「下町」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「下町」に関する情報が集まったページです。

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪が誇る「スーパー玉出」 毎日「1円セール」をしてももうけが出る仕組みに迫る
大阪市内最強のローカル食品スーパーといえる「スーパー玉出」。インパクトの強い看板やパチンコ店のような内装が特徴だ。名物の「1円セール」でもしっかりもうけるビジネスモデルに迫る。(2019/5/14)

福山雅治「集団左遷!!」 気になる2つのポイント「中村アンの靴」「笑点メンバーを出す意味」
最近のドラマにしては女性の登場がちょっと少ない。「頑張る」の連発もすごい。(2019/5/5)

福山雅治の顔芸&アクション炸裂「集団左遷!!」 トム・クルーズばりの熱血コミカル第1回を徹底検証
「平成最後の下剋上」ドラマ、28日今夜が平成最後の75分スペシャル。(2019/4/28)

東京最古の銭湯:
銭湯不況時代なのに、なぜ「あけぼの湯」に人は集まるのか
東京都内から銭湯が消えつつある。そんな “銭湯不況時代”でも流行る「あけぼの湯」の魅力とは。あけぼの湯の運営を担う嶋田照夫さんに話を聞いた。(2019/4/28)

大山聡の業界スコープ(16):
5Gが開花する「令和」時代、日本の“IoT維新”に期待
2019年4月1日、「平成」の次の元号が「令和」に決定したと発表され、2019年5月1日から「令和」時代がスタートする。半導体/エレクトロニクス業界に身を置く筆者としては、令和時代は5G(第5世代移動通信)が普及し始めるタイミングであり、これによってわれわれの生活に大きな変化が起こり得る時代になるのではではないか、という気がしている。(2019/4/9)

「首都機能マヒ」が日本を止める:
リスクだらけの首都・東京 在京企業が本社移転を考えるべき深刻な理由
魔物のような魅力を持つ「虚大都市」東京。しかしあらゆるものが一極集中し過ぎた首都は、重大なリスクをはらんでいる――。(2019/4/2)

「機械化、自動化は避けて通れない話」:
生産性高めるスマート農業 最新技術で耕作面積増加にも対応
ロボット技術やICT(情報通信技術)で作業の効率化を図るスマート農業が今、日本の農業を大きく変えようとしている。日本の農業は、小規模農家が多いために生産性が低く、農業従事者は少子高齢化で減少の一途をたどっている。「日本の農業は機械化が遅れている上に、農業就業人口が減少していますから1人当たりがカバーしなければならない面積が増えている。機械化、自動化は避けて通れない話です」(農林水産省の別所智博技術会議事務局長)(2019/3/29)

水平に開く「おじいちゃんのノート」、世界進出に挑戦 海外特許取得のためクラウドファンディング開始
孫のツイートがきっかけでブレイクしたノートが、とうとう世界へ。(2019/3/6)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AI導入はPDCAから“DGWA”サイクルへ
ビジネスの現場でよく聞く「PDCA」の4文字。AI導入においてはPDCAより適切な「DGWA」という新しい概念を提唱したいと思います。(2019/2/26)

タイムアウト東京のオススメ:
酒場でモーニングも楽しむ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/2/19)

大泉洋、TBSドラマ「ノーサイド」(仮)で池井戸潤とスクラム 低迷ラグビー部を救うサラリーマンに
「TEAM NACS」の中では、大泉さんだけ池井戸作品への出演がありませんでした。(2019/2/18)

FAメルマガ 編集後記:
スマート工場が高めるのは生産性だけじゃない、もっと大事なものとは?
それが主となるとおかしくなりますが、魅力ある職場には必要なことだと思います。(2019/1/18)

言葉を添えると世界が広がる 猫写真と俳句がコラボした本『俳句ねこ』が面白そう
『必死すぎるネコ』の沖昌之さんの写真です。(2019/1/13)

イモトアヤコ、「家売るオンナの逆襲」で“芋虫の天ぷら”を食べる演技が「イッテQ!」並のリアクションと話題
完全にプロの仕事だった。(2019/1/10)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
下町ロケット新春特番から感じるスマート農業の足音
MONOist的にも2019年の注目テーマの1つです。(2019/1/10)

スピン経済の歩き方:
「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう、3つの理由
ドラマ「下町ロケット」の特別編が放映され、14.0%という高視聴率を叩き出した。多くの人がこのドラマを見て胸が熱くなったかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。ドラマの内容を考えると、「日本の未来に不安を感じる」という。どういう意味かというと……。(2019/1/8)

タイムアウト東京のオススメ:
2019年はイノシシを食べる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/1/8)

「看板娘になっちゃうかも」 イモトアヤコ、リボンきらめく“白洲美加ファッション”で新ドラマへ気合入れる
テーコー不動産を退社し夜の蝶へ。(2019/1/7)

やっぱりこれがいちばんだな! イモトアヤコ、匠の技が光る久々の太眉姿に反響
何だろうこの実家に戻ってきたような安心感は。(2018/12/27)

ダンジョンで美しいエルフの風呂に癒やされる ムヒョロジ作者が送るファンタジー×お風呂漫画『エルフ湯つからば』
Twitterで第1話が約3万RTされるなど話題に。銭湯サウナブームとファンタジーが融合しただけでなく、入浴の真ずいも描かれているところに注目を。(2019/1/1)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
下町ロケットの「アグリジャパン」に驚愕する
ちなみに「アグリ・ビジネス・ジャパン」という展示会は存在します。(2018/12/11)

パンマニアが今年最も注目したパン「パン・オブ・ザ・イヤー2018」発表 見ているだけで食欲が止まらない
マニア注目のパンに胃袋が刺激される!(2018/12/7)

「絶対付き合ってるパターン」 竹内涼真、安田顕の肩で眠るラブラブ2ショットが“下町のおっさんずラブ”
ドラマ間違えそう。(2018/11/25)

親1人に子は2人まで:
熊田曜子親子拒否事件に見る、正しい点と間違った点
3人の子持ちである熊田曜子さんが、墨田区の児童館の中の施設に入ろうとしたところ、「親一人に子は二人まで」という規制で入れない事件がありました。融通の利かない施設への批判が出ていますが、制度運営側とユーザー側の折り合う点はあるでしょうか?(2018/11/8)

激変の新卒採用サバイバル:
日本企業で外国人留学生の採用が進まない真の理由
日本企業で外国人留学生の採用が進んでいない。日本独特の就活の慣習に外国人がなじめないほか、企業も高い日本語能力を求めたりネガティブなイメージを持つのが原因。(2018/11/6)

スピン経済の歩き方:
数の帳尻合わせが、日本のお家芸になってしまう根本的な原因
また、同じようなニュースで企業が揺れている。油圧機器メーカー「KYB」が、オイルダンパーの検査データを改ざんしていたのである。この1年を振り返ってみても、そうそうたる名門企業でデータ改ざん問題が起きているが、なぜ同じようなことが繰り返されるのか。その背景には……。(2018/10/23)

タイムアウト東京のオススメ:
東京名物を味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/10/16)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【前編】
東京大学にIT活用で合格した現役教員 受験に活用したアプリとは?
教育分野のIT活用が広がらない要因の一つに、「受験にITが有効かどうか分からない」といった意見がある。本当にそうなのか。ITを活用した受験勉強に挑んだ、ある現役教員に話を聞いた。(2018/10/15)

停滞する居酒屋のお酒に新ヒットを:
モンテローザ、焼酎割りのニュー飲料で狙う“ハイボールの次の座”
モンテローザが焼酎の卸や酒蔵と組んで焼酎割りの新ブランド「スパイダー」を売り込む。ハイボールの次のヒットが生まれない居酒屋業界と低迷が続く焼酎業界が手を組み若者にアピール。(2018/10/9)

「あややとの事がたくさんニュースに」 後藤真希、お互いを「嫌い」と言い合った松浦亜弥との“不仲説”に言及
かつてはライバル関係だった2人。(2018/9/4)

「下町ロケット」日曜劇場に3年ぶり帰還、またまた新たなピンチに立ち向かう
10月スタート、阿部寛「全力で挑戦する等身大の佃航平を演じたい」。(2018/7/19)

ドラマ「高嶺の花」出演の「銀杏BOYZ」峯田和伸、ファンを熱狂させるバンドマンが役者をやる理由とは
汗だくになって歌っていた「銀杏BOYZ」峯田和伸は変わってしまったのか。(2018/7/11)

「IKEA」「ららぽーと」がある、あの駅:
東京駅から30分圏内で「家賃が安い駅」ランキング 1位は……?
東京駅から電車で30分以内にアクセスでき、かつ家賃相場が安い駅は?(2018/7/5)

Makuakeで2100万円集めた「ものづくりマニアの撥水リュック」に商品不着騒動 運営が一部立て替え返金を決断
Makuake「一時立て替える形で、支援者に返金処理を行うこととなりました」(2018/7/6)

“学生花火師”から独学で飴細工職人へ 伝統の世界に革新をもたらした「アメシン」代表が目指すもの
「アメシン」代表の手塚新理さんにいろいろ聞いてみました!(2018/6/20)

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界
「最初の1カ月はまずゲームをしてくださいって言われました」(2018/6/17)

タバコ屋・雀荘・駄菓子屋さん……古い町並みを再現するボクセルアートがノスタルジック
新作が作られるたびに、町が豊かになっていく過程もいい感じ。(2018/6/5)

タイムアウト東京のオススメ:
つやがある街を散策する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/6/5)

世界を「数字」で回してみよう(49) 働き方改革(8):
私を「疾病者」にしたのは誰だ? 労働と病(やまい)の切っても切れない関係
現代の社会において、労働と病(心身の)の関係は切っても切り離せません。会社組織には、「労働者」を「疾病を抱える労働者」へと変貌させる機能が備わっているのかと思うほどです。今回は、「労働者の疾病」に焦点を当ててシミュレーションを行ってみました。(2018/5/22)

【連載】浅草ソーシャルおじさんが教える、小さな組織のメディア運営 最終回:
訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わりつつあるようです。(2018/4/20)

えんやの銭湯イラストめぐり:
熱々サウナにマイナス5度の外気浴! 本場フィンランドの公衆サウナ「SAUNA ARLA」が最高すぎた
今回は番外編! サウナの本場、フィンランドの公衆サウナを体験してきました。(2018/4/15)

「こち亀」を読んでまだ見ぬ東京に憧れていたあの頃
頭の中にあった浅草。(2018/4/14)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
熱意ある情シスが組織を変える、まずはITで“風穴”をあけろ――LIXIL CIOの小和瀬浩之氏
情報システム部門こそ事業や組織をドラスティックに変える力を持つと語るLIXILのCIO 兼 情報システム本部長 小和瀬浩之氏が語る、情シス像とは?(2018/3/30)

えんやの銭湯イラストめぐり:
スカイツリーを見上げながらハンモックでゆらゆら…… 押上「大黒湯」の露天風呂が全力で人をダメにしにきている件
人をダメにする銭湯だこれ!(2018/2/27)

大田区、ジャマイカ色のご当地ナンバープレートを交付終了へ
今後は黒を基調としたソリをデザインしたものに。(2018/2/21)

タイムアウト東京のオススメ:
ジャパンブルーに染める
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/2/15)

「我々にとっても苦痛です」下町ボブスレーがジャマイカへの法的措置を予告 五輪で採用なければ損害賠償請求へ
法的措置の予告に至った経緯は下町PJのサイトでも公開されています。(2018/2/8)

歴史が感じられる、あの下町:
東西線の「はやりそうな駅」、2位は「神楽坂」 1位は……?
東西線沿線に住む人が「これからはやりそう」と考える駅は?――LIFULL調べ。(2018/1/29)

夏目の「経営者伝」:
「あと3カ月で資金が尽きます」 “ステーキ王”を生んだ苦難と覚悟
2017年8月15日、ペッパーフードサービスは東証一部上場を果たした。1970年に誕生したたった12坪の店は大企業へと成長。だが、同社社長の一瀬邦夫氏は新たな目標を掲げている。「アメリカでチェーン展開し、全米制覇を目指す!」と言うのだ。一瀬氏の人物伝、第2回はズバリ「夢のかなえ方」だ。(2017/12/28)

「悲鳴を上げて泣き崩れた」 神田沙也加、長年の夢を実現させ感無量の思いを明かす
ミュージカル「マイ・フェア・レディ」のイライザ・ドゥーリトル役決定に歓喜。(2017/12/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。