「宅配ボックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宅配ボックス」に関する情報が集まったページです。

ET&IoT Technology 2019:
デンソー、Mobility IoT Coreモジュールを展示
デンソーは、「ET&IoT Technology 2019」で、モビリティ社会の実現に向けて同社が取り組む「コネクテッドビークルアーキテクチャ」を紹介した。(2019/11/22)

生鮮食品を保育園にお届け、クックパッドが新サービス お迎え時に受け取り可能、多忙な共働き世帯を支援
クックパッドが、生鮮食品を保育園へ配送するサービスを始めた。事前にアプリで商品を注文すると、子どものお迎え時に受け取れる。多忙な共働き世帯を支援する狙い。(2019/11/21)

“いま”が分かるビジネス塾:
アマゾン「置き配」の衝撃 「お客様が神様で無くなった世界」で起こり得る“格差問題”
配達員が荷物をユーザーの指定場所に置く「置き配」。アマゾンジャパンが標準配達方法にする実験を実施した。筆者はユーザー間で一種の「格差」が生じる可能性を指摘。(2019/11/6)

ブックオフが「宅配ボックス買取サービス」を開始 マンションの宅配ボックスに預けるだけ
全国157棟のマンションが対象です。(2019/11/1)

ブックオフ、24時間申し込める「宅配ボックス買取サービス」開始
ブックオフコーポレーションは、10月28日にマンションの宅配ロッカーを利用した「宅配ボックス買取サービス」を開始。ブックオフオンラインや公式アプリから買い取り申し込み後に「フルタイムロッカー」へ品物を投函(とうかん)すれば買取査定手続きが完了する。(2019/10/31)

IoTマンション:
外出先のスマホで訪問者に対応、目黒区にIoT分譲マンション2020年末の完成
三菱地所レジデンスが計画を進める東京・目黒区の新築分譲マンション「ザ・パークハウス目黒本町」に、集合住宅で初となるスマートフォンと連携したセコムのインターフォンなど、各種IoT機器が導入される。(2019/10/29)

建築基準法がドラゴンやユニコーンに!? 雑誌『建築知識』が建築基準法を“幻獣化”して改正を総ざらい
オリジナル幻獣キャラクターと学べる1冊。(2019/10/19)

CEATEC 2019:
LIXILが2つのIoTサービスを連携、ソーシャルサービスの快適さを住まいへ
LIXILは、「CEATEC 2019」において、同社の考える「超スマート社会(Society 5.0)」をテーマとする展示を行った。2019年10月から2つのIoT関連サービスを横連携し、ソーシャルサービスの快適さを住まいで利用するための体制を整えている。(2019/10/16)

スマートハウス:
低価格で軽量な宅配ボックス「COMBO-Light」、アンカー不要で接着施工に対応
国土交通省は2019年10月1日から次世代住宅ポイント制度をスタートする。同制度では、“家事負担軽減に資する設備”として、住宅用宅配ボックスが補助金の対象となる。これを受け、パナソニックは、同日から後付け用宅配ボックス「COMBO-Light」を全国のパナソニックショールームで展示を始めるとともに、受注を開始し拡販を図る。(2019/10/2)

Amazonの「置き配」であわや自宅軟禁 “在宅時に利用したことで起きた怖い事例”に気をつけたい
注意喚起としても拡散されています。(2019/9/23)

Amazonの新宅配システム「Amazon Hub」発表 提携企業のロッカーやカウンターで注文品を受け取れる
ロッカーはファミリーマートや小田急電鉄、カウンターは荷物預かりサービスのEcboやマッサージの「りらく」などで展開。(2019/9/18)

岐阜県多治見市で:
なくせるか再配達 Amazonが「置き配」の標準化に向け実験開始 自社ロッカーも展開へ
Amazonが2019年10月から「置き配」の標準化に向けて実験を開始する。岐阜県多治見市が対象。置き配は既に都市部を中心に実施している。気になるのはセキュリティーだが、現時点では盗難などは1件も起こっていないという。同社はロッカーの設置も進めており。物流の大きな転換点となる可能性がある。(2019/9/18)

アマゾン、独自の宅配ロッカー発表 対人のカウンターも 年内に約200カ所設置へ
アマゾンジャパンが、駅やコンビニなどに商品を届ける配送サービス「Amazon Hub」を発表。「Amazon Hub ロッカー」と、スタッフが荷物を受け渡す「Amazon Hub カウンター」を展開する。(2019/9/18)

いまや年間1200万個を扱う:
「扱う宅配便の8割はAmazon」のファミマ、宅配ロッカーで店舗負担の軽減なるか
(2019/9/18)

日本でも「Amazon Hub」展開:
アマゾンも駅やコンビニに「宅配ロッカー」設置 ファミマや小田急などと連携
(2019/9/18)

誤配送やなりすましを防ぐスマート宅配ボックス「PacPort」登場
PacPortは、スマート宅配ボックス「PacPort」の先行販売をクラウドファンディングサービス「Makuake」で開始した。自社開発のスマートロックを活用し、誤配送やなりすまし受取を防ぐ安心・安全な宅配ボックスとして提供する。先行予約価格は通常価格から20%オフの3万9800円(送料・税込)。(2019/9/13)

Amazon「置き配指定サービス」を標準にする実証実験を実施へ ガスメーターや自転車のカゴにも対応
再配達率の変化や、配送希望などを調査します。(2019/9/12)

アマゾン、常に「置き配」で配達 岐阜県で実証実験
アマゾンジャパンが、Amazon.co.jpでの商品購入時に配達方法を標準で置き配に設定する実証実験を岐阜県多治見市で実施すると発表した。置き配の利便性や効果を検証し、サービス向上につなげる狙い。(2019/9/11)

用途はセキュリティだけじゃない:
PR:令和は「顔認証」システムが大ブレイク!? NECが世界に誇るビジネスの全貌に迫る
「セキュリティ環境が必要な部屋の入退室」「イベントやコンサート会場での本人確認」「空港の出入国管理」――このようなイメージが強い「顔認証」システムだが、実は利用シーンが広がってきているという。主な用途や今後の顔認証システムの可能性について、NECの担当者にITmedia ビジネスオンラインの記者が話を聞いた。(2019/9/11)

ZEH:
省エネ分譲マンション「サーパス大分新町レジデンス」販売開始、大分県内のサーパスで顔認証を初採用
大京グループの穴吹工務店は2019年8月下旬、「大分駅」徒歩10分の立地に建設中の新築分譲マンション「サーパス大分新町レジデンス」の販売を開始した。この建物は、調査、用地取得、企画、設計、施工、販売、管理、入居後のアフターサービスを大京グループが行う県内37棟目のサーパスマンション。(2019/8/30)

「住んで失敗したマンション」1位は「防音設備の悪さ」 住んで気付いた不満トップは「収納が少ない」
内見では分かりにくいポイントが不満になりがち?(2019/8/27)

リノベ:
大和ハウス、一棟まるごとリノベーションマンションを販売開始
大和ハウス工業は、大阪府茨木市で同社初の一棟まるごとリノベーションとなる地上8階建て、総戸数34戸の分譲マンション「リブネスモア茨木」の第1期分譲を開始した。(2019/8/15)

単独インタビュー:
瀕死のシャープを復活させた戴正呉氏が社長退任へ 後継者に求める条件は?
鴻海精密工業が買収したシャープを復活させ、再び成長軌道へ導いた戴正呉会長兼社長が2019年度中の社長退任を明らかにした。「次の100年」に向けた中期経営計画を託す次期社長像を聞いた。(2019/8/8)

オートロックマンションでも「置き配」実現へ OKIPPAが実証実験
Yperは、宅配の配達員がマンションのオートロックを解錠して受取人の玄関先などに荷物を「置き配」できる仕組みの実証実験を始めた。(2019/8/2)

車載情報機器:
バーチャルキー対応車両は2022年に5000万台、米国と欧州がけん引
矢野経済研究所は2019年7月17日、自動車向けバーチャルキーの市場調査の結果を発表した。バーチャルキーは、スマートフォンのアプリと通信回線や近距離無線通信を使用して、車両の解錠や施錠、エンジンスタートなどの機能を提供する新車向けコネクテッドサービスの1つ。(2019/7/31)

メルカリで売れた商品、宅配ロッカー「はこぽす」から発送OK 首都圏4カ所に試験導入
「メルカリ」で売れた商品を、日本郵便が駅などに設置している宅配ロッカー「はこぽす」から発送できるサービスを、首都圏の4カ所で試験的に始めた。(2019/7/10)

Amazonが「置き配指定サービス」の対象地域拡大を発表 サイン不要で「玄関」「宅配ボックス」など所定の場所にお届け
これはうれしい。(2019/7/8)

アマゾンが「置き配」本格展開 東京・神奈川・大阪などの一部に実施エリアを拡大
アマゾンジャパンが「置き配」の実施エリアを拡大。置き配とは、送員が商品を届ける際に、玄関や車庫など顧客が指定した場所に置くサービスだ。3月から地域を限定して行っていたが、今後は東京都の他、神奈川県、埼玉県、愛知県、静岡県、大阪府、福岡県といった大都市圏に広げる。(2019/7/8)

日本郵便が「置き配バッグOKIPPA」10万個を無料配布へ 不在時に荷物を受け取れる簡易宅配ボックス
再配達を減らすために。(2019/6/26)

「MapFanプレミアム」で配送ルートの自動作成が可能に
インクリメントPは、地図検索サイト「MapFan」の有償会員向けサービス「MapFanプレミアム」へ新機能を追加。新たにビジネス利用へ特化した新機能を追加し、追加料金なしで利用できる。最大30カ所の一括ルート自動作成や地図上での顧客管理、業務目的の地図の印刷・複製が可能となる。(2019/6/24)

「GT-Rより救急車が好きだ!」という俺得な試乗会に行ってきた 日産のはたらくクルマ、ガツンと大集結
だって救急車が運転できるなんて“おとこのこ”の夢じゃーん(2019/6/19)

セルフ型店舗「クロネコスタンド」が豊洲に登場 大きな荷物も24時間受け取り可能
「メルカリ」や「ヤフオク!」の発送にも対応。(2019/5/31)

LIXILのIoT宅配ボックス実証実験 再配達依頼のストレスも検証
LIXILがIoT宅配ボックスの実証実験でモニター調査を開始。再配達を依頼する際の手間やストレスについて、効果を検証するという。(2019/4/23)

大和ハウスが目指す、IoTやAIを活用した居住者の健康促進を図る「スマートウェルネスシティー」
大和ハウス工業が、神奈川県藤沢市で街びらきを執り行った「セキュレアシティ藤沢 翼の丘」では、入居者の健康や住みやすい居住性を考慮し、IoTやAIを採り入れ、スマートウェルネスシティーの実現を目指している。(2019/3/18)

ゆうパック「置き配」18日から LINEで通知も
「ゆうパック」で、受取人が不在時、玄関前や車庫などあらかじめ指定した場所に荷物を置いておく「指定場所配達サービス」が18日にスタート。配送予定をメールやLINEで知らせる「e受取アシスト」も同日にスタートする。(2019/3/12)

デザインの力:
パナソニックのクルマの作り方、デザイナーとエンジニアで一緒に企画すると……
現時点では無人運転車は市場に出ておらず、使ったことがある人もいない。そういったモノについて、どのように使い方や在り方を考えたのか。パナソニックに話を聞いた。(2019/3/12)

スピン経済の歩き方:
セブンのバイトが、ファミマのおにぎりを売るのはどうか? 24時間営業を続ける方法
コンビニ業界の王者、セブン-イレブンが揺れている。「24時間営業なんていらない」といった声が大きくなったことを受け、一部の直営店で「時短営業」をすることに。この結果、一連の問題は解決するのだろうか。いや……。(2019/3/5)

Amazon.co.jpで「置き配」スタート 一部地域で
Amazon.co.jpで、配達した商品を、玄関や車庫などに置く「置き配」がスタートした。在宅・不在に関わらず指定の場所に商品を配達。サイン不要で配達が完了する。(2019/3/4)

太陽光:
家の電気を太陽光で賄うと「バンザイ」、太陽光発電とつながるシャープの新型ロボット
シャープがモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の新モデルを発表。HEMSを通じて連携すると、住宅太陽光発電の発電量を教えてくれる他、太陽光発電や蓄電池からの放電で家の消費電力を賄えている時には、バンザイの動作で喜びを表現する。(2019/2/22)

PR:いま「宅配ボックス」が増えているワケ 三種の神器(テレビ・冷蔵庫・洗濯機)に代わる必須アイテムを目指して
パナソニックの開発者に話を聞きました。(2019/1/31)

宅配ロッカーに非常食の自販機能?飛島建設が東武鉄道の賃貸マンションで設計・施工・サービス一貫でサポート
飛島建設は、2019年1月に着工した東武鉄道の賃貸マンション「Solaie I'll(ソライエアイル)練馬北町」で、ローリングストック(非常食の循環)システム付き宅配ロッカー「イーパルボックス」を民間住宅で初導入することを公表した。(2019/1/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」新春特別編:
「ひかり」を再評価、ロマンスカーの心地よさ…… 2018年に乗ったイチオシ列車と、2019年期待の鉄道
2018年も全国各地の列車に乗った。観光列車には「つくる手間」をかけることの価値を感じ、新幹線では「ひかり」の良さをあらためて実感、新型の特急列車には期待感を持った。19年も乗りたい列車がめじろ押し。どんな発見があるだろうか。(2019/1/4)

「Web給金帳Cloud」が進化:
PR:まだ「紙」を使っていますか? 総務部門の働き方改革、成功のカギは「オフィス文書の手渡し廃止」
インターコムが提供する給与明細電子化サービス「Web給金帳Cloud」が進化。これまでも、明細のペーパーレス化が総務の「働き方改革」につながることから支持を集めていたが、新たに辞令など明細書以外のファイルの配付にも対応。ユーザー企業の規模を問わず、あらゆるオフィス文書をクラウド上で配ることができる仕様に進化した。(2018/11/27)

メルカリ、宅配便ロッカーから商品発送可能に
(2018/11/21)

宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから
NECは、公共スペースに設置されている機器の無人サービスを実現するIoT装置「NEC Digital Concierge」の販売を開始。宅配ボックスやEV充電器、ロッカーなど、さまざまな機器と連携し、認証、決済、制御を組み合わせたサービスを提供する。(2018/11/15)

ET2018:
デンソーのCaaS/MaaS基盤は「デジタルツインとつながる」
デンソーは、「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」において、2025年を目標に開発を進めているCaaS(Car as a Service)/MaaS(Mobility as a Service)基盤技術を展示した。(2018/11/15)

通販で買い物、会社で受け取りOK 社員向けの宅配ボックス、サイバーエージェントなどが実証実験
宅配ボックスを手掛けるナスタが、職場に設置した宅配ボックスで私用の宅配を受け取れるようにする実証実験を、サイバーエージェントなど3社で始めた。(2018/11/14)

「電柱に宅配ロッカー」 全国初、関電が試行
電柱に宅配ロッカーを取り付け、近くに住む住民が荷物を受け取れるようにする「電柱吊宅配ロッカーサービス」の試行を関西電力が始めた。(2018/11/2)

男女で違い:
2019年にヒットしそうなモノは? 予想ランキング
博報堂生活総合研究所はこのほど、「2019年ヒット予想」をまとめた。今年、世の中で注目された商品やサービス、コンテンツなどを提示し、来年話題になりそうなモノなどを予想してもらった。ランキングを見ると……。(2018/10/31)

スピン経済の歩き方:
だから「移民」を受け入れてはいけない、これだけの理由
安倍政権が「移民政策」を押し通そうとしている。人手不足の分野で外国人労働者を受け入れるというものだが、筆者の窪田氏は危機感を覚えているという。外国人を受け入れることで人手不足が解消するはずなのに、なぜ危機感を覚えるのか。(2018/10/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。