで受け取った請求書を読み取り、証憑の電子保存や会計システムへの記帳といった一連のプロセスを自動化する。独自AIの活用で、さまざまなフォーマットの請求書を解析し、勘定科目を推定して仕訳データを自動作成する。(2020/7/15)

高次元データの特徴を正確に獲得:
教師データなしでもAI技術の判断精度を向上
富士通研究所は、教師データなしでも入力データの特徴量を正確に捉えることができるAI技術「DeepTwin(ディープツイン)」を開発した。2021年度中の実用化を目指す。(2020/7/15)

Innovative Tech:
Google、実写の3D映像を記録する46台のカメラシステムを開発
遠近感、奥行き、光の反射などをリアルに感じ取れる実写3D映像を多数のカメラを使い、撮影する。(2020/7/14)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]偏微分の基本(意味と計算方法)を理解する
「偏微分」って何? いかにも難しそうな名前だが、微分を理解していれば意外に簡単。前回までの知識を踏まえて、今回は偏微分の意味と計算方法を理解しよう。(2020/7/14)

富士通、教師データなしでデータの特徴を正確に獲得できるAI技術 世界初
富士通研究所が、教師データなしで通信ログや医療データのような高次元データの特徴を正確に獲得できる技術を世界で初めて開発したと発表した。AIの精度向上が期待できるという。(2020/7/13)

スタジオや特殊なカメラは不要:
複数のスマホで撮影したビデオから「4D映像」を生成、カーネギーメロン大
カーネギーメロン大学の研究チームが、スタジオや特殊なカメラを使わなくても、「4D映像」を生成できる手法を開発した。複数の「iPhone」で撮影したビデオ映像を組み合わせ、さまざまな角度から動きを見たり、視線を一時的に遮る人や物体を消去したりできる。(2020/7/13)

人工知能ニュース:
エッジデバイスに非接触UIを組み込めるAI基本モジュールを開発
ディープインサイトは、深層学習を用いた非接触UIの開発者向けエッジAI基本モジュールを開発した。Raspberry Piに最適化されたAI推論エンジンと指先動作判定用ライブラリーで構成されており、小型デバイス上で動作する。(2020/7/13)

「ムーアの法則」は、もう超えた――爆速で量子コンピュータ開発を進めるIBMの野望
ここ数年で急速に研究が進む量子コンピュータ技術。その先陣を切るベンダーの1社がIBMだ。研究だけでなく実用化に向けた連携や次世代の人材育成にも注力する。ムーアの法則を超える「1年で性能を2倍に」という猛スピードで進む開発の現在地と、その目的地とは。同社で研究に携わる関係者に聞いた。(2020/7/10)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
PyTorchでオートエンコーダーによる画像生成をしてみよう
画像生成の手始めとして「オートエンコーダー」と呼ばれるニューラルネットワークを作って、MNISTの手書き数字を入力して、復元してみましょう。(2020/7/10)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
キヤノンがついに本気のミラーレス一眼を出してきた 「EOS R5/R6」正式発表 ボディ内手ブレ補正に動物AFも
キヤノンがミラーレス一眼の主力モデル「EOS R5」とその兄弟機となる「EOS R6」を発表した。とうとうキヤノンが本気で一眼レフを置き換えるミラーレス一眼を投入してきた。(2020/7/9)

組み込み開発ニュース:
視覚ベースアプリケーション向け、Intel認定ワークロード統合キットを発売
コンガテックは、Intel認定のワークロード統合キット「Intel IoT RFPキット」の提供を開始する。協調ロボット、FA制御、自律走行車などの視覚ベースの状況認識アプリケーションでの利用を見込む。(2020/7/9)

Innovative Tech:
他人の化粧を自分に転写できるバーチャルメイク技術「PSGAN」 動画にも対応
あの人のお化粧を自分にも、そして動きたい、というニーズに応えられる。(2020/7/9)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Large Movie Review:IMDb映画レビューコメントの「肯定的/否定的」感情分析用データセット
データセット「Large Movie Review」について説明。IMDbサイト上での5万件の「テキスト(映画レビューコメント)」+「ラベル(ポジティブ/ネガティブの感情)」が無料でダウンロードでき、二値分類問題などのディープラーニングや機械学習に利用できる。元データの内容や、TensorFlow、Keras、PyTorchなどにおける利用コードも紹介。(2020/7/9)

AIで危険も予知……!! 新型「レクサス LS」初公開 凄腕ドライバー仕込みの運転支援機能を搭載
テーマカラーは「銀影(ぎんえい)ラスター」、名前もスゴいぜ……!(2020/7/8)

安全システム:
トヨタが新型LSで4つのLiDARを採用、高速道路出口まで運転支援
トヨタ自動車は2020年7月7日、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」の新モデルを世界初公開した。日本での発売は2020年初冬を予定している。(2020/7/8)

くら寿司、AIで厳選したまぐろ「極み熟成AIまぐろ」を販売
(2020/7/7)

静粛性を大幅に向上:
レクサス、新型「LS」を初公開 AIで状況判断を助ける高度運転支援技術を採用
トヨタ自動車は、高級車ブランド「レクサス」の主力セダン「LS」の新型モデルを発表した。最新の高度運転支援技術を採用。日本では2020年初冬に発売する。(2020/7/7)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。